新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

September,27,2011

9月27日 背表紙の演説

 女心も金で買える、これはかの有名なホリエモンの言ったことだが、一時期この言葉をもて囃す人たちがいた。精神主義を打破して痛快だと。バカバカシイ。私はホリエモンは嫌いではなかった。マスコミに登場した最初の頃、その時代認識と人生の割り切り方には肯ずけるところがあったからである。それで生きれりゃ、イイヨナといった感じ。しかし、この言葉を聞いた時には、何でこんな当たり前のことを得意げに言うのか、ガッカリシタ。
 女心を金以外でも買って見せると、アレヤコレヤと作戦を練るのがベンチャーだろう。ホリエモンは、こんなにお金は儲けましたが、決して女心だけはお金で買いません、と言うのかと思いきや、伝統日本のモテナイ男がごく当たり前にやってきた事を、ナンデ、イマサラ、オマエガ! だった。これでは、自分が否定している古い日本の、成金そのままの根性ではないか。ただ、貧乏人を嫌がらせているだけのことではないか。
 当時、このホリエモンの兄貴分のような男で、もっと口の達者な経済学者がいた。竹中平蔵。日本の将来を憂えているのだが、いつも話すことは金儲けのことばかり。こうすれば金を儲けられるから改革、そうすれば人間はもっと働くから改革、そんなに人間を、ナメテハイケナイヨと思うぐらいに改革万能、したり顔に喋る。まず、自分を改革したら、と言いたくなるほどのものだった。衆議員選挙の折、この二人が一緒に選挙カーの上に並んで演説をしたことがある。ナンデ、コンナコトニナルンダ。ナンデナンデスカ、カミサマ!であった。もちろん、ホリエモンは落選。だからしばらく、経済人や経済関係の学者や評論家、ことに金融方面の人たちにはアレルギーを起こしていた。ところがある日、品川駅前の書店で、偶然に一冊の本に出会ったのである。
 その本は実に長ったらしい題名で、近頃には珍しく背表紙で演説をしている。「人々はなぜ、グローバル経済の本質を、見誤るのか」 
 ヘンナ人の真面目な演説を読んでみたいと思っていた時期である。書架から取り出して手に取り、水野和夫という初めて見る著者の肩書きを見てガックリ。また金融関係者、金をいかに儲けるのかの話か。肩書もやたらに長い。三菱UFJ証券参与・チーフエコノミスト。これはもう敬礼して帰ろう、と思いながらパラパラと少し頁をめくってオヤ! 金はもう儲からない、経済成長神話よサヨウナラが論旨である。しかもそれが長い歴史的なパースペクティブをもって考察されているらしい。おまけに、参考文献には私の知人友人の著作名がならんでいる。ナンダコノヒトハ、ひとつ読んで見るかとその本を買ったのである。
 そして初めて、経済から世界の現実を分析観察することが、私にとっても無縁ではないことに気づかせられる。グローバリゼーションや格差社会、あるいは金融経済という言葉などから与えられる実体が、想像しうる範囲にも近づいた。長いこと感じていたことを、明瞭にしてくれたのである。
 最近、水野さんから新しい著作を贈られた。三菱UFJ証券を退職してからの大作である。この本もやはり背表紙で演説している。「終わりなき危機、君は、グローバリゼーションの、真実を見たか」
 水野さんの演説は政治家や評論家のそれとは違って、その人柄と同じように、堅実かつ謙虚な口調でなされている。近頃は政府関係の仕事もしているようだが、いつこんなに資料にあたったり、本を読めるのだろう。執拗な実証と多視点からの歴史的事実の解明、その上での現状診断、希望を持てる人生への水野さんの願いが込められている。

