新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

October,24,2010

10月24日 可哀想

 一雨毎に寒さが押し寄せてくる。紅葉と落ち葉の始まり。我が家の周囲には樹齢を重ねた大木がいくつかある。地面を覆う一本の木の落ち葉の量にあらためて驚く。上を歩くと地面の硬さを遠ざけるクッションの柔らかさである。池を取り囲む岩も、木の下にあるものは褐色に変わっていく。
 食べ物を探しに里に下りてきた熊や猿の姿がテレビで頻繁に放映されている。この利賀村では季節を問わず、いろいろな動物に出会う。兎や狸、穴熊など珍しくはない。池にはイワナやニジマスを狙って、いろいろな動物が近寄ってくる。狐、貂<テン>、鳥では鷲や山翡翠<ヤマセミ>の姿なども見かける。白々と夜が明ける頃、トイレに起きたついでに障子を開けて外をそっと覗くと、池の中に鷺が身じろぎもせずに立ち、魚が近づいてくるのを待っている。その息を詰めた立ち姿が見事で、見とれてしまうこともある。
 今年は貂と白鼻芯<ハクビシン>を生け捕りにした。白鼻芯はジャコウネコ科の動物で、木登りが得意、字のとおり鼻の中央に白い線がある。数年前に三匹も我が家の屋根裏に棲み込み、ひどい目にあった。冬季は滅多に出入りしない部屋の天井のあちこちに、糞が山盛りになっている。二階の屋根の下にちょっとした隙間があって、そこから入り込んで一冬過ごしたらしい。二度と入らぬようにしたが、糞尿の匂いが強く残ったので、天井板をすべて取り替えたことがある。
 劇団員にとっては貂も白鼻芯も珍しいだろうと思い、稽古が終わるまで檻に入れたまま放置しておいたら、外に出ようと暴れまくり手足を血だらけにしている。白鼻芯は額の皮膚まで剥がれ、近づくと激しく唸る。必死の迫力と逃亡への執念を感じる。その姿を見て若い女優が、可哀想だと目を背けたり、身を小さくして見ていられないなどと騒ぐ。折角の機会だから、もう少し落ち着いて顔つきでも観察したらと言いたくなるほどであった。喰いちぎられたり、嘴で胴を突き刺され死んでいく魚も見ているのに、こちらの方は可哀想だとは騒がない。食卓でお目にかかっているからだろうか、魚も可哀想、もちろん牛や豚も人間に食べられて可哀想と、私が言うと笑っている。現代日本の若者の殆どは、生きた魚を捌くこともないだろうし、ましてや動物を殺す経験もしないだろう。だから、こういうときの反応が生理的に過剰で、ただウルサイことになると推測している。
 少しぐらい血だらけになったとはいえ、再び山に帰ることのできる貂や白鼻芯である。それが人間性の豊かさであるかのように騒がれるとウンザリする。稽古中に激しい動きをして、ちょっとでも血が出たり、身体の不自由が起きて演技に失敗すると大騒ぎするのに通じる。自分の神経の弱さや失敗の原因の方を直視しない。
 こういう現場に出会うと、ニンゲン、一度は若い時に、自分の手で動物を殺す経験をした方がよいのではないかと思ってしまう。世界中では毎日毎日、人間によって人間が大量に殺されたり、捕らえられているのである。こちらの方もやはり目を背け、カワイソウニ、と騒いだり笑うだけなのであろうか。

