新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

September,20,2010

9月20日 デカイ話し

 ソ連が崩壊し東西の冷戦に決着がつき、世界に平和が訪れると思ったら、ヨーロッパは民族紛争が吹き出し混乱している。世界中が同じようになる可能性もある。そこで、われわれ演劇人に何ができるか考え、大きな計画を思いついた。シアター・オリンピックスを開催したい。オリンピックをスポーツだけに任せておくわけにはいかない。あれはアメリカによって商業主義のイベントにされてしまった。ギリシャ人としては残念。協力を頼む。
 1992年のことである。この年私は、三井グループの芸術祭の芸術監督として、ギリシャの演出家テオドロス・テルゾプロスの作品を、赤坂の草月ホールに招待した。彼の舞台の終演後に、私と劇団の事務局長斎藤郁子はテオドロスと食事をした。その時の話である。こんな大きな話が不似合いなような、地下の小さな暗いレストランだった。彼がこの話を切り出したとき、私は内心でつぶやいた。ラテン系の芸術家には気をつけろ。人間は魅力的で面白いが、実現できない大きなことも平気で口にしたり約束する。
 確かにヨーロッパでは、ユーゴスラビアが崩壊し惨憺たる民族紛争がある、経済のグローバル化による、アメリカ的商業主義の世界的な浸透もある。彼の言うことに一理がないわけではない。しかし、待てよである。こんなレストランで話す内容にしては、デカスギル、バチガイダ。私は疑問を呈した。まず何をするのだ。彼は突然、革命家ではないかというような目つきと大きな声で宣言した。世界中から、まだ商業主義に汚染されていない演出家を呼び集めよう。お前はまずアメリカのロバート・ウィルソンを説得しろ。俺はロシアと東ドイツ、旧共産圏で活躍したユーリー・リュビーモフとハイナー・ミュラーに話をする。そして事務局長は斎藤郁子だ。まだ私は疑心暗鬼、日本とアメリカから金を集めようとしているのではないか、などと思ったりしていたが、もちろん最後は、承知したである。
 1994年6月18日、シアター・オリンピックスの国際委員会がアテネに於いて創設された。その時の委員は、私と上記の4人にイギリス、スペイン、ブラジルの代表を加えた8人である。今シアター・オリンピックス創設の宣言文を取り出して見ると、もはや故人になったハイナー・ミュラーのサインもあり、すでに長い年月が経っていることを思わせられる。現在の国際委員はその後、フランス、ドイツ、ナイジェリア、イタリア、インド、韓国が加わり、故ハイナー・ミュラーを除けば13人である。
 この催しも1995年のアテネとデルフォイが第一回、その後は静岡、モスクワ、イスタンブールと続き、今回のソウル開催が五回目になる。開催の度にいろいろな人たちに出会い支援もいただいたが、モスクワでは当時のプーチン大統領やルシコフ市長が財政面で協力してくれて盛大なものになった。それだけではなく、プーチン大統領とはクレムリンの執務室で一時間ほど、演劇や文化交流について懇談できたことは忘れ難い。一国の政治指導者と演劇について一時間も話すなど、それまで想像もしなかったことである。
 明日ソウルへ出発する。オープニング公演はロバート・ウィルソンと私の演出作品、これも不思議な縁だが、韓国の人たちともどんな出会いがあるか楽しみである。

