新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

June,25,2010

6月25日 リーダー

 BeSeTo演劇祭で上演する「シラノ・ド・ベルジュラック」の稽古をしている。日本での公演は久しぶりである。この作品は昨年の秋、ソウル市の明洞に開場した新しい国立劇場で上演している。この劇場は日本植民地時代に東京の明治座と同じ名称のもとに建設された。第二次大戦後に国有化されたが、一時期民間のオフィスとして使用されていた。それを韓国政府が再び買い取り、新たな内装を施して国立明洞芸術劇場として再出発したのである。既存の国立劇場から比べると小規模とはいえ、あらゆる面で使いやすく洒落た雰囲気である。それに繁華街の中心にあるから、私のように山の中からたまに訪れる人間には楽しい。
 初代の館長具滋興は長年にわたって、韓国のBeSeTo演劇祭を実務面で支えつづけた人で、現在は韓国BeSeTo委員会の代表もしている。館長に任命されるにあたって具さんは柳仁村文化体育観光部長官から、オープニング公演には、韓国のものだけではなく私の作品も入れるようにと言われたらしい。ありがたい事だった。
 柳長官は俳優や大学教授として業績を残した人だが、現在は政治家として活躍している。昨年の夏にはSCOTサマーシーズンの期間中、私と石井隆一富山県知事とのシンポジウムに参加するために利賀村に来てくれた。その時にこんな発言をしている。
 <日本では、おそらく50年ぶりに政権の交代が起きると言われています。ですから、韓国と日本の両国にとっても、今がチャンスだと思っているのです。アジア全体について考えてみてください。こういう時にこそ、鈴木先生がおっしゃっていたようにリーダーがもっと大国の政治家らしい、広く包み込むような心をもってもらいたいと思っているのです。アジア以外の地域でも、貧困で苦しんでいる地域に対する心配りが必要だと思います。もし政治でそれができないのだとすれば、この場にいらっしゃる皆さんや他の芸術家たちがその役割を担うのも一つの方法かもしれません。両国が抱えているさまざまな問題や人間観の違いについて考えていくことが必要だと思います。その意味で若い人たちの交流がとても重要なのです。この場所にいらっしゃっている韓国以外の国の関係者、俳優たちも自分の国に帰った時にさまざまな感想を抱くことだと思います。>
 柳さんの言うように確かに日本に政権交代は起こった。しかし一年も経たないうちに総理大臣の交代も起こった。直近の参議院選挙の後には、また総理大臣の交代が起こる可能性に言及する人たちもいる。柳さんは日本は大国であるというが、いま日本人がいちばんもつことができない実感もそれであるかもしれない。それはひとえに、我々の代表と世界から見做される総理大臣の器に、自信がもてない長い期間をもちすぎたためだとしか言いようがない。
 総理大臣は国民のリーダーである。総理大臣という職は国民にとってのリーダーとしての認可証を意味する。その政策や発言に異論があるとしても、それを認めないとしたら国民をやめる以外にはない。それもひとつの自己主張のあり方だとは思うが、いずれにしろ国家を率いるリーダーとはスターと同じで、共同性の根拠を背負いそれを自覚的に表現できる人間のことである。だから、自称スターなどとは存在しない。他人の多くが認めるが故に登場できるものである。しかし、日本の政治的リーダーは自称に近いのではないかという疑いを拭い切れないような登場の仕方をしているというのが、多くの人々にとっての実感ではあるまいか。むろんこれは必ずしも、その職についた当人たちだけの責任ではないが、日本という国にとっての困難は、国民の多くがリーダーというもののイメージを共有できなくなったことであろう。
 リーダーのイメージの共有の可能性とその輩出のシステムが日本にあるのかどうか、この議論が今の日本にはいちばんの緊急のことかもしれない。つかの間の経済大国の恩恵に浴して緩んでしまった日本人にとっては、もっとも苦手なことであるかもしれないが、グローバル時代を生き延びるためには、あらゆる領域でこの議論は避けて通れないと思う。

