新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

November,24,2012

11月24日 やくざ

  私は前回のブログで、<精神のやくざ>という言葉遣いをした。やくざとは通常、役に立たないもの、まともでないこと、その状態を形容して使われる言葉である。物事がうまくない、悪い様を表す否定語である。しかし今ではこの言葉は、人間そのものを意味するように使われることが多い。博打打ちや暴力団員、要するにやくざ者、法に背いたり犯したりして生きている人間を意味する。
 世間一般を成り立たせているルール、これを心の内では認めず、むしろそのルールを破ってでも、自分固有のルールで生きたいとする人、それが芸術家というものだと、三島由紀夫は「サド侯爵夫人」の主人公の口を借りて主張している。要するに、心に於けるやくざだというのである。実際のサド侯爵や三島由紀夫は、心の内でのルール破りだけでは満足せず、行動でもやくざ者を実践した。そこがこの二人を特異な存在にしている理由だが、その真意を丁寧に解説して見せたのが、「サド侯爵夫人」という作品である。
 若い時には痴漢で変態、年をとったら粗大ゴミ、こういう男の本性にも、この世間を成り立たせるために必要な、立派な精神上の存在理由がある、これをムキになって主張する、それもフィクションとして創りだされた女の言説として主張するところが、三島由紀夫らしい真面目さである。その理屈は傾聴に値しない訳ではないが、心身ともにやくざ者たらんとした人間にとって、この理屈はスコシ、ムナシカッタネ、チカラガ、ハイリスギチャッタネ、とこっそり声をかけて、励ましたくなるようなところもある。やくざは、そんなに喋らなくても、と思うのである。
 宗教学者の山折哲雄に「美空ひばりと日本人」という著作がある。この本の中で彼は、人間の魅力は、知性と羞じらいを含んだ謙虚<含羞性>、それに一発勝負をあてこむ大胆な冒険根性<ヤクザ性>のバランスにあるとして、次のように書く。
 知性だけの人間に魅力がないように、含羞性だけの人間には個性が感じられない。しかしそこにひとたびヤクザ性という酵母を投入し、知性と含羞性を撹拌するとき、突然そこに溌剌たる人間像が浮かびあがってくるのである。
 三島由紀夫の喜びそうな一文である。そしてさらに彼は、ヤクザ性とは、冒険、度胸、男らしさ、反常識、在野性などの価値観と結びつく言葉であり、日本人がヤクザという観念に伝統的に託してきた夢のようなイメージであり、この観念が今日ほど軽視され忘れ去られている時代もない、と言うのである。
 私もこの見解には賛成だが、さりとて現在の日本に、こんな観念にとり憑かれて行動を起こす人間がいたら、チョット、カンベンシテクダサイ、である。身近な感覚で言えば、石原慎太郎の言動にたいするそれに近い。彼は現在まさしく、このヤクザ性の観念を錦の旗にして、政界に再び殴り込みをかけようとしているようにみえる。ソノ、ココロイキヤ、ヨシ、としても、ある時から権力に身を寄せて、80歳まで生き延びた人間が、再び精神のやくざたらんとして振る舞うと、いかにズレタ、タンカを切ることになるか、寂しい感じもするのである。
 支那(中国)になめられ、米国のめかけで甘んじてきた日本を、美しいしたたかな国に仕立て直さなければ、死んでも死にきれない(日本経済新聞2012年11月22日朝刊)。
 支那だとか、めかけだとか、美しいだとか、したたかだとか、こういう言葉に、今だ実態を付与しようと檄を飛ばす石原慎太郎に触れると、三島由紀夫の真面目さを懐かしく思い出すのである。そしてつくづく、若くして自ら死んでくれて良かったと思える。
 オセッカイだとは思うが、橋下徹もやさしく言ってみたらどうだろう。オジイチャン、もう役者になった方が良かったのに、舞台ではもっと過激に、タンカが切れるもん、とでも。 

