新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

May,26,2011

5月26日 利賀・北京

 今月の20日、シアター・オリンピックスの国際委員会が北京で開かれた。出席したのはアメリカ、イタリア、インド、ギリシャ、韓国、それに新しく加わった中国の委員と私である。この会議で中国の委員から、2013年にシアター・オリンピックスの北京開催を計画しており、そのための組織の形態、予算、上演演目の種類と規模などの報告がされた。主催はこれまでと同じシアター・オリンピックス国際委員会、スポンサーとしての実行委員会は、中国政府と北京市が中心になって組織するとのこと、これが実現すれば、第六回シアター・オリンピックスは大規模なものになりそうである。会議の最後に委員長テオドロス・テルゾプロスが、第六回の特別企画として短期集中的に、現代の演劇が抱えている諸問題についての議論と、その議論の前提になるような作品の上演をしてみたらどうか、それは日本の利賀村で開催するのが適当だと思うが、という提案をした。唐突で不可思議に思った委員もいたようだが、これには理由がある。
 昨年、韓国のソウル市で第五回シアター・オリンピックスが開催された折に、彼は私に言った。大都会での開催はお祭り=商品展示会的なものになりがちな傾向があるから、初回のギリシャ山中の聖地デルフォイの時のように、委員の作品を中心にして、演劇についての議論や意見交換を行うシアター・オリンピックスの在り方を、もう一度検討してみようと。シアター・オリンピックスを、ヨーロッパの各地で開催されている演劇祭と同じようなものにしたくない、小規模でもよいから設立の精神が息づく企画を、利賀村の芸術公園で実現できないかというのである。
 グローバリゼーション下での演劇活動の変質は顕著である。商業主義に抗する新しい演劇活動の理念と、新しい形の国際的な連帯は確かに必要である。それがどんなものになるのか、私も議論はしてみたいと答えた。彼はそのことを考え続けていたのである。
 利賀村で開催する場合、劇場や宿泊施設、事務局の構成はどうあるべきか、どれぐらいの財政的な規模になるのかなどと、いろいろと思いをめぐらしていたら、昨年の10月、中国の国立中央戯劇学院の院長シュー・シャンから、北京に来てほしいという招請状が届いた。そこには二つの用件が書かれていた。一つは、戯劇学院の学生を訓練し演出して欲しい。もう一つは、シアター・オリンピックスを北京で開催したいが協力して欲しい、ということであった。教え演出することは私個人の問題だが、シアター・オリンピックスの開催は、私一人で決められることではない。まず、中国の演劇人の意見を聞き、どの程度の意欲かを知らなければと、1月に北京へ行き、戯劇学院の院長、副院長、話劇芸術研究会の副会長に会った。
 これからの世界的プロジェクトは何をするにつけ、中国国家の存在とその動向を意識せずにはいられない。しかしシアター・オリンピックスの国際委員会には中国代表がいない。これを機会に中国からも委員を出してもらい、もしシアター・オリンピックスの中国開催が実現するなら面白い、そんな気持ちが私の方にもあったのである。中国がどんな国であるのかを身をもって知るにも、共同作業をするにこしたことはない。
 北京での会談の結果、中国での実現性が強いことを確信した私は、北京での国際委員会の開催を各委員に呼びかけた。1994年に作られたシアター・オリンピックス憲章には、次のように記されているからである。
 第5条 国際委員会への新たな委員の入会には、委員1名の推薦及び、委員の3分の2の同意を必要とする。
 第8条 当面のシアター・オリンピックスは、原則として、国際委員の国において開催する。シアター・オリンピックッス開催国の委員が、芸術監督の責務に当たる。開催国の委員(芸術監督)は、シアター・オリンピックスのテーマ及びプログラムを立案し、委員会に計画書を提出し、同意を得るものとする。
 中国から新しく国際委員に加わった、戯劇学院教授で演出家リュウ・リービンの簡にして要をえた報告は各委員に、シアター・オリンピックス北京開催への期待を抱かせた。また、委員長提案の利賀村での特別のプロジェクトについても、各委員は了承した。北京でのシアター・オリンピックスの企画の一つに、利賀村でのプロジェクトを加えるのは、少し重荷だという気持ちもあったが、北京と利賀村、この不思議な取り合わせ、このコントラストの内に、演劇の未来を把握する手掛かりの一端もあるように思えるので私も賛成した。果たしてどんなことになるか。
 来年は中国で私の訓練を教え、演出作品を創ることも決めてきた。これは長年にわたって申し込まれていたことである。自分の作品はこれまでに何度か中国で上演しているが、中国本土での本格的な共同事業や舞台創りは初めてのこと、再来年の北京シアター・オリンピックス、利賀村での特別プロジェクトの成功のためにも、来年はかなり、ガンバラナケレバナラナイ!かもしれない。フランスから始まった私の国際面での演劇人生も、最後は中国との付き合いで終わるのかも。予測を越えた軌跡である。  <ブログ 「9月20日 デカイ話し」参照> 
 