一覧へ

October,17,2010

10月17日 伝統論議

 日本の身体芸術の伝統は滅びました。野村万作と花柳寿輔の二人を前にして、こんなことを公言するのはすこし気がひけたが仕方がない。二人は私より一回り近く年上、日本伝統芸能界の長老である。特別に伝統芸能への批判や悪意があるからではない。心情的にはむしろその逆である。ただこの視点から、日本の身体芸術の伝統を把握して論ずるのが、現在では説得力があると思ったのである。観客の大半は学生、能・狂言や日本舞踊、あるいは歌舞伎や義太夫などに、それほど親しんではいないだろうし、ましてや日本家屋に住んでいる人は、殆どいないと思ってのことである。この発言をしたのは、早稲田大学文学学術院創設120周年の記念行事として「演劇・舞踊における伝統と現代」というシンポジウムが大隈講堂で開かれた席である。
 身体芸術の伝統が滅んだとするのは、とんでもないという声も当然あるだろう。伝統芸能は興行としてはそれなりに隆盛ではないかと。確かに能でも狂言でも歌舞伎でも、若いアイドル役者の活躍によって賑やかではある。しかしそれは外形だけのことで、わずかな当事者をのぞき、伝統が身をもって生きられている、あるいは自覚化されて表現されている現場を、見たことがないというのが私の見解なのである。それだけではなく、これからの日本人が、たとえ当事者であっても、日本の伝統と呼ぶべき身体感覚の表現を、身体を<見せ・見られる>という文化制度のうちで、観客に説得力をもって見せられるかは疑わしいと思う。1990年代の始め頃から、日本の身体芸術の伝統は変質し、昔のそれとは断絶しているからである。
 私が伝統は滅んだとする根拠は次のことに起因している。現代人の空間構成の考え方と人間関係を成立させるコミュニケーションの方法、この二つのことが今から20年ほど前から、それ以前のものとはまったく違ってしまったからである。
 一つは、現代日本人が、序列化する人間関係を成立させる空間構成を嫌ったし、そういう空間を捨てたことによる。空間に人間関係を構成する中心点、その位置を想定しなくなったのである。その逆の典型的な例は、床の間や神棚のある空間である。現代人はドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエの提唱したUniversal space、いわゆる均質空間、どの一点をとっても、それが他のどの点にも優劣がないように設計された空間を好み、大部分の時間をそこで過ごすことになった。ただ四角いだけのガラス張りのオフィスビルを想い浮かべればよい。そういうビルに行くと、そこを事務所にしている会社の社長などが、ウチノカイシャハ、ミンシュテキデネ、と自慢したものである。
 もう一つは、人間関係を成立させるコミュニケーション会話がコンピューターやケイタイのメールに依存することになったことによる。会話を成立させる基本言語が、視覚と人工的に加工された音声言語になった。触覚文化の凋落である。
 日本の伝統的な人間観察は触覚を前提にした言葉で表現されてきた。ことに舞台関係者は、息が合う、足が地についている、腹がすわっている、腰が割れているとかと身体感覚言語を多用してきた。身体感覚の言葉ほど個別で主観性に左右されるものはないのだが、これも身体の経験の共通性の上に成立することである。この身体感覚の共通言語の成立をメールは拒否している。メールで、私はあなたと肌が合う、などと書き送ったら今やセクハラの嫌がらせである。もうずいぶん前だが、山間部の小さな村を訪れたことがある。役場の垂れ幕に、触れ合いとおもてなしの里、と書いてあった。これこそ場所によっては、セックスによる接待の風俗営業法違反の行為として、警察の手入れがあってもおかしくはない。かつての栄光の日本語の命運も怪しいのである。
 日本社会は変わった。日本の伝統はむしろ自然と死なせ、新しい伝統の必要性でも議論するのか、いやいや、まだかすかに息をしている伝統を、蘇生させる処方を考えるべきだとするのか、いずれにしろ日本人に残されている時間は多くはない。
 

一覧へ

October,04,2010

10月4日 麻痺

 韓国の首都ソウルで開催された第五回シアター・オリンピックスは予想以上に盛り上がっていた。オープニング・セレモニーでは、実行委員長のソウル市長が小劇場の密集する大学路を特別区にすると宣言し、文化部長官が財政的な支援はするから質のいい作品を作れと檄を飛ばした。私もシアター・オリンピックスの国際委員の一人として、この催しの意義についてスピーチをした。
 私の作品「ディオニュソス」上演の劇場は、客席に補助椅子まで出すほどの超満員で、チケットが手に入らない人も大勢いたようである。オープニング公演である私とロバート・ウィルソンの舞台は、新旧二つの国立劇場で上演されたが、文化部長官の命令で今回から、国立劇場の公演は招待券を一切出さない方針になり、長官を始め関係者のすべてもチケットを購入した。招待券を発行しない、これは大変な英断である。しかも、文化部長官がそれを言い出すとはススンデイル。義理で招待状を出させられ、出席の返事がきたから、まあ支援してもらったこともあるからと、良い座席を用意しておくと、当日になって無断で欠席する。つい先頃、新国立劇場で行われたBeSeTo演劇祭のような国際的な催しでも、日本の国際交流基金の理事長や、文化庁の助成金の審査委員でそういう事をする人がいる。ナニガ国際交流だ、ナニガ文化だ、とその権威を笠に着て鈍くなった体質をあざ笑いたくなる。満員の客席に用意した座席が空席であること、それが主催者や出演者、一般観客へどれだけ失礼かという感覚が麻痺しているのである。
 感覚の麻痺ということで言えば、日本はすさまじい勢いでそれが進行している。大阪地検特捜部の犯罪事件など、まさに日本人の人間関係のモラルの麻痺以外のなにものでもない。私はかつてこのブログで、検察が密室で作成した偽りの供述調書は、犯罪行為だと書いたことがある。なぜ正義を盾に国民を騙すような詐欺行為を放置しておくのか、冤罪を犯した検察官は罷免されるか逮捕されるべきなのに、そんな裁判が行われたことなど聞いたこともない。マスコミの無定見と大衆迎合も怖いが、検察と癒着する日本の裁判所の無気力が、日本の社会にとってもっとも怖い感じが私はする。
 近ごろ、検察審査会というものが話題になっている。最初にこの名前を聞いたとき、私は検察が権力にまかせて人を逮捕し、無闇と長期間拘留し、供述だけを頼りに起訴する行き過ぎを、市民感覚でチェックする審査会だと思っていた。実際はその反対で、検察が起訴しなかった事案を、起訴することを可能にする会なのだと聞いて驚いた。もしそうなら、この会の人事構成、任命手続きの不透明さは何に由来するのか。裁判員制度の場合とまったく違っている。これも行政機関がよく設置する隠れ蓑、世間の風当たりを和らげながら行動する、秘密の別動隊だと思われても仕方がない。
 法治国家というものへの社会感覚の麻痺、他の国を法治国家ではないなどと非難する前に、正すべき日本の屋台骨があることを、今度の事件は示している。尖閣諸島問題でも思うが、日本人が激しい議論と怒りをもって行動することへの重要性を、忌避しつづけすぎてきたツケが今、見事に顕在化している。

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010