新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

January,26,2013

1月26日 外人部隊

 雪が風に舞いながら猛烈に吹きまくる。しばらく小康状態が続いたのに、昨夜の天気予報では北陸地方は今日一日で70センチの積雪になるとか。屋根から滑り落ちて積み重なる雪を計算に入れれば、家の周囲は2メートル以上を越える積雪になるはず。この天候は5日ぐらいは続くらしい。毎日の雪との格闘の準備、朝起きた劇団員が、どこの施設の除雪にすぐ赴くかの作戦を立てる。油圧式ショベルカー、手動式除雪車、スノッパー、等の配置も決める。 
 インターナショナルSCOT=国際外人部隊は雪に慣れていない人たちが多い。デンマーク、リトアニア、ソウルは、寒さにおいては利賀に勝るが、こういう激しい雪の経験は無いらしい。上海から参加している俳優は、雪など見たことがないと興奮している。アメリカからの参加俳優は、直前までアルゼンチンで仕事をしていた。アルゼンチンの現在の季節は夏、急激な環境の変化にいささか戸惑っている。
 外人部隊はレストラン・ボルカノで昼食をした後、裏山の裾野に聳える合掌造りの劇場=旧山房での稽古をすることになっている。レストランからは曲がりくねった坂道を300メートル、雪に足を取られながら歩かなければならない。というより雪に嵌まった足を絶えず引き抜きながらの行進。視界は殆どきかない。到着までにはいつもと違って、結構な時間がかかる。劇場への出立前、皆を集めて励ます。今日もなぜ稽古をするのか、そこに劇場があるからだ。フロンティア・スピリット、国際演劇戦士として頑張れ。天は君たちの精神力を試している。
 実はこれ、エベレストの登頂に挑戦した人が、質問に答えた時の言葉にアヤカッタもの。なぜあなたはエベレストに挑戦するのか、そこに山があるからだ。我が外人部隊も日本人劇団員の先導で盛り上がって出発して行った。稽古が終わって夜になれば、道の境界は分からなくなっているはず。遭難とまではいかないだろうが、崖にでも落ちて怪我をしたらと心配、地形についての記憶力があり、雪に経験豊かな劇団員を随行させた。
 この外人部隊が雪の中を遠ざかって行くのを見ながら、1930年にハリウッドで製作された「モロッコ」という映画を思い出した。私が生まれる前の作品である。外人部隊に所属する兵隊ゲイリー・クーパーと、旅芸人のマレーネ・ディートリッヒ、一時期の映画ファンを沸かせた美男美女が主演の映画。愛しあいながらもゲイリー・クーパーはその恋心を振りきり、新しい戦場へ赴くために砂漠を行進して行く。一度はこの恋を諦めかけたマレーネ・ディートリッヒは、突然その後を追いかけ始める、しかも途中でハイヒールを脱ぎ捨て、あの100万ドルの値打ちがあると言われた美しい脚を見せながら、裸足でジプシーの仲間と共にたくましく歩き、砂丘の陰にその姿を没し去る。風吹く砂漠の砂が画面一杯に残って幕。我が利賀村の外人部隊が雪の中を遠ざかり、徐々にその姿が降りしきる雪の中に消えていくのを見たら、この光景もフィクションかと、一瞬の錯覚に襲われたほどだった。
 それはさておき、映画「モロッコ」には気の利いたシャレタ会話の場面がある。ゲイリー・クーパー扮する外人部隊の兵隊が、フランスから流れてきた旅芸人、マレーネ・ディートリッヒの部屋を訪れる場面である。
 男は女に聞く。なぜモロッコに来たのか。女は男に言う。外人部隊に入った理由は聞かれた? 男は、聞かれても答えない、入隊した時に過去は捨てた、と答える。女はすかさず、女の外人部隊もある、軍服も旗も勲章もない、でも勇敢よ。おおよそ、こんな会話をする。
 そして二人は愛し始める。この時の二人の演技が、なかなかイキ、日本の俳優ではこの大人のシャレタ雰囲気は出せないと思わせられるもの。自由に生きる人間の強さのようなものを、自信ありげに感じさせてくれる。それに昔の俳優は、些細な仕草で魅力を振り撒くのが上手い。
 我が利賀村に集まった外人部隊はどうだろう。恐らく国籍も年齢も過去もバラバラだが、ソンナコトが集団の結束の障害になる人たちではない。それになによりも大事なこと、勇気は充分に兼ね備えているように見える。利賀の外人部隊が素晴らしい戦闘を展開して、成果をあげてくれることを期待している。

