新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

August,26,2010

8月26日 持続へ期待

 今年のSCOTサマー・シーズンはいろいろなことで昨年とは対照的である。昨年は外国の演目と外国人の演劇関係者、特にヨーロッパ、ロシア、アメリカなどの人たちが多かった。14ヶ国からやって来た100人近い人で賑わった。しかし今年はアジアの人たちが多い。中国、韓国、インド、シンガポール、台湾などである。私の演出助手も昨年はアメリカ人だったが、今年はインド人と中国人に務めてもらっている。民主党政権の政策的スローガンの一つ、東アジア共同体の創設とやらに呼応したわけではないが、期せずしてそうなっている観もあり、苦笑している。
 最近のSCOTの活動と私個人の演出活動が、アジア諸国にシフトしてきたためである。これは私の意識性というより、アジア諸国の演劇関係者の間に、SCOTとこの利賀村の活動がようやく浸透したということであろう。むろん私個人としても、いささか欧米に倦いていたし、アジア諸国の歴史や文化に興味を持ち出したときだったので、この現象は歓迎である。
 BeSeTo演劇祭の初期の頃、私がこの演劇祭を日中韓だけのものにするのではなく、アジア諸国にも開かれたものにしたらどうだと提案したことがある。中国代表がすかさず、それは結構だが台湾はだめですよ、と返答したのを思い出す。もう10年以上も前のことである。アジアの国家同士の関係は、現在とは比べものにならないぐらいに、政治的な緊張関係にあった。とくに政治主導の国家ほど文化交流のあり方も制約を受けやすい。中国だけではなく、韓国でも似たことはあった。韓国の場合は政治的に利用されやすいその時々の反日感情が、上演演目の選定までを左右した。
 この頃のことを思うと、アジア諸国の人たちが、利賀村で一緒に食事をしながら、国を越えた共同のプロジェクトの話を気軽にしている光景は、隔世の感がある。政治的主張や経済活動の思惑に左右されない人間関係、それに基づいた新しい文化を創造する共同作業の持続、その発展を期待せずにはいられない。
 持続は力なりという言葉がある。人間の精神力と具体的な行為の蓄積を想わすこの言葉は、政治や経済の領域の言葉としてではなく、今や文化活動の領域でしか生き延びる術はないのではあるまいか。今後、日本の存在感を世界に主張できるのも、おそらく持続する文化の力しかないと思える。

一覧へ

August,17,2010

8月17日 仁義

 演歌歌手の北島三郎に「仁義」という歌がある。1969年から歌われている。天に一つの陽があるように、この世に道理がなくてはならぬ、どんな立派な素ぶりより人はこころだ、こころを捨ててどこへゆく。
 まったくごもっともと言うしかない。文部省検定の教科書の一文ならともかく、これが演歌だと言われるとビックリする。民主党や自民党、あるいはみんなの党のマニフェストの冒頭にでも書いておいてもらいたいような歌詞である。守る事のできない約束を羅列してもよいが、一応これぐらいの気持ち、守りたい願望ぐらいはあると言って欲しいようなアリガタイ言葉なのである。
 世間をあまねく照らし出し、すべての人が従うべき一つの正しい道、人のもつべき一つの正しい心があるというのである。こんな珍しい流行歌がつい最近まで日本にあったのである。仁義とは人間が守るべき道徳だと辞書には書かれている。ここには最近の日本人の生き方とは正反対のことが言われているのではないか。日本には八百万の神がいて、小泉純一郎が首相在職当時に言ったように、人生いろいろ心もいろいろで、少しぐらい約束は守らなくてもよく、その場その場で正当化される理屈に合わせて生きるのが日本の政治と、それに基づいた日本人の態度になっているのは、今や世界の人々も困った顔をしながら認めていることである。
 いったい、こんな歌はいつどこで、どんな人に歌われたのか、その現場は、バブル経済を経過した今や想像もできない。しかも北島三郎はこれを実に堂々と気持ち良さそうに歌っている。これが、日本の大衆の本当の願いと行動だったら、日本の政治家にとってこんな恐ろしいことはなかったはずなのである。もしこの心情や信条が行動に移されていたら、政教一致の復活や革命の出現を許していたかもしれないのである。その心情や信条は歌になって大衆に歌われざるをえなかった。しかも、ヤクザの源流ともいうべき任侠道を讃えるものとしてである。この演歌の出現は、日本人の実行的な精神的価値観の一つが、確実に滅んだことを示していたのだといえるかもしれない。日本の政治家や教育者はこのことをまず心しておくべきだと信ずる。
 義理で始まり仁義で終わる、いっぽん道だよ、おいらの旅は、どうせ短いいのちなら、パッと燃やして世間の隅を照らしたい。これは二番の歌詞である。義理とは対人関係や社会関係の中で守るべき道理として意識されたものだと、やはり辞書には書いてある。これを世間の法を逸脱してまで筋を通そうとするヤクザや任侠の徒のための歌とするのではなく、政治家自らの歌として、国会の開会式にでも全員起立して合唱してくれていたら、国民はどんなに朗らかになったかはかりしれない。むろんマスコミやしたり顔の国民の中にはあざ笑ったり、その馬鹿馬鹿しさを非難する人も多いだろうが、これぐらいトンデル政治の光景が出現したほうが、日本人はむしろ救われたような気がする。大笑いしながら、その気持ち、その心意気でいいと思う人のほうが、開き直った健全な心を持っているのではあるまいか。少なくともそこには、滅んだものが目の当たりに見え、現在の閉塞的な状況に対する絶望の片鱗が窺えるからである。これから、いよいよ世界的な大不況の到来が予測されている。政治家には少なくとも、この気持ちは忘れては欲しくないものである。
 初めて、戦前の大衆劇作家長谷川伸の戯曲を素材にして舞台を創っていたら、こんなことを考えさせられた。われながら意表を突かれて驚きである。

