新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

October,26,2013

10月26日 集団の衰退

 1980年代の初め、演劇に関する小さな辞典が刊行された。少し気になって、本屋で立ち読み、鈴木忠志の項を引く。ナント!演劇を過疎対策に使った第一人者と書いてあるではないか。<使った>とはオソレイッタが、私は冗談半分に、ツブヤク。これは逆だ、過疎対策を演劇に使った第一人者と言うべきではないか。人口減に苦労していた当時の村長には、申し訳ないような冗談ではあった。
 この時代、日本海側から太平洋側への人口の大移動が起こる。特に関東平野への集中が激しく、日本の国土の均衡ある発展を願う人たちは、山村部の地域振興の必要性を叫んでいた。当時、秋田県などは年間5,000人もの人口が流出、だから私が東京を離れ、活動の拠点を利賀村へ移したことを、地域活性化の掛け声に呼応した行動だと思ってしまったのだろう。人生も演劇も生半可に生きている執筆者ではある。地域振興ならマダシモ、過疎対策のために演劇活動をするとは、チョット、サビシイではないか。筆者よ!もう少し、マジメニ、ヤッテクレーである。
 今夏のSCOTサマー・シーズンでの恒例のトーク、私の活動を<村おこし>に結び付ける発言があったので、私はすかさず、<村おこし>なんてやってませんよ、私は<日本の国おこし>をやってるんです、と咄嗟に強く答える。このリキミ、演劇辞典から受けたショックの後遺症が残っていたのかも。
 むろん私は、過疎対策に協力しなかったわけではない。村長と共に補助金の獲得のために陳情に行ったり、村民人口の増加に少しでも貢献できたらと、劇団員の多くと共に、村に住民票を移した。実際のところ今でも、私は南砺市利賀村民である。しかしこれは、世話になっている村人への連帯感の表明、生活世界の義理人情から発した行為で、私の演劇活動の精神とは直接には関係のない事柄である。
 このトークの最後にこんな質問が出た。劇団とは何だろう?単純で素朴な質問のように見えるが、これは現在の日本の演劇状況を語る時に、必要で本質的な問いである。私はおおよそ次のように答えた。
 劇団とは一定の社会認識を共有した人たちが、社会制度の変革や、人間の意識変革のために同志として結束し、演劇活動をその手段とした集団である。1960年代までの演劇界の特徴としては、突出した一人のリーダーの理念や思想に賛同した人たちが集まって、劇団は結成されている。単なる演劇愛好家の集団ではない。この点では集団の目的は鮮明であり、政治党派や宗教教団と似たような結束の仕方をしていた。しかし近年では、こういう劇団は日本に殆ど存在しなくなった。集団自体の形成原理が変質してしまっている。現在の日本の多くの劇団には、変革への理念と、それに基づいた闘争戦略を見いだすことができない。だから、社会的な文脈で見れば、その存在意義は限りなく薄い。
 演劇評論家協会が発行するシアターアーツという雑誌がある。その最新号の巻頭に、編集長の次のような一文が掲載された。
 「今どき宗教と言うと、何やら怪しげな集団に思われがちだが、観客との対話の中で鈴木が語った言葉が、今回の観劇無料化に至った背景を説明していた。鈴木によれば、利賀村でのSCOTの活動は演劇活動ではなく社会活動であり、その活動のひとつとして演劇公演をやっている。そもそも劇団というものは、ひとつの理念の元に同じ志をもつ者が集まって、その理念を実現するための手段として演劇をする集団だ――。
 劇団というものがアプリオリに芝居をする集団というイメージでいた私は、虚を突かれた思いがした。ここには社会と芸術の変革を目指した60年代演劇の熱が、マグマのようにくすぶっているのではないか」
 私の発言を率直に受け取ってもらえたことは本望だが、演劇評論家協会の発刊する雑誌の巻頭に、今頃こんな感想が登場することにむしろ私は驚く。私の方が虚を突かれる思いである。東京を中心とした日本の演劇界の混迷と活力の衰退は、私の推測以上にひどいのかもしれない。
 むろん、明確な社会像への理念と具体的な戦略・戦術を提示できる集団、そしてそれを果敢に実行できる、結束力のある集団がなくなってきたのは、演劇界だけのことではない。政治や宗教の世界でも同じであろう。