一覧へ

January,19,2013

1月19日 イライラ

 2週間ほど前に、朝食からの帰り道、道路で滑って後ろ向きに転んだ。毎朝早く除雪車が、道路の中央部分の雪はさらっていく。その上にうっすらと雪が積もる。毎日の除雪で雪はアスファルトに強く押し付けられ、その下はカチカチに硬く凍っている。
 いつもなら道路の端の、柔らかく雪が積もっている所を歩くのだが、携帯電話のベルが鳴り、夢中になって話しはじめ、思わず道路中央に出てしまった。油断である。見事に転倒、腰と後頭部を激しく道路に打ち付ける。携帯電話は遠くに飛んでいる。痛くてしばらくそのまま、なんとか起き上がり家までたどり着いたが、首が左側に曲がらない、足首も捻挫で歩くのもつらい。37年間で初めてのことである。何日か経ったら、今度は動きすぎたせいか腰が痛くなり、ゆっくりとしか歩けない。実にイライラする。
 道路で転倒し、脳内出血を起こしたり、腰の部分の骨を折ったり、普通の生活が出来なくなることもある、気をつけてください、履いている長靴も変えなければダメだ、と村の人が言う。早速に滑りにくいスパイク付きの長靴を買ってきてくれる。老人扱いしやがって、と内心で意気がって見せるのだが、実際に歩行も困難では、この言葉を口に出すわけにもいかず、素早い対応に素直に感謝する以外にはない。
 油圧式ショベルカーや除雪車を使っての作業が好きで、その仕事の最中に転倒したり、川に落ちたりして、シヌコトモアリカ、などと考えることもあるのだが今回、滑り倒れて初めて、この死に方もあるかもしれないと思う。起き上がれないまま、雪に埋もれて凍死、しかしそれも、病院で身体にいくつもチューブを差し込まれながら死ぬよりも良いかも、などと勝手な思いに耽る。
 東京にも雪が降り、5センチも積もったようである。大勢の人が滑って転び、怪我人が続出とか。おまけに高速道路は通行止めやら大渋滞。自然に弱い都会の光景がテレビのニュースで放映され続ける。
 安倍政権は公共事業の予算を補正で増額するようだが、高速道路のような物事を便利にする事ばかりに金を費やすのではなく、将来の生活に対するリスキーな物事を洗いだし、それへの対策に予算措置をすることも大切だろう。当面は無駄だと思えることにも対処してみること、その一つに、東京の雪害対策などはどうか。いずれ40センチ、50センチの雪が降り積もったらと仮定して、その場合の東京はどうなるのか。雪の処理ができず完全麻痺か。そんなことはあり得ないし、不謹慎だと言う人もいるだろうが、利賀村に居るとこういう想像もしたくなる。
 日本人はコトが起こってから慌てる習性がついてしまった。東日本大震災だけではない、尖閣や竹島の問題でも同じようなものだ。試しに一度ぐらい、東京に大雪が降ってもらうのも良いかもしれない。大地震の時の停電騒動以上に、大変な事態になるような気もする。停電と違って人も車も移動が困難になる。大雪の連続によって東京が機能不全を起こし、ついに首都を移転せざるをえなくなることも、想定できないことはないのである。国会でも首都機能の移転については、ずいぶんと前から話し合いがなされているようだが、らちが明かない。東京一極集中の弊害を是正するのも自然まかせになるか。
 ともかく、自然をナメテハイケナイ。気候の大変動が起こり、太平洋側と日本海側の天候状態が入れ替わる時が来ることもあるかもしれないのである。身体の調子が良くないと、こんな妄想まで湧いてくる。早くいつものように、歩けることを願うのである。 

