新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

November,22,2010

11月22日 ディオニュソス

 宗教的なファナティシズムの犠牲になったアメリカ人への配慮のために、悲惨な目にあう女主人公にわざわざアメリカ人女優を起用したのか。この質問には、私が日本人であるという前提があるように感じたので、私はこの質問を否定はせず、やり過ごした。公演直後の観客との対話の折りのことである。
 今年の9月、ソウルの「シアター・オリンピックス」で上演した「ディオニュソス」の初演は1978年、私が芸術監督をしていた岩波ホールである。その時は、エウリピデスの戯曲名どおりの「バッコスの信女」のタイトルで公演している。出演は故観世寿夫、白石加代子、蔦森皓祐などだが、この演出を大きく変更し、タイトルを「ディオニュソス」として初演したのが1990年の水戸芸術館、この舞台が20年間にわたって世界をめぐっているものである。水戸芸術館での公演直後にはモスクワとニューヨーク、1994年にはイタリアのヴィチェンツァにあるヨーロッパ最初の室内劇場、パッラディオの設計になる「テアトロ・オリンピコ」、1995年の第一回「シアター・オリンピックス」では、アテネのアクロポリス神殿の建つ丘の麓にある野外劇場「ヘロディオン」、など世界各地で上演している。しかしその中でも、2001年9月11日、ニューヨークの貿易センタービル崩壊直後のアメリカ各地での公演ほど忘れがたいものはない。それは出入国の際の検査の異様な厳しさ、アメリカ人の緊張した様子を実際に体験したからだけではない。冒頭に書いたような発言の裏にある心情に直接に触れたからである。この心情には、日本人のために多くの犠牲者を出した真珠湾攻撃の記憶も息づいているだろう。私が日本人でなければ出てこない質問だと咄嗟に感じた。ここにはアジアという異質な他者に対する若干の潜在的な偏見と軽蔑がある。
 このエウリピデスの戯曲は、アジアからやって来た酒の神ディオニュソスと、テーバイの王との激しい闘いを描いたものである。アジアから侵入してきた新宗教と、その布教活動を押し止どめようとする権力者との争いがあり、その渦中で、新宗教に入信した母親が息子である王を殺害してしまうという悲惨な事実が浮かびあがる。物語りの結論としては一応、神ディオニュソスの威力を称えるものになっているのだが、私は宗教が与える陶酔から目覚めた母親が、宗教への失望のうちに放浪の旅に出るところに演出の力点を置いた。それがこの質問を誘い出している原因である。
 アジアという地域への偏見と、自分たちのそれとは異質な宗教を信じることへの違和感、9.11の事件ほどアメリカ人の多くに、異質な他者の存在というものを感情的に感じさせたことはなかったのではあるまいか。
 事件直後、当時のアメリカ大統領ジョージ・ブッシュは演説をした。演説の最後に彼は旧約聖書の一節を引用している。「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖 それがわたしを力づける。」
 この文中の「あなた」とは、ユダヤ教やキリスト教の神のことである。彼はイラクへの戦争を、十字軍の聖地奪回への遠征に譬えたこともある。アメリカこそ多民族国家、アラブと違って、政教分離を一応の建前とする国家ではなかったのか。個人ならいざ知らず、一国の政治指導者が、政治的な行動を起こす時に宗教をからますこの発言は、世界の人々に大変な違和感を与えたはずである。アメリカ人の多くは現在、この戦争に懐疑的ではあるが、私はアメリカ人の潜在意識の中にも、いまだ建国当時の宗教的熱狂の残滓が色濃く残っていることをも示すために、「ディオニュソス」をアメリカでも上演したのだった。アメリカ人も正義を元に行動を起こすとき、その正義を正当化するために、どのような物語=ストーリーを創作し、多くの人たちに不幸な犠牲を強いてきたかをも認識してほしかったからである。
 息子を殺した母親アガウエの姿は、前半の僧侶によるペンテウス王殺害の事実を、異なった物語=ストーリーに見事に変換した創作=フィクションであるとする私の解釈が、初演の「バッコスの信女」の演出とは大きく違ったところである。個人のみならず、集団はいかなるときにフィクションとしての物語りを創作し、どのように人々を巻き込むのか、これが「ディオニュソス」の演出で私があらためて追求したことである。
 