一覧へ

September,23,2011

9月23日 難破船

 日本は漂流しているらしい。久しぶりにテレビをみていたら、政治評論家やニュース・キャスターたちが、日本の漂流状態について話している。漂流とは字の通り、風や波のまにまに、海上を漂い流れることである。あてもなくさすらい歩くという意味もある。今の日本をそんなのどかな言葉で表現していていいのか。針路を見失っていると言いたいのだろうが、本当はそんな状態ではあるまい。いっそのこと、沈没とまでは言わないが、暴風雨などで船が座礁したり破損して、航行の自由がままならない難破の方が適切な言葉ではないのか、などと思ったりする。
 私が政治の世界でこの言葉に触れたのは、中曽根康弘の著書「自省録」が最初である。その中で彼は、きわめて曖昧な合意のうえに政治が成り立ってきたわけであり、国民を引っ張る力がどこにもない、まさに漂流国家です、と嘆いている。2004年の時点である。現在の日本の政治は、資本主義経済システムの先行き不安と原子力発電所の爆発という、未知の事態に遭遇し翻弄されているようにみえる。原発の建設を最初に強力に推し進めた中曽根当人は今、どんな心境でこの日本を見ているのだろう。未だ漂流というような言葉を使うのかどうか。原発建設も、曖昧な合意しか成り立たせえない、日本の政治風土を巧みに利用して、日本人に希望の星であるかのような夢を持たせて実現させたものではなかったのか。
 この「自省録」は首相を辞めて18年後に書かれたものだが、その中に面白い一節がある。1983年に、首相になって初めて訪米した時の記者会見で、日本を不沈空母と発言したとして、日本のジャーナリズムが騒然となった。私もこの言葉を最初に目にした時は思った。いくら世界が羨む経済大国になったとはいえ、少しのぼせ過ぎではないか、あなたも海軍出身だろう、ミッドウェー海戦では、一挙に空母4隻もアメリカ軍に沈められたこともあるのに。
 これについて中曽根元首相は、あの発言は日本語を英語にした通訳の意訳で、自分の発言にはこの言葉は無い。しかしこの言葉が、安全保障をめぐって悪化していたアメリカ政府の、日本への不信感を払拭する作用をしてくれて、むしろ良かった、訂正の必要を認めなかった、と書いている。今なら、日本人の誰しもが唖然とするような言葉、日本は不沈空母! 近年の首相経験者たちには、羨ましいかぎりであろう。経済大国としての日本の重要性を国際社会が認めていた頃の、イケ、イケ、ドンドン! の気分からの発言である。
 吉田満に「戦艦大和ノ最期」という小説がある。第二次大戦で日本の敗北が決定的になった1945年、日本海軍の至宝、史上最大の不沈艦とされた戦艦大和が出撃し、アメリカ海軍の集中攻撃を受けて沈没するが、この「大和」の必敗の出撃にどんな意味があるのか、艦内で議論が起こる場面が書かれている。死を自らに納得させた一人の大尉が言う。
 進歩ノナイ者ハ決シテ勝タナイ、負ケテ目ザメルコトガ最上ノ道ダ、<中略>敗レテ目覚メル、ソレ以外ニドウシテ日本ガ救ワレルノカ、今目覚メズシテイツ救ワレルノカ、俺タチハソノ先導ニナルノダ、日本ノ新生ニサキガケテ散ル、マサニ本望ジャナイカ。
 敗れて目覚める、なかなかの言葉である。しかし、最近の日本の政治家には、敗れるなどという言葉からくる精神的な実感は、乏しいのではあるまいか。ましてや目覚めるなどとはである。自分たちはいつも国民より目覚めてきた、と思っているのではあるまいか。しかし、敗れるとは敵に負けることだけを意味するのではない、自らに敗れ、負けることがあるということを忘れてはいけない。敗れるは破れるのでもある。
 日本は不沈どころか、難破してしまった、解体して組み立て直す必要がある。この認識がないと、再び世界へ向けて出航は出来ないだろう。東日本大震災への対応を見れば、日本人は精神で敗れ、技術に負けていたのは明らかである。敗れて目覚める、それが最上の道なのは、戦前も現在も変わらないと思える。
 
 

一覧へ

September,18,2011

9月18日 ヤメナサイ

 ダカラ、ヤメナサイ! と言う以外にはない。皆がドッと笑う。それにつられて私も笑う。本当はもう少し深刻なことで、朗らかに笑いあっていても困ることである。しかし、後で考えれば、お互いにシミジミしても仕方がない。観客席には東京から来た演劇人、評論家、行政官が大勢いた。その人たちも笑っているのだから、不思議な光景である。
 SCOTサマー・シーズンの最終日、私への観客からの質問、東京で行われている若い人たちの演劇、それは「外部世界」を喪失した閉じられた狭い演劇だと思うが、これが国際的に活動していくためには、何が必要でどんな応援をすべきか、鈴木さんから何かアドバイスを、に答えた結語である。
 私は元来、他人への親切な助言を最もニガテとする人間、自分以外の演劇に関しては、二、三の例外を除き、殆ど批判しかしてこなかった。それを止めて、何か言おうとすれば必ず、オレナラ、コウスルという話にならざるを得ない。聞く人にとっては、いずれにしろ自慢話しにしか受け取れない。だから冒頭に、正直に言っておいたのである。私は日本の演劇人に興味がないから、この利賀村にいるんですよ。
 質問をしてくれた人には申し訳なかったが、東京の若い演劇は殆ど見ていない。それなのに東京の若い演劇人に先輩面をして、もっともらしいことを言うのもイヤラシイ。そこで結論は、そんな状況なら演劇はヤメタホウガイイ。それ以外の優しい言葉は、東京の暇なお喋り好きの劇評家たちが、親切面をして言ってくれる筈である。
 演劇はもともと外部世界、自分とは異なった価値観や行動のルールを保持している他者、柳田国男的に言えば、信仰を等しくせざる他者というものの存在を、はっきり見届けようとする行為として出発している。むろん、フランスの詩人ランボーを持ち出すまでもなく、自分という存在も他者である。よくは解らない他者の世界、纏い付く自分という存在への異和感、そういう人間の関係の在り方に、好奇心を持った人たちに必要とされた。確固とした自分を捜し出して安心したい、他人に愛されて幸せ、などという人には無縁のものだったのである。東京の幸せな演劇人にいまさら、孤独や不安を前提に! などと言ったら孤独や不安が恥ずかしがる。
 SCOTサマー・シーズンが終わってホッとしている。今年も沢山の観客が集まってくれた。私も物好きなことをしたが、こんな寂しい山奥によく、とあらためて感じた。いつにもまして、老若男女、多様な職業の人たちが、全国から来てくれている。時代は激しく変化していると見るのか、何も変わっていないとするのか、いずれにしろ日本だけではなく、世界中が行く末の不安定さに襲われていることは確かである。観客の人たちの舞台への反応からも、その感じは伝わってくる。
 今年は、私の活動にもまだまだなすべきことがある、という励ましをもらったようで有り難い。
 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010