一覧へ

October,15,2013

10月15日 蘇った時代

 久しぶりに村の運動会の後の宴会に出る。開宴には少し遅れたが、元村長や元村会議長などの座る席に案内され酒を酌み交わす。100人ほどの人たちがいくつかに分散したテーブルを囲んで酒を吞み、鉄板で焼いた野菜や肉を食べながら懇談している。ざっと見渡すと殆ど私より年長の人ばかり。顔見知りでない人たちもいたので尋ねると、今年になって赴任してきた小中学校の校長先生や、森林組合の仕事で村外から働きに来ている人たちだと聞かされる。
 元村長も元議長も私より年上だから老けてはきたが、元気そうに見えて安心。この二人は相変わらず酒が強いのに驚く。前立腺の手術をした、耳が遠くなった、糖尿病だとか言いながらも活発に喋り盛んに吞む。これぞ利賀村、さすが利賀人とヘンニ感心してしまう。
 久しぶりだったためか、入れ替わり立ち代わり村人が私に酒を注ぎに来る。断るわけにもいかず、少し口をつけてはそれ以上吞むのはカンベンしてもらう。現在の私は酒を多量に吞める身体状態にはないから、この利賀村の宴会にはケイカイ、ケイカイと自分に言い聞かせる。お酌攻勢に対応し過ぎて二日酔いになり、稽古ができなかった記憶も蘇る。
 しばらくして、10曲ほどの歌謡曲の歌詞が書かれた一枚の紙が全員に配られる。「青い山脈」「東京音頭」、美空ひばりの初期の曲「港町十三番地」から「憧れのハワイ航路」「ああ上野駅」まである。いつの時代に戻ったかとクラクラするものばかり。「ああ上野駅」の歌詞を書き出してみる。
 「どこかに故郷の香りを乗せて、入る列車のなつかしさ、上野はおいらの心の駅だ、くじけちゃならない人生が、あの日のここから始まった」青森生まれの寺山修司だったら、この歌詞をダシにして、日本の近代化の問題点や若者の人生についてのヒトクサリでも捻り出すだろうが、私はこの当時の上野駅には何の思い出も感慨もないから、今はタダ、ワラウダケの言葉になってしまう。
 コレハ、イッタイ、ナンナンダ。そう思いながら書かれている歌詞を読んでいると、派手な衣装を着て、帽子を被ったり傘をさした男女8人、オジサンとオバサンばかりが現れ、カネ、タイコ、トランペットなどで歌舞伎の登場人物に材をとった「お富さん」の曲を吹き鳴らし練り歩き出した。ようやく解る。チンドン屋の演奏にあわせて歌い、宴会を盛り上げるために配られた歌謡曲の歌詞だったのである。78歳の元村長は紙を見ながら、この歌は残らず歌えると言い、立ち上がって「銀座の恋の物語」を村の主婦の一人と腕を組んで歌う。
 この光景を眺めていると、中学校の音楽の先生を退職し、現在は4人の孫の世話に忙しい旧知の女性に誘われる。スズキ、センセイ、「港町十三番地」イッショニ、ウタイマセン? 「長い旅路の航海終えて、船が港に泊まる夜、海の苦労をグラスの酒に、みんな忘れるマドロス酒場、ああ港町十三番地」私も今や74歳、いくら美空ひばりに興味を持った一時期があるとはいえ、この歌詞を女性と共に人前で歌う気にはなれない。
 しかし、ここに集められた流行歌の歌詞の殆どが、賑やかな場所に関係しているのは面白い。東京、上野、銀座、横浜、ハワイ、具体的な言葉は出てはいないが、「お富さん」は歌舞伎座とすることはできる。日本が高度経済成長する以前、田舎の貧しさの彼方、ここではない何処か、都会に楽しくロマンのある人生が存在するとする心情をかき立てるものである。別の言葉で言えば、東京一極集中を潜在的に準備した頃の歌だと言ってもよいかもしれない。
 ここにはこれらの歌の後にヒットした、東京を遠く離れた場所の歌曲、例えば「長崎は今日も雨だった」の南の淋しさや、「襟裳岬」「津軽海峡冬景色」などの北の悲しさや暗い心情を歌うものがないのである。むろんこの宴会が、これらの歌が歌われるに相応しい場でないことは言うまでもない。私は森進一の歌う「襟裳岬」を、1978年に岩波ホールが制作した舞台、エウリピデスの「バッコスの信女」を演出した時の幕切れに使っている。歌詞は次のようである。
 「北の街ではもう、悲しみを暖炉で、燃やしはじめてるらしい、理由<ワケ>のわからないことで、悩んでいるうち、老いぼれてしまうから、黙りとおした歳月を、ひろい集めて暖めあおう、襟裳の春は、何もない春です」
 この歌は100万枚の売上を記録し今でこそ、この歌の歌碑が建っているが発売直後には、えりも町から作詞家のもとに、襟裳の春は何もない春とはナニゴトカ! と抗議がなされたと言われている。
 私より年長の村人たちが朗らかに歌うのに接し、日本社会の来し方を顧みさせられ、流行歌にも親しんでおいて良かったと改めて思った。 