一覧へ

November,12,2010

11月12日 リア王初演

 「椿姫」、台湾では「茶花女」と書く。ヴェルディのオペラで有名なこの「茶花女」を、来年の2月に台湾の国立中正文化中心のオペラ劇場で、現代ミュージカルにして演出、上演する。ミュージカルといっても、デュマ・フィスの原作戯曲の物語りを踏まえて、台湾の流行歌10数曲、それに長渕剛などの日本の流行歌を加えたものである。台湾には3日ほど滞在して昨日帰国。今度の企画について芸術監督と記者会見、観客を前にした座談、それに国立台湾芸術大学学長と、現代社会に於ける芸術の役割について討議などをしてきた。利賀村に帰ってみると、紅葉は末期、本格的な冬の到来を思わせる寒さである。山の頂にはわずかだが、すでに雪が積もっている。
 今日、台湾から「茶花女」の主役の男女がやってくる。どこから歌いだし、曲のどこで動くか、台湾で全体の稽古を始める前に、流れを身につけて欲しかったので来てもらった。二人は一週間ほど滞在する。それが終わると、いよいよ今年最後の公演、吉祥寺シアターでの「リア王」と「ディオニュソス」の稽古が始まる。「リア王」はドイツ、アメリカ、韓国、日本の俳優による4カ国語の共演・競演である。ドイツ人は一人だが、アメリカと韓国の俳優は男女二人ずつ。「茶花女」の中国語への集中から切り替えが上手くいくか、なんとなく気持ちが慌ただしい。それだけではなく、劇場や稽古場を掃除したり暖めたり、宿舎と食堂の準備など、こちらも忙しい。心身ともに忙しいのも、日本が沈没していくような、憂鬱なニュースから気が紛れて、時には結構だとも思える。
 「リア王」は1984年12月の28、29の両日が初演である。キャストは全員が男性俳優、劇場は合掌造りを改造した旧利賀山房、一週間も降り続いた豪雪の中での公演だった。東京からの飛行機も富山空港になかなか着陸できない状態で、観客の半数近くが到着が遅れ、開演時間を大幅に遅らせたことを思い出す。当時は暖房もない劇場だったので、観客の一人一人に毛布とアルコール類も手渡した。誰ひとり途中で帰る人もなく、この時ほど利賀村での活動を応援してくれる観客のありがたさを、身に染みて感じたことはない。
 この時の観客の中に、アメリカとフランスの新聞記者がいた。娘たちに裏切られ荒野で狂うリア王ではなく、吹雪に狂うリア王というところに焦点をあて報道してくれた。リア王が死んだコーディーリアを抱えて狂い死にする最後の場面は、旧利賀山房の劇場の奥の扉を開き、リア王を降りしきる雪の中から本舞台に登場させたからである。お蔭で、この舞台は25年以上も世界各国で上演されつづけることになった。アメリカではワシントンD.C.、ウィスコンシン、カリフォルニア、マサチューセッツにある4劇団が合同制作し、全米で147公演をして8万人の観客を動員した。ロシアではモスクワ芸術座が数年前から定期演目として、毎月一回は公演してくれている。それだけでもおそらく、日本人のこの舞台を見た観客の総数よりも多いかもしれない。
 シェイクスピアの原作戯曲を、世界は狂人の跋扈する病院であるという視点から構成し直したのが、アッピールしたのだと思うが、しかし現在、世界の精神病院化はこの当時よりはるかに進展している。この舞台の設定もそろそろ、もっと過激なものに作り変えなければという想いもする。この戯曲には息子に裏切られ、盲人となった武将グロスターが死の直前に言うこんなセリフもある。
 これも時勢だ、気ちがいが盲の手引きをするのは。世界の過去の政治状況を顧みるまでもなく、このシェイクスピアのセリフは今も、時代を超えた名文句である。

