新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

April,26,2011

4月26日 スズキ演劇

 これはニューでもないし、オールドでもない、これはスズキだ。自動車のことではない。演劇の話である。
 一時期の日本人は新しいということに憧れていたのか、それが価値だと思っていたのか、何にでも<新>という字を当てた。建物なら新館とか新国立劇場とかイメージは描きやすいが、抽象的な内容をもつものにまでこの字を使われると、名付けた当初はそれなりにリアリティーがあっても、時間が経つと何がなんだか分からないものに転化してしまう。私の関わっている演劇の世界で言えば、新国劇、新派、新劇などである。この場合の<新>はすべて、日本の伝統芸能である歌舞伎や能を意識して使われた。これらの<新>の登場で、昔は能に対して<新>だった歌舞伎も<旧劇>に変身させられた。日本人でさえ、新と旧の違い、さらには新どうしの違いを説明するのはなかなか難しいのに、これを英語に直訳され、ニューだのオールドだのと言われると訳が分からなくなる。
 スズキさんの演劇は、能や歌舞伎の影響下にあるそうですが、日本の伝統演劇なんですか、それとも新劇に対してニューなんですか、これが質問である。日本の演劇史を少し齧ったことのある外国人であろう。そこで私が、伝統に対しても新劇に対してもニューだと言ったら、ああ、新新劇なんですねと言う。新新劇という言葉はない、その場合は日本では反新劇といいます。でも伝統芸能に対しては反ではないんですよね。反です。だってさっきはニューだと言いましたよ。ニューは反なんです。じゃあ、新劇と同じではないですか、西洋演劇に学んだ新劇は歌舞伎に反だったんでしょう。私はそれにも反なんです。では、率直に聞きます、スズキさんの演劇は、どこが<新>なのですか。まるで精神病院の問答のようだ。実態を置き去りに、言葉だけが舞っている。そこで冒頭の発言になる。
 私の演劇は先行の日本演劇のニューでもオールドでもない、あなたが日本の演劇だと思うから間違う。だってスズキさんは日本人なんでしょう。もちろんです。だったら日本の演劇ではないですか。いや、違います。私のは日本の演劇ではなく、日本人スズキの演劇なんです。皆が笑う。じゃあ、突然変異に近いものなんですか。そう、そうなんです。たしかに日本には、能、歌舞伎、宝塚、新劇、スズキが発生したんですが、スズキは突然変異、日本の演劇とは言いがたい。日本人より外国人の方がよく理解しますしね。アメリカ人というのも200年前の突然変異でしょう! 漫画的かつヒステリー的な答えだ。ドイツの精神医学者クレッチュマーの著書「ヒステリーの心理」の言い方を借りれば、自分の立たされた困難な状況を熟慮的に解決できない場合に、論理的な手続きを踏まないで、状況を一挙に変化させようとする身振り、情動的発作症状に近かったかもしれない。
 日本の伝統芸能を理論的に再検討し、その独自性を自らの実践によって明らかにしようとした演出家に武智鉄二がいる。私が影響をうけた先人の一人だが、彼の伝統畑での仕事は、武智歌舞伎と称された。この呼称は本人が言い出したものではなく、最初は彼の仕事に悪意をもつ劇界の人たちが、正統なものではないという中傷の意を込めて使用したらしい。しかしこの言葉はやがて、優れた演劇運動の呼称として広く知られていく。そこで歌舞伎の大元締め、松竹の創立者大谷竹次郎が怒ることになる。「俺でさえ、大谷歌舞伎と言ったことはないのに、武智歌舞伎とは何という僭越な」
 私の舞台をスズキ歌舞伎とかスズキ新劇と呼ぶのは気が引ける。実態にも合わない。仕方がないからスズキ演劇。この呼称も上記のような珍問答を繰り返しながら、外国ではずいぶんと定着したが、日本では僭越至極とやはり、誰かに叱られるのであろうか。