一覧へ

May,13,2011

5月13日 転回点

 予測や思い込みを、見事に裏切ってくれる人がいる。その裏切りは、おおむね失望で終わることが多いが、こちらの常識を打ち壊し、驚きを与え、自分の仕事への励ましという糧になる時もある。
 私が初めて自分の舞台を見せに外国へ行ったのは1972年のパリ、フランス政府主催の諸国民演劇祭に招待されてのことである。芸術監督は演出家で俳優のジャン=ルイ・バロー、映画「天井桟敷の人々」の名演技などでも世界的に知られた人である。学生反乱の世界への波及の発端となったといわれる1968年の5月革命の時には、国立劇場のオデオン座を学生に開放し、当時の文化大臣アンドレ・マルローに支配人の職を解任されている。
 私は当時32歳、世間が狭い、だから生意気、反社会的なことを口にはする、しかし反面は権威主義、といった典型的な青二才であった。フランス政府の招待? 世界各国から36劇団? 世界一流! 劇団員ともどもに盛り上がった。赤絨毯とシャンデリアのロビー、シャンゼリゼーの大劇場だ、とばかりに意気込んで行ってみて驚いた。
 劇場はつい先程まで人が住んでいた粗末な建物で、ただいま仕切りの壁を壊しました、どうぞご自由にお使いくださいといった感じ。ただ四角い箱状の空間である。真ん中には特設リングのような舞台が作られ、それを四方から囲んでいる客席は、こともあろうにベニヤの階段、オイ、バカニスルナ、なにが諸国民の演劇祭だ、文化国家フランスはどこへ行った、これでは日本に帰って自慢できないではないか、コノキモチヲ、ドウシテクレル! であった。バローに挨拶しようと、芸術監督の部屋に案内されてまた愕然。普通の住宅の、といってもそこはフランス、日本と違って煉瓦造り、風情はあるのだが、厨房が横にある食堂、そこに簡易ベッドといくつかの椅子が置いてあるだけの部屋、味も素っ気もない。バローはここで食事をし、寝泊まりもしていたのである。この人は本当にエライのか。
 実際に会ってみると、やはりこの人は偉かった。招待した劇団の芸術的な要望に、劇場を少しでも適応させようと、自らカナヅチやノコギリを持って飛び回っている。スタッフを指図し、気に入らないことがあると怒鳴り散らす、その夢中のなり方、エネルギーの出方が尋常ではない、過剰かつ異常である。私の思い込んでいたフランスとはだいぶ違う。過剰、通常、異常とあるが、演劇人には通常以外の2つが大切、通常の大通りだけは避けて通れ、これが若い頃の演劇活動のモットーだったが、それを生きているような人が目の前に出てきたのである。手作りの精神で劇場空間を設え、そこで自分の作品を創り発表し、世界から仲間の作品も招待し切磋琢磨する、それまでの私には、不可能としていた演劇人の在り方であった。
 この時に上演した「劇的なるものをめぐって」の舞台は、ヨーロッパの多くの演出家やプロデューサー、ピーター・ブルックやグロトフスキーなどが見た。そのために私の作品は、毎年のように世界の国から招待されるようになり、現在までに30カ国以上に及ぶ。私の演劇人生の転回点であった。
 富山県の過疎地、利賀村の廃屋でも劇場になるし、世界演劇祭も可能だという確信を与えられたのも、フランス人バローの裏切りのお蔭である。彼のその時の演劇祭の運営方針は、フランスの通常の劇場運営への果敢な批判だということは、しばらくしてから理解できたことである。フランスだけではなく、世界の演劇界の常識への挑戦でもあっただろう。この時の出会いが縁になって、彼もグロトフスキーもピーター・ブルックも、来日した折には稽古を見に来てくれたし、雑誌やテレビで対談もした。ジャン=ルイ・バローもグロトフスキーも今は亡いが、仕事を通して出会う友人というものの掛け替えのなさであった。