一覧へ

June,07,2010

6月7日 BeSeTo

 第17回BeSeTo演劇祭が新国立劇場の中劇場をメイン会場にして、6月の下旬から全国各地で幕を開ける。私の演出作品「シラノ・ド・ベルジュラック」も演目の一つとして上演される。BeSeToとは、Beijing、Seoul、Tokyoの頭文字をとったもので、演劇祭の主催団体は日本、中国、韓国それぞれの国の実行委員会、現在の日本の委員会代表は劇作家平田オリザである。創設は1994年、第一回の演劇祭は韓国のSeoulで行なわれた。創設時の代表委員は、韓国が韓国国際演劇協会会長の金義卿、中国が北京の国立中央戯劇学院院長の徐暁鐘、日本は私であった。
 <二つの強国に挟まれた韓国人たちは数え切れないほど、中国を恨み、日本を仇敵と見なしてきた。いつの日まで三国民はお互いを非難し、憎まなければならないのか? そうだ、サルプリ(お祓いの意味を込めた韓国の踊り)をしてでも、長い間蓄積された怨念を払い流してみよう‥‥多分、これがBeSeTo演劇祭の秘められた悲願かも知れない。>
 これは1995年に東京で開催された第二回BeSeTo演劇祭に、韓国代表委員の金義卿が寄稿した挨拶文の一節である。この演劇祭はまさしく金さんの情熱なくして実現しなかったものだが、この演劇祭を提唱した当時の気持ちがよく表わされていると思う。17年も前のことである。日中韓の政治指導者が世界的な視野をもって、三国の関係の在り方について建設的な話し合いをすることなど想像もできなかった頃で、当時の私もまた、ヨーロッパの演劇祭に参加したり、アメリカの大学で教えることに忙しく、アジアの演劇人との共同事業など考えてみることもなかった。しかし既にこの時、金さんは演劇のためではなく、国家や民族の共存の在り方のために、アジア三ヶ国の関係の未来を文化活動の視点から構築しようと行動していた。
 今回、BeSeTo演劇祭の過去を調べているうちに見つけた金さんの文章、ここで私は、忘れかけていた演劇祭実現までの経緯に改めて出会い感動した。私の関係するところだけを原文のままに引用する。
 <1993年6月に私は鈴木忠志氏の「演劇とは何か」の韓国語版を出版するに至り、その上、氏は私を利賀フェスティバルに招いてくれた。ここで、私は3ヵ国による演劇祭を提案し、鈴木氏の絶対的な賛成を得る事ができた。この年の4月、私は様々な目的の下、北京を訪れた。今は故人となられた柳以真・中国戯劇家協会書記と意気投合し<中略>3ヵ国の演劇祭の開催に対する惜しみない協力を約束された。だが、柳先生は94年3月、他界された。そして、4月に再び北京を訪れた私は、中央戯劇学院院長である徐暁鐘氏を説得することに成功し、5月には東京にて鈴木氏と再び席を共にすることができた。その結果として、私達は1994年7月1日にソウルに於いて「BeSeTo演劇祭」の開催を共同の声明として発表するに至った。>
 これを読むと国際的な共同事業が成立し発展するためには、たった一人でもよい、最初に事業を発案する人の理想と行動力が重要だということがよく分かる。この一文はこういう言葉で締めくくられている。
 <戦争に対する謝罪を絶えず要求する韓国人に、何故韓国人は間断なく日本人の謝罪を要求するのかと腹を立てた日本のある知識人を私は記憶する。この様な隣人に止まってはならないというのが私達の望みである。3ヵ国の演劇人たちがいちはやく「理解と譲歩の道」を開く事が出来ればノーベル平和賞は演劇人たちのものになるであろう。>
 
 

一覧へ

June,03,2010

6月3日 珍場面

 久しぶりにトルコのイスタンブール国際演劇祭で公演をした。演劇祭は1989年に開始されたものだが、以前に「ディオニュソス」と「イワーノフ」を上演しているから、今回の「エレクトラ」で三度目になる。
 この演劇祭は1997年から、演劇に貢献したとする演劇人に名誉賞を授与している。トルコ以外の演劇人では、第1回がイタリアの演出家、故Giorgio Strehler、前々回がイギリスの演出家Peter Brook、前回がリトアニアの演出家Eimuntas Nekrosiusが受賞している。もちろん私の年来の友人たち、アメリカのRobert Wilson、ロシアのYuri Lyubimovなどもである。今回は私が選ばれ、記念品を授与するセレモニーが公演初日の開演前の舞台上で行なわれた。まず型どおりに、演劇祭の芸術監督が私の活動と業績を述べた。次に舞台上に設置されたスクリーンに、私の演出作品と訓練風景の編集された映像がハイスピードで映され、最後に私の顔写真と名前がバンと出た。
 いよいよ私の登場である。拍手と共に壇上に上がりお辞儀をして横を見ると一人の紳士が立っている。私の斜め後ろにいる通訳の女性にこれは誰かと聞くと、トルコの有名な初代文化大臣だという。挨拶しようとするのだが、元大臣は芸術監督と何やら話をしていて私の方を向かない。しばらく待っていると芸術監督が観客に向けてスピーチをしだしたのだが、観客は何度も大笑いをする。通訳が私の耳元で解説する。元大臣にスズキに記念品を贈呈するために、首都アンカラからわざわざ来てもらったが肝心の記念品が劇場に届いていない、誠に申し訳ない、こんなことは初めてだと言ったというのである。アンカラからイスタンブールまでは500キロもあり、元大臣は飛行機でさきほど着いたばかりだと通訳は言う。二人は困ったように舞台上に立ったまま私を見る。元大臣はどうしようかと私に言う。私の方こそ困ったはずなのだが、ともかくスピーチをしますと私は咄嗟に言った。
 もらえる記念品がもらえないのは、それがどんな物かますます期待がたかまるし、来年もまた招待するから来いということで大変ありがたい。トルコで預かっておいて下さい。観客が笑って拍手したのでホッとして舞台を降りたのである。そして舞台は幕が開いた。
 公演終了間際に客席にいる私に伝言がある。記念品が届いたのでカーテンコールの時に再び舞台に上がってくれ。私は俳優たちが一列に並ぶ前で、私の名前が彫られている大きなガラス製の記念品を元大臣から手渡される。それを観客席に向かって高々と上げると、観客は大笑いしながら拍手してくれた。
 今まで何度もカーテンコールで拍手されたことはあるが、満場大笑いの拍手は初めてである。二度とはないだろう珍場面に出会えて楽しかった。トルコは政治的にも経済的にも厳しい状況にあるようだが、こんなのどかな時間を享受できるのも、劇場というもののありがたさである。元大臣には舞台上で握手しただけで別れてしまったが、「エレクトラ」が気に入ってくれたかどうか、感想を聞かなかったのが少し心残り。トルコを去る日、女性の芸術監督がホテルまで見送りに来てくれ、スズキさんはヤサシイ、助かったと言った。
 利賀村に帰ってみると草が一面に生え、もはや地肌は見えない。それどころか、木の葉も勢いよく茂って風景は一変している。植物に囲まれ私の視界は屈折し狭い。トルコではホテルの部屋が最上階だったから、毎日ボスポラス海峡を下に眺め、海も空も果てしなく拡がり、視界から遠ざかって消えていく風景の中にいた。
 私は山国に住んでいるのだとあらためて感じる。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010