一覧へ

April,19,2011

4月19日 風評被害

 前回のブログ「無常迅速」の末尾に引用した和歌の作者西行は、中学生の頃に伝記を読み、その生き方と作品に感銘を受けた人である。23歳で出家、73歳で入滅、その間に旅に明け暮れ、和歌を詠みつづけた。69歳になっても、奥州へ2度目の旅をしている。捨て身ということを地でいった生き方、その意志の迫力が花開いているような和歌、この関係に憧れたものである。私が静岡県の出身ということもあろうか、老年に掛川の難所を越える時に詠んだ、年たけてまた越ゆべしと思ひきや、命なりけりさやの中山、この一首などは仕事の上でも、事あるごとに口ずさんだ。しかし未だ、ウロウロとした心持ちが捨て切れず、若年に西行に憧れた自分の気持ちへのすまなさを感じる時もある。
 このところ毎日、通称スタジオと呼んでいる八角形の建物から、荷物の引っ越し作業をしている。映像の鑑賞や国際的な会議にも対応できるように改造するためである。当初は図書館として建設したものだが、音楽の演奏会や演出家コンクールの会場としても使用してきた。(財)国際舞台芸術研究所が存在していた当時、カリフォルニア大学、北陸の経済界、富山県等の支援で建設したが、その後しばらくして富山県に寄付した。現在は富山県利賀芸術公園の施設の一つになっている。引っ越しするものの中には、蔵書、家具、照明や音響の機材だけではなく、過去30年以上にわたってのチラシやパンフレット、新聞記事の切り抜きが貼ってあるファイルなどもある。あまりの膨大さにウンザリしたが、それを整理していた若い劇団員の一人が、利賀村に活動の拠点を移した初期の頃のファイルを見つけ出し、私に質問をした。宗教法人化はうまくいかなかったんですか。何の事やらさっぱり分からない。
 そういえば昔、瀬戸内寂聴さんが訪ねてくれて対談をした折りに、私が利賀村での活動は経済的な面で大変だと話したら、宗教法人は良いですよ、税金がかからない、ただし、ご本尊を何にするかしらね、ご本尊は自分ではだめなのよ、とからかわれて大笑いしたことがある。この話は劇団員によく口にするから、このことかと思ったら違っていた。演劇雑誌の編集長で新劇界を支える批評家が新聞に書いていたのである。 
 「いま耳寄りの話は、リーダーの鈴木忠志が新しい劇団を、いっそ宗教法人にしようかとかなり真剣に考慮中だとのうわさ。ただ問題は、生き神様を拝むのに汽車やバスを乗り継いで東京から七時間もかかるというので、どれだけ維持会員が集まるか、興味津津というところ。既成の新劇の閉鎖性を攻撃して出現したアングラ演劇が、いちはやく強熱的な信者集団に奉仕を強いる形態をとるようになっている。これが健康な道であるといえようか。」
 呆れた。ジャーナリズムとは昔も今も、無責任なものである。利賀村での活動は、信心がなければ成り立たない、というようなことは口にしていたから、東京あたりでは何を言われているかと思ってはいたが、これはチョット、カンベンシテクダサイヨ!である。いくら私が東京を離れ、悪口を言ったとしても。風評被害ここに極まれりという感じのものである。しかし35年も経て初めて、こんな言葉を目にするとは、喧嘩好きの私への劇団事務局の配慮であったのであろうか。
 ながらへてつひに住むべき都かは、この世はよしやとてもかくても。これも西行の一首である。現世はどうあろうともいいではないか! 集団を率いて絶えず観客にまみえている私には、いつまで経ってもこの西行の境地は、憧れのものかもしれない。

一覧へ

April,09,2011

4月9日 無常迅速

 大自然よ、おまえこそおれの女神、おまえの掟こそおれの服する義務だ。シェイクスピアの「リア王」の重要な登場人物の一人で、陰謀によって出世を企む私生児エドマンドの台詞である。シェイクスピアの悪役はいつもカッコイイことを言う。悪巧み、不倫、殺人、通常の人間関係を混乱させ、その中を生き抜く意志、それを支えてくれるもの、彼にとっては大自然とはそういう神であるらしい。自然の力の人間に対する肯定性ではなく、否定的側面が崇拝されるべきものだとされている。大自然が彼に与える恵みは、自然の暴力的エネルギーである。
 石原慎太郎は今度の東日本大震災を、日本人の我利我欲への天罰だと称した。天命ならまだしも天罰とは恐れ入るが、石原知事にとってもこの震災は、肯定性としての自然=神の暴力の証しであるらしい。
 エドマンドにしろ石原慎太郎にせよ、ちょっと皆に差をつけてみたいと思ったのだろうか、たえず主役を張りたがる人たちは時々、こういうイキガッタ名ゼリフとでも言うべきものを言いたがる。しかし天罰だとするなら、それは東京電力や経産省、自民党、民主党を問わず、原発推進派だったかつての族議員や当時の東大あたりの御用学者、その実名をあげて、はっきりと言うべきであった。そして、自らを含めた我利我欲への天罰が、多くの人までを悲惨な目に遭わせていると。一般論として、東北の被災者を天罰の犠牲者のように巻き込むのは、政治家としては、一億総懺悔式に問題を曖昧にしてしまう不謹慎の謗りは免れまい。
 むろん、私も近ごろの多くの日本人が、自然というものを侮っている、いつか予想以上の大災害が起きるとは感じてきた。その点については、原発事故の対応でも明らかになったように、日本人の自然に対する想像力と接触努力の欠如、自然に対する迂闊と傲慢さに天罰は確かに下ったのである。科学技術への自惚れ、私利私欲へのこだわり、他人への無責任かつ不遜な態度によって引き起こされた自業自得的なものであるとは思うのである。
 今回の災害に対応して引き起こされている、日本人の思考や態度を見ると、9・11ならぬ3・11以後の日本には、根本的に新しい日本社会のグランドデザインと、そのための制度創設が必要だという想いがする。既存の制度の修正や補強、連立などという政治的野合ではなく、既存制度の徹底的な否定と破壊の方針、党派の消滅をも覚悟の激しい政治闘争、それらが顕在化してこないで日本の再生などあるはずもないと思える。日本の現在は、精神の焦土こそが問題になってきたのである。この前提と自覚に立って思考し行動する闘争的なリーダーの出現がなによりも待たれているのではなかろうか。
 年月をいかで我が身に送りけむ、昨日の人も今日はなき世に。歌人西行の一首である。最近はフトこんな和歌を思い出す。本当に無常迅速の世の中である。

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010