新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

November,23,2011

11月23日 ヤッテミタイ

 ここ2ヶ月ばかり夜遅くに料理をしている。手の込んだものではない。カレー、スパゲッティ、オートミールの類いである。しかし、毎日やっているうちに少し凝りだして、ヘンナものが仕上がるようになった。例えば、オートミールに牛乳だけではなく、貝柱、ザーサイ、醤油を加えて煮込んだりするようになった。こう書くと食べたことのない人は、不思議な取り合わせのゲテモノのように思うだろうが、私の創る舞台と同じのこのゴッタ煮、それなりに上手くいって評判がいい。殊に外国人には珍味らしい。注文が多い。
 私の劇団は、朝10時30分から夕方の5時30分まで全員の公式稽古。6時の夕食後は俳優個人による自主稽古、スルカ、シナイカ、は個人にまかされている。しかし実際に生活しているのは山の中、冬は寒い、春や夏と違って戸外でのんびりと楽しむ所はない。疲れて宿舎で寝たり本を読んだり、勉強する人も稀にはいるが、殆どの俳優が数箇所の劇場や稽古場でそれぞれに稽古をしている。
 長時間の稽古をすることだけが良いわけではない、夜の10時ぐらいには終わりにしろ、と言ってあるのだが、深夜の12時を過ぎても自主稽古をしている俳優がいる。せっかく熱心に稽古をしているのだから、止めろと言うわけにもいかず、私は稽古が終わるのを待っていることになる。何故かと言えば、この利賀村の施設の多くは、私の劇団が専用施設として借りているとはいえ、所有者は公共団体、いつ誰が何処を使用し、いつ施錠して施設を退去したのか、私に必ず報告するしきたりにしてある。リーダーの責務としては仕方がない。
 しかし正直なところ、夕食から最後の報告がくるまでの時間が長い。自分の勉強もないわけではないが、退屈もする。そこで思いついたのが、夜遅くまで稽古をしている俳優のための食事の用意だったのである。しかしこれは必ずしも、俳優への親切心としての行為として始めたと思っているわけではない。
 暗黒舞踏の創始者、故土方巽と二人だけで食事をしたことがある。座卓を挟んで座ったところで、私は彼に言った。少し太ったね。彼はこんな答えを返してきたのである。これはユルンダンダヨ、スズキサン。しばらく前に、若い弟子の一人が深刻な顔をしてやって来て、先生の許を去りたいと言う。いろんな理屈を言った後での別れぎわに、先生には即席ラーメンしか食わせてもらえなかった、と言ったんだけどね。イヤー、傷ついちゃったんだよ、その時。ソレデ、ナニガワルイ、と即座に言えなかったんだから、心身ともユルンダンダヨ。過激な舞台を踊る土方とは思えない意表をつく言葉であった。
 この土方巽の発言を聞いたとき、私はもう一人の人物の言葉を思い出していた。それは明治大正昭和と歌舞伎界の第一人者として活躍した、六代目菊五郎の著作「芸」の一節である。
 毎日毎日団十郎が前へ座って見ている、私は仕方がなく一生懸命に踊って、幸いによく出来た日は団十郎も喜んでくれて、「今日はよく覚えたな、いつもこの呼吸でやるのだ」といわれるので、自然覚えなければならなくなる教え方で、しかもよく出来た日には団十郎と同じ御馳走が出るのですが、出来が悪いと第一に口を利かないばかりか、団十郎のお膳には鯛の刺身がついていても、私たちの方はお惣菜だけのこともあったので、これは僻目かも知れませんけれど、矢っ張り鯛の刺身が付けてもらいたいために勉強をしたものです。それで踊がうまく出来て、一週間刺身が続いて嬉しいと思っていると、あとの十日がまたお惣菜に逆戻りなどという、そんなことも修行の一つであったように思われます。
 ここまではっきりとした差別が出来るのは羨ましい、ヤッテミタイかぎり。しかし最近になって、私のはまったく逆だということに気がついた。私も稽古場ではダメな俳優を怒鳴りつける。もう少し自分でケイコヲシテコイ! そう言われた俳優は、夜遅くまで稽古をする。当然のことである。しかしそうすると私は結局、ダメな俳優が良くなるのを待ちながら、食事の用意をしていたことになる。団十郎とは反対のことをしていたわけである。
 民主主義教育とやらに毒されて、私も完全にユルンダのかもしれないが、イマサラ変更も出来ない。時代も時代である。俳優も声をかけてくれるのを待ち望んでいるフンイキもある。稽古の後に腹が減っていても、何も食えなかった若い頃のわびしい記憶も、蘇ったりしてもくるのである。これはダメな俳優が、私の期待に応えて良くなろうとしている努力に報いる当然の行為である、などと屁理屈をつけては、夜遅くに俳優と食事をし、自主稽古の感想などを聞いて結構オイシク退屈を紛らわしている。自分の楽しみのためにしてもいるのである。
 こんな光景を土方巽が眺めたら、即座に言うかもしれない。スズキサン、アンタモ、トシヲトッタネェー。そうしたらロシアが生んだ世界的な演出家、スタニスラフスキーの言葉でも借りる以外にはないかもしれない。演出家は俳優の捨て石である。
 

