新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

October,29,2012

10月29日 挑戦

 いよいよ年末恒例の吉祥寺シアター公演の稽古に入る。今年は最新作「シンデレラ」と数年前に静岡県舞台芸術センターで初演した、三島由紀夫の「サド侯爵夫人」の2作品を上演するつもりでいた。両作品とも今までに、東京地域の公演はしていない。  
 この2作品の内容は対照的だが、物語の展開の中心を担うのは両方とも西洋の貴族一家、しかも親子の諍いのそれである。もっとも一方は、破産寸前の貧乏男爵家の娘たち、他方は名家に嫁いだ、金持ちの母親を持つ侯爵家夫人が主役という違いがある。それだけではなく、そこで語られる戯曲の言葉も対照的、現代的なユーモアに満ちた言葉による会話と、今や誰も書いたり口にしないような、いささか古めかしい比喩に彩られた文学的な対話が、それぞれの作品の特徴を形作っている。むろん、私がすでに演出した実際の舞台も、リアリズム的な喜劇風の演技とギリシャ悲劇を扱うときに私が採用する語り調の演技といった具合に、全く異なったものにしている。
 だからしばらく前までは、この戯曲作品の内容のみならず、演出・演技が極端なコントラストを示す舞台を見てもらうのも、SCOTという劇団の幅の広さと力量を、観客の方々に理解してもらえるのではないかと思い、これらの舞台を日替わりで公演するつもりになっていたのである。しかし、だんだんと稽古が近づくにつれて、私固有の職業病とでも言うべき根性が疼きだしたのである。一度やってしまったことを、ただ再現するなんてツマラナイ、それに稽古場でもタイクツスル。
 吉祥寺シアターというのは、私にとってはそれほど慣れ親しんだ空間ではない。だからこそこの劇場では、そこに似合った新しい演出でやるべきだ、これまでの演出を変更してでもそれに挑戦すべき、こういう想いというか野心というべきものが、稽古初めになったら、ムズムズと湧き起こってしまったのである。
 この気持ちを、私の舞台をよく見ている何人かの人たちに話したら、やはり反対された。昔の舞台は素晴らしかった、もう一度アレを見たいよ。もちろん、私も愛着がない訳ではない。しかし、私は決心してしまった。昔の演出は野球投手や相撲の力士の技に譬えれば、直球や四つ相撲のもの。それは私の得意技だと、世間の人は見なしているが、その舞台は、静岡県舞台芸術センターや利賀村の劇場で見ていただいているのだから、今回はカーブやドロップを多用した変化球や、すくい投げや蹴手繰りのような動きの素早い、相手の意表を突くような技でいくかと決心したのである。
 その結果が、奇妙なタイトルの「シンデレラからサド侯爵夫人へ」の舞台になった。この二つの戯曲を、同じ舞台で次々に稽古するところを、見せようということになったのである。シンデレラの基調音楽はフランスのシャンソン歌手アダモのもの、装置は洋風である。サド侯爵夫人のそれは、日本の流行歌手美空ひばりのもの、装置は戯曲の指定とは違い、フランス風ではなく和洋折衷風である。これが一幕の内に共存する。
 この冒険、果たして上手くまとまるものかどうか、正直のところ、私も不安を抱えながらの稽古の毎日である。しかし、不安との戦いが無いところに、未来は無い。未来などとは、イイトシヲシテ、大袈裟なと思われる方もいるだろうが、この不安との戦いがなければいつの間にか、ボケテ、ユルンダ老人になるのが、私の職業のツライトコロなのである。
 吉祥寺の公演を見た観客が、コレハ、デキソコナイダ! ボケテイル! という感想を持ったとしたら、私の引退の日も近づいたと、その準備をしなければならないかもしれない。