一覧へ

November,07,2010

11月7日 おまかせ

 日本料理屋や寿司屋に行くと、メニューに「おまかせ」と書いてある店は多い。最近ではレストランでもこの言葉をみかけることもある。要するに、料理の内容を店の料理人やシェフに任せるということだが、こういう食事の仕方をするには、やはり店の料理内容への信頼が前提である。私は好奇心が強いから、初めて訪れた店でも、こういう注文の仕方をして失敗することもある。「おまかせ」で頼んだ以上、出された料理がどんなに気に入らなくても、不平や文句を言える義理ではない。この場合は、ただ反省あるのみなのだが、どこの店でもおおむね「おまかせ料理」は値段が高い。いつか連れ立って食事に行った友人が、「おまかせ」にしたのに、俺はこんな物を食いたかったわけではない、といちいち仲居さんに厭味を言い続け、時には出された物を返そうとする。こんなことで大まじめに、人間として潔くないとか、責任はこちらにあるとか、相手のことも考えてやれ、仲居さんが可哀想だなどと、友人を諌めるわけにもいかず、ただただシラケて食事がまずくなったことを覚えている。
 「おまかせ」は、漢字で書けば、「御任せ」である。丁寧な言葉にしているから「御」の字が頭についているが、要は、権限を他人に任せる、別の漢字を当てれば、権限を委譲する意味をもつ委せるでもある。砕けて言えば相手に、やりたいようにしてよいということである。
 先頃、尖閣諸島での中国漁船と海上保安庁の巡視船との衝突映像がインターネット上に公開され、いろいろなコメントがなされている。この行為は内部告発という形で国民感情を代弁したのだとか、国家公務員法違反の刑事事件として厳しく対処すべきだとか、国家経営が内部崩壊している現れだとか、騒然としてきた。いずれも、日本は国家的な危機的状況を示していることを憂えている。
 今度の事件が、危機的な感覚を与えるとしたら、機密情報が管理できなかったからではないはずである。こんな事はいつでも起こりうると予測できたことだし、また逆に、その気になればいつでも解決できる制度運営上の技術問題にすぎないと私は思う。危機的状況は、中国人船長を那覇地検の判断として処分保留で釈放した時点にすでにあった。むろんこの判断の背後には、政府の暗黙の意志があったことは当然のごとくに語られてはいるが、ともかくこの事件の初期には、国家的な政治判断を前提とする事件であるにもかかわらず、この事件をどう処理するかは那覇地検に「御任せ」だと政府は態度表明していた。政府は、この事件の処理はすべて、海上保安庁と検察の法律に則った判断によって行われており、政治介入はないし、していないと発言していたのである。
 この推移を思い出してみると、海上保安庁や那覇地検の内部から映像が流出していたとしても、いまさらそれを、政府批判の行為のようにみなしたり、公務員の特別な犯罪であるかのように大騒ぎするのはおかしいのではないかと思える。那覇地検は、中国漁船船長の処分の当否を、政府から「御任せ」されたのではなかったのか。中国人船長を処分保留で釈放するのが「御任せ」なら、なぜ映像の公開の当否も「御任せ」ではいけないのか。当時の政府が映像非公開を主張したのは、起訴後の裁判に影響してはいけないという、刑事訴訟法の規定を理由にしたものであった。しかし、中国人船長は地検の判断でとうに帰国している。
 映像流出の過程だけを法律上の場面に厳密に移せば、そう単純にはいかない一面もあるとは思うが、「御任せ」が政府の態度であったことは周知のことである。だから政府は、今度の事態にいまさらツベコベ言える筋合いではない。このことによって起こる政治的混乱の事態は、身から出た錆というものだろう。映像の公開が気に入らないなら、そんなところに国家の大事なことを「御任せ」したことを反省し、国民にまず謝罪すべきなのである。「御任せ」先を見誤っていながら、いまさら出された料理にツベコベ言うのは、やはりミットモナイのである。「御任せ料理」はいずれにせよどこでも高くつくのは相場である。
 任せる、委せるという言葉には、庭を荒れるにまかせる、運を天にまかせるというように、主体的な行動の放棄、何もしないで成り行きにまかせるという意味まである。たしかに日本人は長い間、面倒臭いことや辛いことを「御任せ」で上手に解決してきたこともあろう。しかし、現代はグローバルな電子情報社会である。「御任せ」による失敗は、判断の誤りですむことではなく、主体的な行動を放棄せざるをえないような状況を呼び寄せ、その状況を自らコントロールできなくしてしまうことにある。それが国家的な規模で起こりつつあるのが真相ではあるまいか。映像の流出を政治的快挙であるかのように言う人もいるが、もし快挙であるとしたら、それは本人が氏名を明らかにしてこの行為を実行した場合である。今回はむしろ、日本の政治状況の貧しさを見事に証しているだけと捉えておくべきだと感じる。
 テレビでこの事件を眺めながら、「おまかせ」で失敗し、ますます食事をまずくした、哀しくもおかしくもあった昔の一場面を思い出させられた。こんな矮小な経験からの類推で誠に申し訳ないが、つくづく、政治だけは「御任せ」でやってはほしくないと思うのである。
 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010