一覧へ

August,10,2010

8月10日 演劇天国

 今夏の利賀芸術公園はいろいろな面で装いを新たにしている。1982年の夏、最初の利賀フェスティバルを開催した時に活躍した劇場の一つ、合掌造りを改造した利賀山房が新しくなった。今は亡き寺山修司、太田省吾、ポーランドの演出家タデウシュ・カントールらが彼らの代表作、「奴婢訓」、「小町風伝」、「死の教室」などをそれぞれに上演してくれた劇場である。友人の寺山修司は病をおして演劇祭に駆けつけてくれたが、その直後しばらくして他界した。劇団員が彼を戸板に乗せて移動させていたのを思い出す。
 100年以上も前の建物だったので、床下の木が腐り、豪雪の重みに耐えられず、昨年になって建物全体の歪みが顕著になってきた。そのため基礎をコンクリートにし、室内のいくつかの柱を取り替えたのだが、ついでに舞台上の帯戸や障子のための敷居を床と同じ平面に埋め込んだり、階段状の客席も高さを調節して見やすくした。富山県もきめ細かに目を配ってくれる。この公園を管理する財団職員の情熱をも感じてありがたい。こんな山奥の文化施設である。通常の自治体行政ではこうはいかない。今年から、この劇場は若手演劇人のための事業、演劇人コンクールの主会場になる。
 芸術公園の広場には、彫刻家岩城信嘉の遺作、縦25メートルもある三角形の石の大テーブルを設置した。カリフォルニア大学や富山県の経済界の寄付金で建てられた磯崎新設計の八角形の図書館、現在はやはり演劇人コンクールの劇場の一つとして活躍しているが、それを背景に見事な姿を横たえている。滅多に見かけることのできない豪快なものである。これは南砺市のホテルのロビーにあったものだが、ホテルを取り壊すそうで譲り受けた。岩城家にもホテルにも感謝である。岩城さんには我が家の裏庭にも、小さいが同じ石のテーブルを作ってもらっている。
 芸術公園の雰囲気が一変したので、長年にわたって私の活動を支援してくれている村民の人たちにお披露目のパーティーをした。私より年長の元村長や村議会議長、劇団員の食事を作ってくれたり、公園内の土木作業をしてくれた人たちが30人ほど集まってくれた。むろん私のよき観客の一人一人でもある。皆さん喜んで盛り上がったが、夜遅くまで、それも満天の星空の野外で、酒を酌み交わし語り合うことなど、どこででもできることではない。同席していた富山県の財団職員が、楽しいですねと語りかけてきた。これが演劇だからね、と私は答える。こんな人生の一瞬を生きさせてくれる利賀村は、確かに私にとっては演劇天国とでもいう以外にはない。今年のSCOTサマー・シーズンはいよいよ明日から始まる。

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010