一覧へ

October,24,2012

10月24日 斉藤郁子のこと

 長い軍靴を履き、軍刀を持つ幾人かを含む髭面の男たち24人が、三段に並んでいる写真がある。場所は旅順、1904年<明治37年>12月20日、日本陸軍第三軍司令部の建物の前である。1904年12月といえば、日露戦争の渦中である。この写真は当時の文部省発行の教科書にも掲載された。
 この写真の前列中央には東郷平八郎海軍元帥、乃木希典陸軍大将、二段目の列には司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」で広く知られるようになった、連合艦隊参謀の秋山真之海軍中将、支那駐屯軍司令官を務めた、斉藤季治郎陸軍中将の姿も見える。この写真は、203高地でロシア軍に勝利した乃木大将の第三軍司令部を、同じく日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に勝利する海軍の幹部が、お祝いのために訪れた時のものだという。日本軍隊創設期の陸海軍の実戦部隊の幹部が、一堂に会している感のある写真である。
 日露戦争は日本国家が欧米列強に抗して、世界の歴史に近代的な国民国家として力強く登場した、輝かしい記念碑的瞬間であるとする人たちもいるが、実態は日本の韓国植民地化と中国侵略への道を開いた戦争でもある。日本は1910年に韓国を併合している。韓国への植民地支配は、その後35年間も続くのである。
 斉藤季治郎は、一般の人には馴染みのない人物だが、この人が私の長年の同志であり、シアター・オリンピックスや日中韓の演劇人によって創設された、BeSeTo演劇祭の事務局長を務め、外国の多くの演劇人から慕われた、斉藤郁子の祖父である。
 私がこの事実を知ったのは、そう遠い昔ではない。彼女の両親がこの世を去り、その遺品を整理していた頃である。その遺品の中には、彼女の祖父宛ての、伊藤博文や乃木希典の直筆の書簡もあった。これらの書簡は、国立国会図書館に寄贈したようである。
 彼女と私は50年以上に渡って、共に仕事をしてきた。私の国際面での充実した仕事は、彼女の存在がなければ有り得なかったと、今でも感謝の気持ちで一杯だが、自分の家系の話は、彼女の口からは長いあいだ聞いたことがなかった。あるとき偶然、この写真を見せられ、彼女が軍人一家の出自だと知ったのである。その時は、祖父の陸軍中将昇進の時の記念写真、海軍航空隊に所属していたことのある父親の写真も同時に見ている。
 まもなく発刊される彼女の回顧録とも言うべき、長時間インタビューの冊子に、私はこれらの写真を、彼女の幼い頃の写真と共に掲載したらと勧めたことがある。その時彼女がキッパリと、それを断った時の言葉は今でも思い出す。あんなに親しく、共同事業を推進してくれている韓国や中国の人たちに申し訳がないし、恥ずかしい。
 歴史に残る仕事をしたい、これは彼女の口癖であった。この歴史に残る仕事、彼女にとってそれが何であったのか、親族の写真を見、彼女の言葉を聞いた時に、私は納得したのだった。彼女にとっての歴史的な仕事とは、彼女の祖父や父親が生きた、日本人による国民国家形成の近代の歴史とは逆の、異質な人たちによって構成される国家を認めつつ、そこに住む人たちとの、新しい人間関係の歴史を創ることだったということを。そのために彼女は、権力と富の集中する東京を捨てることを厭わず、両親や家族と疎遠になることも覚悟し、利賀村という僻地の住民になり、文化による国際的な共同事業を成立させる仕事を意識的に選んだのだ。
 彼女を偲ぶ会には韓国、中国、台湾からも、これまでに縁のあった、演劇人や文化団体の代表が参集する。領土をめぐって、これらの国との政治的な紛争が激化している現在、孤独な志を秘めて、身命を賭けるように従事した利賀村での彼女の事業が、確実に結実されつつあるように思え、私としては感無量である。

一覧へ

October,16,2012

10月16日 タヌキ話し

 イケメンヤネー、村の主婦の一人が嬉しそうに言った。斉藤郁子の病気見舞いの帰りがけ、彼女が死ぬまで愛していたタヌキを見てのことである。このタヌキが現れたのは3月の初め、まだ地表に雪が1メートルも積もっている頃である。一目で子供のタヌキと分かる。身体は痩せて小さく、私と初めて目があった時は、雪の上で小さく唸り声を出しながら震えていた。餌を求めて必死に人家に近づいて来たといった感じ。それが今は堂々とした顔付きで、実に賢そうな眼をして、ニンゲンを怯えもせず見つめる。
 斉藤はよく口にしていた。これは狼か犬の血が混じっているのではないかしら。たしかに首筋から口先までの身体の線はスラッとして凛々しい顔付き。それに毛の模様も美しい。SCOTの外国人俳優が言った。ショウペンハウエルのようだな。ヘーゲルと競い合ったドイツの哲学者である。日本人劇団員の殆どはショウペンハウエルの顔など知っているはずもない。私は大笑いをしたが、身体が不自由になってから、斉藤は毎日ベッドに座って、このショウペンハウエルを眺め、スケッチをしていた。そして、時として口ごもる。いつも動いているから、絵にするのが難しいのよね。ソウ、タシカニ! ショウペンハウエルの考えていることも絵にするのは難しい。
 彼女の病室のベッドの手摺には、このタヌキの写真が張り付けられていた。たしかにこのタヌキは、丸顔で腹の出た体型、食い意地の張った、汚く強い体臭をもつ動物のイメージを変更するように迫っている。彼女は死ぬまで、この知的な顔をしたタヌキと一緒だった。
 太宰治の短編小説に「カチカチ山」というのがある。兎と狸の話である。太宰の狸のイメージは、狸の人間に好かれないとされる面を、人間にまで転移させ、我々の狸に対する先入観を増幅させている。
 助平の上に、また、食ひ意地がきたないつたらありやしない。
 見のがしてくれよ。おれは、腹がへつてゐるんだ。まつたく、いまのおれのこの心苦しさが、お前にわかつてもらへたらなあ。
 傍へ寄つて来ちや駄目だつて言つたら。くさいぢやないの。もつとあつちへ離れてよ。あなたは、とかげを食べたんだつてね。私は聞いたわよ。それから、ああ可笑しい。ウンコも食べたんだつてね。
 まさか。まさかねえ。
 これが兎と狸の会話である。太宰によれば兎は少女、狸は中年の醜男だそうである。そしてこの狸は兎に恋し、兎の甘言に乗せられたばかりではなく、泥船にも乗せられ、あえなく山中湖に水没するという、まことに愚かで悲しい結末を迎えるのである。
 斉藤が亡くなってから、私はタヌキのショウペンハウエルが愛しく、つい餌を多めにやってしまう。そのためフックラとした体型になってきた。すこし斉藤に申し訳なく感じる。しかしそのことで、顔付きまで変わったわけではない。相変わらず目つきは哲学者。11月3日の斉藤郁子を偲ぶ会までには、彼女が愛した体型に、何とか戻しておかなければと思う。
 参会者がナンダ、フツウノタヌキではないかと、このタヌキの素晴らしさに気づかないとしたら、私が穴にでも入らなければいけないかもしれない。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010