一覧へ

January,11,2013

1月11日 こじんまり

 日本の総理大臣も、最近はこじんまりとしてきましたね。流暢な日本語でズバリ。そうですね、と即座に相槌を打って後は沈黙。他にどんな答え方があるというのか。相槌のついでに、日本国民がこじんまりとしてしまいましたからね、と言ったら当たり前すぎて両者ともにシラケルだろう。
 ここ数年の日本は、一年毎に総理大臣が無責任な入れ替り方をしてきたのだから、こう言われても仕方がない。その総理大臣経験者が再び二人も登場し、総理と副総理をしている。確かに奇妙な光景である。いつの頃からか日本の政界は、与党も野党も人事のどんぶり勘定、離合集散に明け暮れるようになった。韓国は初の女性大統領、オマケニ美人。これでは勢いがつくかもしれないなどと、馬鹿な想いが湧いてきてオカシイ。外国人を前にして、どうして日本はこんなにも、人材が払底してきたのか不思議ですよ、などと嘆くのもワザトラシイ。
 正月の5日までを利賀村で過ごし、6日から韓国へ行き、旧知の人たちと会食をした時のことである。発言の主は呂石基さん、1986年に「トロイアの女」で初めての韓国公演が実現したのも、この人が政府系財団の要職にあった当時、物心両面で応援してくれたからである。それ以来の付き合いで、東京だけではなく静岡にも利賀村にも、何度も私の舞台を観にきてくれている。91歳の高齢ながら、今だ頭脳明晰、旧制の東京大学を卒業し、高麗大学の英語英文学教授や韓国文化芸術振興院長なども歴任、シェイクスピア学者としても高名な韓国文化界の長老である。現在は三部からなる回想録を執筆中とのこと。スズキさんのことも出てきますよ、と言われて嬉しい気持ちになる。
 新年早々に韓国へ行ったのは、日韓合同制作による「リア王」の打ち合わせのためである。今年の秋にまずソウルで、年の暮れには日本で公演する、そのための経済的な役割分担、おおよその配役、例えば女性の役はすべて韓国の女優で演じることなどを決めた。この打ち合わせの席には、李明博政権初期に3年間も文化体育観光部長官を務めた柳仁村さんも同席していた。日本と韓国は領土や歴史認識の問題で、政治的な緊張関係にある、今だからこの企画は貴重、強力に推し進めるべきであると、私と彼の意見が一致。出席者の中からは、いっそ中国の俳優も一緒にという声もあったが、私には私なりの中国との関係もあり、この企画は二国間でスッキリトということで落ち着く。
 利賀村へは9日に帰り、翌日は劇場や宿舎周辺の雪かきと室内の大掃除。いよいよ12日からは忙しくなる。今年から利賀で持続的に活動を開始する外国人劇団、インターナショナルSCOTとでもいうべきグループの稽古が始まる。中国、韓国、アメリカ、イタリア、デンマーク、リトアニアから10人ほどが参集する。20代から40代後半、それぞれの国で既にそれなりの活躍をしている人たちである。もちろん、全員が私の演劇観を理解し、演技の訓練も習得している優秀な演劇人、私としては利賀の活動をさらに発展させるための心強い援軍、同志が増えたことになり喜んでいる。世界的にも公演活動をするつもりだが、まずは今年の夏に利賀で、初めての舞台作品を披露する。演目はフランスの劇作家イヨネスコの「禿の女歌手」、演出はイタリアのミラノを拠点に活動しているマティア・セバスティアンである。
 またそれだけではなく、富山県の演劇志望の中学生のために、演技の身体訓練の教室を開くことにしたら、この雪の中を利賀村以外の地域から十数名の参加者があって驚いている。この教室は一週間に2回、土日に開くだけだが、3月まで続く。来年にはこの子供たちとSCOTの俳優で、舞台作品を創ることになっているが、これも初めての試み。この企画も大きく発展し、いずれは子供たちだけで面白い舞台作品を創れないかと考えている。
 日本人中心、外国人中心、子供中心、この三種類の人たちによる稽古と舞台の本番が、利賀村で同時に行われたら、どんなに楽しいだろう。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010