一覧へ

May,04,2011

5月4日 利賀山房開場

 あなたには二つの顔がある、と言われて喜ぶ人は少ない。二つの顔という言い方には二重人格、あるいは詐欺師や嘘つきの意味が含まれるからである。アイツハ、フタツノ<カオ>ヲモッテイルカラナ。だから現代人は、自分のも他人のも、顔はいつも一つの見え方として存在して欲しいらしい。しかし歴史的には、実際の人間の顔が一つに見え出したのはごく最近、電気照明が多用され、夜が明るくなったからである。人間は長いこと二つの顔をもち、それを見たり見られたりしてきた。端的に言えば、昼と夜の二つの違う顔があったのである。それこそがむしろ、通常の人間の姿であった。
 利賀山房の開場記念公演は1976年8月28日である。現在は劇団員の宿舎兼楽屋として使われている合掌造りで行われた。百瀬川の方から眺めると、当時はまだ建設されてはいないが、野外劇場の後ろに聳えている建物である。その内部を劇団員が手作りで即席の劇場に改造した。4本の大黒柱によって囲われている部屋、囲炉裏の切ってある広間をそのままにして、その周囲の部屋の床を下げ観客席にすると、能舞台と同じ構造になる。ただこの時は、現在の利賀山房とは異なり、橋懸りだけは逆にならざるをえなかった。林立する柱は焚き火の煤で黒くなったまま、屋根裏は古い茅葺きでところどころ藁が垂れ下がっている、トイレは汲み取り式の和風便所、場内はかすかに糞尿の匂いが立ち込めるといったもので、劇場とはいうものの、山里の廃屋以外のなにものでもなかった。そこで利賀村の獅子舞、観世寿夫の能「経政」、私の演出構成作品「宴の夜」が次々に演じられた。
 今思うと、一期一会の夜であった。昭和の世阿弥と言われた今は亡き観世さんが駆けつけてくれ、現代劇や民俗芸能の演じられる廃屋の同じ舞台で能を演じる。若い時代の勢いとでも言うべきか。終演後の観世さんの白足袋の裏は薄黒く汚れている。橋懸りが逆だったので動き方が反対のところがあり、いつもの能楽堂での演能よりずっと緊張したが、それがむしろ楽しかった、観世さんの感想である。
 この舞台は、太い柱と幅広の長押<なげし>に囲まれているので、舞台全体は均質の明るさにはならない。どこかを明るくすれば、かならず暗い影も強く発生する、これは日本家屋の特徴でもある。だから演能中の平家の公達の面は、光と影の狭間を旋回し、時には半面が明るいかと見れば、半面は真っ暗、それが漆黒の背景に浮かび上がったりする。こんなに気味の悪く恐い面を見たことは初めて、能の初源の一面に触れたように思ったと、私は観世さんに感想を述べた。一つの顔が、明るさと影を絶えず同在させ、間断なく表情を変化させていく、その不思議な迫力に息を呑んだ。能の主人公が死者であり、それが生きて闇の中に現れたということが、よく分かったのである。蛍光灯を多用した、ただ明るいだけの能楽堂などでは、決して出会うことのない光景であった。
 近代以前の日本人は、燭台や行灯の光と共に夜を過ごした。恐らく光源は一つの方向に在る。だから顔の半面は絶えず薄く暗いか、闇につつまれ易かったはずである。それは昼の明るさで見る朗らかな人間の顔とは、まったく異なったものに違いない。ましてや行灯と違って、燭台の光は揺れる。顔の表情も影と共に、絶えず揺れ動いただろう。
 人工衛星から観測された夜間の地球画像によると、北米大陸の都市部がもっとも明るく、ヨーロッパと日本の都市は次に位置するらしい。しかし地球全体を眺めると、北米やヨーロッパには暗い部分が広く残存しているのに、日本には暗い部分が少なく、国土全体が光り輝いているそうである。都市と道路の明るさが日本の国土を埋め尽くした。日本人は農地や山林を捨てただけではなく、夜の闇までも放逐したということであろう。それと同時に、日本人は感受性の奥行きまで失ったかもしれない。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010