一覧へ

November,14,2011

11月14日 難題

 私の俳優訓練の方法については、いろいろな意見を目にする。褒められてもコソバユイものがあるが、批判的なものには、吹き出したくなるようなものもある。私の訓練を生半可に知った日本の演劇関係者のものに多い。
 私の訓練は歌舞伎や能あるいはクラシック・バレエのように、形を習得することによって演技の上達を図るものではない。個人の身体能力(音声を含めた)の可能性、その充全な発現のためにある。そのために、身体の内部の不自由、あるいは不完全燃焼として感じられるものの原因を究明するものである。だから訓練は、まず個人の特殊性としての欠陥の可視化、あるいは可触化から始まる。呼吸や重心のコントロール能力の欠陥、エネルギー燃焼の少なさ、非効率という欠陥などである。外国の演劇人がこれを、CTスキャンや血液検査による診断に譬える所以である。
 欠陥、これを目的への障害としてもよいが、それとどう向き合い、どう乗り越えるのか、その方法の発見、そこに個人の能力の独自性、いわゆる才能の発露を見ている。だから、訓練の過程で欠陥を露呈させるのは当然で、むしろそれを促進するのが、初心者へのこの訓練の目的になっていると言ってもよいぐらいである。そのことをして、私の訓練を批判的に見なす人たちがいるが、本末転倒である。欠陥は解決すべき課題として、故意に顕在化させたものなのだから。見えてきた欠陥を生み出した事態、見えない身体内部にある原因を感受する能力を発達させるのが、私の訓練の要である。
 しばらく前、American Theatreというアメリカの演劇雑誌に、女優エレン・ローレンが私の訓練についての一文を寄稿している。彼女は私の舞台のいくつかの主役を演じているだけではなく、ニューヨークのジュリアード音楽院やコロンビア大学で、私の訓練を長いこと教えてきた。彼女の文章の一節を引用する。
 「この訓練に組み込まれている身体への様々な試みは、舞台上に存在するときに必要な、日常とは異なった精神的・身体的な状態を創造するために作られている。よくムーブメントのクラスと誤解されることがあるが、この訓練はもっと複雑な論理を持っている。動き<ムーブメント>は、動かない状態における感覚を創造するためにある。鈴木はよく、俳優を回転する独楽<こま>に譬える。独楽は最速で回転するとき、もっとも冷静に静止しているように見える。
 訓練をすることによって見えてくる問題は、単純に俳優自身の内にある問題である。訓練は俳優自身が抱えている問題を明らかにする。問題をどう乗り越えるかは、俳優個人が発見するものである。自分自身の問題は成長するにつれて変わってくるので、自らの状態を測る客観的な基準を持つことは大変に重要なことである。確実なのは、問題がなくなることは決してない、ただ変わるということである。」
 作業仮説<working hypothesis>としての私の訓練の一面を、見事に言い表してくれている。
 見えない身体感覚をいかに可視的・可触的にし、それを共有することができるか、集団作業としての舞台芸術に課せられた最大の難題である。スタニスラフスキーも世阿弥も、この難題に精魂を費やしたともいえる。スタニスラフスキーの「俳優修業」、世阿弥の「花鏡」には、その難題に挑戦した痕跡がよく残されている。
 見えないものを、どこまで見たとして、他人に伝え説得力を発揮できるのか、その言葉をどうやって獲得するのか、演劇にかかわる者には、その力量がいつも問われている。