一覧へ

October,03,2013

10月3日 別天地

 BeSeTo演劇祭20周年記念の日韓2カ国語による「リア王」の公演が終った。今年のSCOTの利賀村での公演活動はこれまでである。これからの予定は、ソウル国際舞台芸術祭、静岡県舞台芸術センター、吉祥寺シアターと続く。劇団員は後片付けと、5日に出発する韓国公演の準備に忙しい。
 今年の利賀村は中国と韓国からの訪問者が多かった。演劇人だけではなく、大学の経営者や学者、それに政治家もいた。私の舞台だけではなく、この利賀村の施設と運営のすばらしさが、中韓両国にかなり浸透したことを実感できて嬉しい。韓国にも中国にも、似たような施設を作るから、提携して活動をしたいと提案される。
 昨年は北京の中央戯劇学院、ソウルの中央大学との教育事業の共同計画が進んだが、今年は演劇専門家の共同事業の話が多い。来年は上海で中国人俳優だけによる「シンデレラ」の公演、私の俳優訓練方法をめぐっての国際会議の開催などが決まる。それだけではなく、来年の秋に北京で開催されるシアター・オリンピックスの詳細が、来村していた国際委員たちに中国の委員から報告され、11月にはシアター・オリンピックスの国際委員会が北京で開かれる。記者発表も行われることになったようである。
 韓国の元文化体育観光部長官で現在は国会議員でもあるチョン・ビョングッさんは、出身地の加平郡に演劇村を実現したいと演劇人と建築家を伴い、芸術公園の劇場群と付属施設を視察にきた。この計画はかなり具体化しているらしい。
 私が利賀村へ来た初期の頃は、日本の演劇人やジャーナリズムに、SCOTは新興宗教の団体になったとか、革命のための軍事訓練をするのかと揶揄された。今やそんなこともなくなってきたが、それでも未だに中傷はないわけではない。初期の頃に理解されなかった記憶が強かったためか、利賀村での活動の理念と志しを、中韓両国の人たちがよく理解してくれるので、ホッと嬉しくなるところが奇妙な感じ。
 この利賀村の活動の運営面での成果はまったく、昨年この世を去った斉藤郁子の執念と情熱の賜物なのだが、長年にわたって彼女とBeSeTo演劇祭を運営面で支えてくれた、中国戯劇家協会の李華芸さんから、鈴木さんの長征は毛沢東のように成功しましたけれど、斉藤さんは鈴木さんの犠牲になりましたね、と流暢な日本語で言われてスコシ、マイッタ。イヤミやカラカイで言ったことではないことは分かっている。いつぞや私と斉藤の仕事の関係が羨ましい、と言ってくれた人である。
 犠牲とは大きな目的に身命を捧げて、他人のために尽くすことも意味するから良いが、それでもギセイという言葉はチョット、テイセイシテクレナイカナ、とは思ったが口にはしなかった。しかし、この言葉をワザト矮小化して、斉藤が私のためにムリヲシテ、身を滅ぼしたかのように受け取る愚かな日本の演劇人もいるに違いない。
 この言葉の後で李華芸さんは、斉藤さんの思いを継いで、中国演劇界はこの利賀村の在り方を勉強しながら、存分に利用させてもらいます、と言ってくれた。中国の若い劇作家をここに合宿させ勉強させたい、というサッソクノ提案もいただいた。斉藤の祖父は若い頃に、清国の軍隊の大学校長を3年間も務めていたから、この言葉を実際に聞いたら、どんなに喜んだかと想う。
 日本と中国、それに韓国、よりによってこの両国とは政治的な緊張状態に突入している。新聞報道だけを見れば、中国と日本は今にも戦争が起こっても不思議はない、と中国人は感じるほどの時もあるらしい。そのことを思うと、この利賀村で起こっていることは別天地のデキゴトカモ、これも文化芸術に携わったアリガタサカ、と今更のように感じる。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010