一覧へ

November,22,2012

11月22日 昭和時代

 第二次大戦終了後の翌年、東京タイムズという新聞が創刊された。今はない。そこに私のブログの標題と同じようなコラムがあったようである。「見たり聞いたりためしたり」というのだが、昭和25年<1950年>、そこに次のような文章が掲載された。
 やり切れなくなった。消えてなくなれとどなりたくなった。吐きたくなった。いったいあれは何なのだ。怪物・バケモノのたぐいだ。<中略>ボクの小さい時に九段の祭りの熊娘、クモ男、ろくろ首などというものがあった。<中略>あれとどれだけの違いがあるというのだ。
 筆者は詩人のサトウハチロー。何とも激しい生理的な反応だが、この反応を引き起こした対象が、子供の頃の美空ひばりだというから驚く。それだけではなく、これが新聞の記事だということにも。憎悪を煽るような人間蔑視の差別的な言辞である。
 他人に対するこういう横柄で自己肯定的な攻撃性、これには相手が誰であろうと敵意を感じ、非難されている方に連帯したくなるから不思議。これは期せずして週刊朝日が示した、橋下徹大阪市長に対する、品位のない醜い攻撃感情を思い出させる。週刊朝日の見出しには、「奴の本性」という言葉が大きく踊っており、あろうことか過去の出自までも暴く。ジツニ、イヤナ感じ。
 私も過去に、これと似たような経験をしている。美空ひばりへの非難ほどひどくはないが、鶴屋南北や泉鏡花やベケットの作品の断片を繋ぎ合わせて構成した舞台を発表した時には、週刊誌でゲテモノ呼ばわりされ、先輩の演劇人たちからも激しく叩かれた。むろん私の試みを理解し、支持してくれた人たちもいた。若い時だったから少数の人たちだとはいえ、積極的な評価を与えてくれる人がいると、かえって戦闘的になれる。私の性分によるのかも知れないが、支持者というものは有り難いものだった。
 美空ひばりも橋下徹も、ともかくそれなりの支持者を前提にしてデビューしている。そこには彼女や彼に、人生を生きるときの慰めや励まし、それを与えて欲しいという人間の期待があるだろう。そういう人たちへの敬意と配慮は、少なくとも発言の前提になければならない。人権侵害までして中傷罵倒するぐらいなら、まずその支持者たちの心情をも想定して、攻撃否定するような一戦を交えるのが、マズマズの筋であると私は思う。ただ当人個人を差別し、排除しようとするような論を展開するのは邪な道である。
 今回の私の舞台、「シンデレラからサド侯爵夫人へ」の後半、三島由紀夫のテクストを使用している部分では、美空ひばりの音楽を多用してみた。そしてあらためて、彼女の歌手としての力量に感心するのである。そこにはただ歌が上手いとか、声が良いとかという範疇を越えた、流行歌に人生のすべてを賭けて生きた、精神の迫力が響いている。たしかに怪物・バケモノである。しかし、それは表現者への最高の誉め言葉に転化している。その彼女の気迫が、同じくバケモノの一種、三島由紀夫が自らの存在根拠を確認しようとした知的な理屈に奥行きをもたせ、現代日本人の緩んだ感受性との距離を、際立たせる役割をしてくれている。
 両人とも若くして死んだが、同じ昭和時代を生きた私にとっては、人生の退屈を紛らしてくれる興味シンシンの存在だった。むろん困った人たちだという思いもあってのことだが、自分の欲望の在りかをはっきりとさせ、その欲望に殉ずるように、「精神のやくざ」をイキガッテ生きてみせた日本的見本のように思え、親しみを感じてはいたのである。故意に孤立と狂気を熱演した三島由紀夫、大衆の欲望と心情にどっぷりと身を浸し、そのシンボルとして殉死する覚悟をした美空ひばり、この二人が共存し相和す舞台を創ること、それが可能かどうかが、今回の演出作業の眼目であった。
 結果としては、今まで何処にもなかったような舞台が出来上がったと思う。だから観客の中には拒絶反応や、その不思議さに不可解な感じを覚える方もいるかもしれないが、昭和を代表する二人の人物の本質は、そのことによって逆に、舞台からより良く感受できるようになったのではないかと感じている。と言うより、昭和という激動の時代とその渦中を生きた人たちの、独特な感受性や心構えのあり方の一端が、浮き彫りになったと言った方がよいかもしれない。 

一覧へ

November,10,2012

11月10日 感謝

 斉藤郁子を偲ぶ会が終わった。11月3日に劇団SCOTの本部、彼女の事務所が置かれていた通称<スタジオ>で行った。本来は図書館として建設されたものである。
 この建物は、富山県の財界やカリフォルニア大学などの寄付金で建設したものである。カリフォルニア大学が一時期、私が理事長を務めた国際舞台芸術研究所との共同事業として、サマースクールを開設していたことがある。カリフォルニア大学の学生が、利賀村民の家に2週間ほど滞在し、日本について学ぶ事業だった。その計画から実現に至るまでの経緯は、彼女の死の直前になされた回想のインタビュー、<斉藤郁子 SCOTの軌跡を語る>という冊子に、私も知らなかった苦労と共に楽しく語られている。
 偲ぶ会は昼夜の二回に分けて行った。合わせて、約140人の人たちが参集してくれ、盛会でなによりだった。これで来年の夏の追悼公演まで、彼女を偲ぶ催しはないが、喜んでもらえたのではないかと思う。告別式と違い、この会は殆ど富山県以外の人たちに案内を出したのだが、わずか2時間の催しのために、この遠い山奥までよく、これだけ多くの人たちが来てくれたと、会が終わって一人になった時には、ナンダカ、シミジミ、今までの人生に無かった、初めての感慨を味わった。いずれは来るべきものだと思ってはいても、実際にそれが起こってみると、親族の死とはまた違った寂しさがある。同志と言うものの有り難さと重みが、改めて身にしみてくるのである。
 彼女の入院から偲ぶ会までの間、劇団員も結束して事にあたってくれた。病院での昼夜に渡る付き添い、葬儀の準備から片付け、偲ぶ会の環境作りと参会者への接待など、演劇活動とは掛け離れたことも、よく分担し機転を利かせて処理してくれた。経験の深浅はあれ、僻地の山奥に同志として集まり、永年に渡り苦労を共にしてきた集団というものの存在と、その力の蓄積を噛みしめている。
 一昨日から、激しい雨が降り続いている。見事だった紅葉も終わり、これから雪が降り積もるまでが、利賀の景色をいちばん淋しく感じる時である。
 来月には武蔵野市の吉祥寺シアターでの公演がある。深く奥行きのある舞台を作り、我々の公演を待ってくれている人たちに喜んでもらうことが、斉藤の死や利賀の淋しさを、我々の生きている人生の豊かさの証しとして示す事ができることなのだと、劇団員と共に稽古を再び始めたところである。
 最後になってしまったが、斉藤郁子の死にあたってご厚情を示して戴いた方々に、たいへん励まされ、感謝していることをお伝えしたい。 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010