一覧へ

November,07,2011

11月7日 ジャパコン

 もうそろそろ、フィリピンやベトナムへ募集をかけた方がいい。日本人を相手にしていたら、食っていけないですよ、チュウサン。劇作家のつかこうへいが私に言った言葉である。日本人の役者は逃げ出すに決まっている、安い報酬を払ってでも日本人以外の人たちの方が、私の演劇に熱心に取り組むというのである。韓国が祖国の、つかこうへいらしい日本人への皮肉である。
 亡きつかこうへいは若い頃、毎日のように私の稽古を見に来た。私は戯曲の稽古をする前に、役者たちに日課の身体と声の訓練をしてもらう。スズキ・トレーニングと言われているものだが、それに立ち会った後の言である。
 こんな厳しい訓練はもう日本人には向かない、長続きしない、よっぽど金を出せばベツですけど、と彼は続ける。私も内心はそう思っていないわけではない。しかし、貧乏劇団、金を出せるわけがない、むしろ貰いたいぐらいである。それにいくら日本の若者が、金と生活の便利さに飼い馴らされたとは言っても、それだけで人生に満足しているはずもなかろう。艱難辛苦汝を玉にす、などと言うつもりはないが、少しは厳しさを求める若者もいるはずだ、という想いもあった。
 昔イギリスで危険な南極探検の隊員の募集をした。そのときの広告にワザと、報酬は少額、命も帰還も保証なし、という一文を入れたら沢山の人が来たそうだぞ。
 それは英雄になれるからですよ、チュウサンの訓練をしたって誰も英雄になれるなんて思いません。アングロサクソンは英雄志向ですからね。この訓練をしたからって、テレビや商業演劇のスターになれる訳でもなし、タダ、ツライだけ。
 しかし、アメリカでは俺の訓練はそれなりに受け入れられている。それはアメリカの若者がベトナム戦争でベトコン<南ベトナム解放民族戦線>と戦うときに、少しは役に立つかなと思ったんですよ。雨季のジャングルを移動して戦うのはツライですから。私の訓練は演劇とは関係がないというような顔をしている。懐かしい会話である。最後に私は言った。ジャパコンというのはもうないのかな。日本解放民族戦線の意味ではない。日本の根性という意味である。クダラナイ駄洒落であった。
 この会話は40年も前のことだが、今でもおかしい。それだけではなく、日本人社会の一面を突いてはいる。相撲界を見れば一目瞭然、上位の力士は殆ど外国人である。宗教界だって同じようなものらしい。正座や座禅がイヤで、寺の跡継ぎがなかなか見つからないという。仏門への入門者を増やすために、楽に座れる椅子を考案した宗派があるとか。ともかく日本人は、身体的にツライことを避けたい、そうできるのだったら、初期の目的を変更したり、先人の知恵の蓄積を軽視してもかまわない、というほどになってしまった。
 宵・暁の声をつかひ、心中に願力を起こして、一期の堺ここなりと、生涯にかけて能を捨てぬより外は、稽古あるべからず。世阿弥の「風姿花伝」の一節である。
 こういう気合で、まだ私と行を共にしてくれる役者たちが、この日本に存在することを感謝せねばなるまい。いついかなる理由でか、挫折が訪れる世界を生きるのであるから。世阿弥にしたって、一度は能役者を辞めたいという心にならなかったら、こんな文章を書くこともなかっただろう。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010