一覧へ

September,17,2010

9月17日 ボトル騒動

 私のボトルの中身がなくなっている。まだ二日分は残っていた。劇団員の一人一人に聞いても埒があかない。総会を開いて誰の行為かはっきりさせてくれ。若い劇団員が血相を変えて私に言う。これは厄介である。それだけではなく、うまく収めたとしても全員が疲れるのである。しかし、この疲れは好きになるより仕方がない。
 利賀村で活動を始めた頃、1976年か翌年のことで、もう30年以上も前のことである。私の劇団は東京を引き払い、利賀村の合掌造りの廃屋を改造して稽古場を兼ねる劇場にした。当然のことながら貧乏、30人の劇団員の夕食は食パン2枚とジャムの一瓶で、稽古終了後に客席にベニヤ板を敷き車座になって食べるのが常だった。このジャムの瓶にはそれぞれの名前が書かれ、一週間で食べきることになっていた。むろんその食べ方は各人の自由、これが冒頭のボトルである。
 演出家中島諒人の主宰する<鳥の劇場>で「お國と五平」の公演をした。小学校の体育館を手作りで改造した200人ほど収容できる劇場である。劇場のある鹿野町は市町村合併で現在は鳥取市になっているが、旧い町並みと日本らしい低い山並みに囲まれた美しい町で、鳥取駅から車で30分ほど。劇場の前は鹿野城址、お堀には白鳥と大きな鯉が泳いでいるのどかさである。
 公演終了後に学校のグラウンドで、中島諒人と対談をしている時、このボトル騒動を思い出して、私は笑いながら観客に話した。観客ものどかに笑っていた。
 演劇や社会事象への考え方感じ方において、私が共感し信頼もできる演劇人の一人である彼は、自分の作品の発表や、他劇団の作品を招聘する芸術活動以外にも様々な活動をしている。地域の人たちの会合で講演をしたり、小学生に演劇を教えたり、いろいろな職業の人たちの出会いの場を作るために、鳥取産の酒の魅力を味わう会を主催したりしている。地域で一集団のための劇場を維持し活動を持続するためには、この種類の活動も不可欠である。中島も劇団員もタイヘンだろうが、好きになる以外に方途はない。問題なのはこういう活動によって、集団作業である演劇の質を高める時間が少なくなったり、集団のフィクションへの集中力が衰えることである。これはリーダーである中島の能力と責任にもよるだろう。
 私は利賀村で活動した初期の頃、一冊の本を読みきる時間も集中力もなくしてしまったことがある。稽古もうまくいかず、有能な劇団員や観客のいくらかを失ったことは今でもつらく思い出す。二種類の集中力を上手に生きることができなかったのである。貧乏よりこの方が怖かった。これは、ジャーナリズムと補助金に依存して浮き沈みしている東京の演劇人には、経験できない貴重な恐怖であったと思う。
 芸術家中島諒人の健闘を祈らずにはいられない。 

一覧へ

September,07,2010

9月7日 単独戦

 錆びた刀で戦っている、これは日本で初めて、地方に公共の舞踊団を創設したダンスの振付家金森穣の発言である。ヨーロッパから日本に帰り活動しようとして、何が日本のダンス界への最初の印象だったか、という私の質問への答えである。ベジャールやキリアンというヨーロッパが輩出した一流の舞台人に、若くしてダンサーとして薫陶をうけた人の譬えとしては、意外で印象的であった。この一言で日本での彼の孤独感が、私にはよく分かる。こういう表現は、日本でだけ活動する演劇人からは出てこない。戦うなどという実践的な感性は、もはやないからである。戦うためには目標が要る。そして、なによりも鍛錬が要る。日本の演劇人は刀を持っているかすら疑わしいのである。
 SCOTサマー・シーズンの恒例のシンポジウム、今夏は私よりずっと若い世代の舞台人と話をした。劇作家で青年団主宰の平田オリザ、演出家で鳥の劇場を主宰している中島諒人、それに新潟市の芸術文化会館芸術監督のこの金森穣の三人である。それぞれにすぐれた舞台人だが、対照的な活動をしている。
 演劇人の二人、平田は鳩山内閣成立時に内閣官房参与に就任、現在もその地位にある。劇場法の成立や人材養成や芸術家の雇用の機会を増やすための財政制度の創設に努力している。中島は東京で活動した後、鳥取県の鹿野町に劇団を作り作品を発表したり、演劇祭を主催している。鹿野町といえば毛利に滅ぼされた尼子家再興のために戦った、山中鹿之助誕生の地である。月に向かって、我に七難八苦を与えたまえ、と祈ったと言われる悲運の武将である。この地に彼は、廃校になった小学校の体育館を鳥取市から借り受け、内部を自分たち劇団員で改造し、劇場を造った。この二人の演劇人も、目標を失いただ趣味の世界に浮遊している、東京の演劇界から離れて、独自の作戦を練り、それを実践する戦場に赴いた人たちである。それぞれに主戦場は違うが、単独戦の厳しい孤独が待ち受けていることは金森と同じである。
 SCOTサマー・シーズンが終わったので、少し気持ちのゆとりができ、友人の評論家柄谷行人からしばらく前に送られた「世界史の構造」を読み始める。柄谷は私が絶えず関心をもち続け、かつ刺激されてきた他領域の人である。そしてまた、建築家磯崎新と同じで、私の舞台を早い時期から殆ど見てくれている友人の数少ない一人でもある。
 彼の本に接するには集中力、というより体力が要る。彼の文体は、自己にも外界にも決して慣れることのない異和感の強さを、強靭な批評的論理に昇華していく力技だからである。今度の著作はいまだ読了していないが、彼の思考の原型がどんな一節にも螺旋を描きながら途切れることなく顔を出し、持続していく。ここ最近の彼の仕事の集大成的な感のある力作である。自分が拮抗したいと想っているレベルの人の言説や、世界史に痕跡を残すような事象にしか言及しない対象選択への気迫が、その感をさらに強くする。ともかく歴史性を踏まえながら、現在を分析する執拗なエネルギーと、普遍に接触し続けようとする情熱は衰えずである。この人の主戦場と単独戦のスケールは大きい。

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010