新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

December,29,2013

12月29日 「信じる」

 「信じる」という言葉は肯定的な精神活動、それも積極的な精神に支えられた行動を意味する語感を備えていた。信じる対象がある人も、信じられる立場になった人も、生き生きとしていて、人生をガンバッテいるハッピーな人たちであった。
 しかしある時から、信じることは傷つくことであり、みじめな人生を送る原因にもなると、信じなければいけないかのようになった。一時期の大衆が好んだ流行歌の中には、それが良く示されている。特に女性は、信じたことに裏切られ、忍び泣いたりため息をついたりしだした。そして男はいつも、信じた女を裏切り、不幸にする人間になってしまったのである。
 実際のところ、1979年にヒットした流行歌「夢追い酒」では、女は信じたことを反省までしだしていた。「死ぬまで一緒と信じてた、わたし馬鹿です馬鹿でした、あなたなぜなぜ、わたしを捨てた」
 しかし1970年代の初頭ぐらいまでは、まだ信じることを信じたい、という執念のようなものは残っていた。宮史郎とぴんからトリオが歌って大ヒットした「女のねがい」などでは「だまされ続けて生きるより、信じることを忘れてみたい、涙のかれた女でも、一度でいいから泣かないで、愛のすべてをつかみたい」と堂々と歌われていたのである。こんなことをもし、ジット目を見つめながら言われたら、私のような気の弱い男は卒倒するか、ソソクサと逃げ出す以外にはないほどのものである。
 この歌詞の論理性の無さ、男尊女卑社会の男が反動的に想う女心、そのあまりの露骨さには、楽しく笑えるところもあった。この歌をカラオケバーなどで、中年のオジサンがノメリコムように歌っている姿は、日本男子栄光の末路のようで、グロテスクではあるが、一抹の淋しさと共にホホエマシイ感じもしたのである。そのためか、私はこの演歌の歌詞、しかも三番の歌詞だけは覚えていた。それが突然、蘇ったのである。安倍首相が靖国神社を参拝したからである。
 この演歌の歌詞を見つめていると、不思議なことに気づく。どうやらこの女は、男に騙されることが多かったらしいが、まだ諦めない。その心理状態のうちで自問をする、信じることを忘れてみたいと。しかし、愛のすべてはつかみたい。なにがなんだか解らないのだが、それが男の妄想する女の願いとして大ヒットした。
 私は初めてこの歌を聴いたときには、信じるのではなく、男を信じたのではないか、と思っていたのだが、これはアサハカ。特定の男を信じて裏切られたという過去の個人的な事実を、忘れたいと言っているのではなかった。人類普遍で歴史的にも価値あるものとされる、「信じる」という精神的な行為を忘れたい、忘れてみたいと言っていたのである。
 少し前のことだが、アメリカ政府による外国の政府首脳への盗聴行為が話題になったことがある。EUの首脳個人の携帯電話まで盗聴されていた。日本は国が監視対象として、経済、外交、技術の情報を盗まれていたらしい。この事実が公然化したとき、日本の防衛省の大臣はこう言った。そのような報道は信じたくない。
 これは実に日本的であった。大事な問題は、報道を信じるか信じないかではない。アメリカの行為が事実かどうかなのである。当然、アメリカがそんなことをするとは信じたくない、すぐにアメリカにコトの真偽を問い合わせてみる、と言うべきもの。それが報道を信じたくないとは気楽なもの、そこまでアメリカに気を遣うかと笑えた。
 最近、靖国神社を参拝した安倍首相の行為が話題である。政治家としての信念の行動だと称賛する人もいるし、国家間の軋轢を殊更に引き起こす愚かな行為だと批判する人もいる。いずれは、その当否を時が明らかにしてくれるとは思うが、安倍首相個人は、信じたことを行動に移したと満足顔をしていた。
 政治家になった以上は、責任をキチンとしてくれるなら、信じたことはドンドン朗らかに実行してくれるのは結構なことだが、ソコガ、ソレ、日本人はあまりにも政治家に騙されつづけてきた。
 安倍首相の父親はかつて、ある自民党の議員が国会での野党の質問に、政治家はウソを言っても良いと答えたら、ソレハ、ダメダ、政治家は必ずしも、ホントウ、のことを言わなくても良いと言うべきだと、議員に忠告したと記憶している。ウソはダメだが、ダマスのは良いとも受けとれる名言=迷言である。
 安倍首相の就任以後の大向こうをうならせようとする言動も、父親のこの名言を踏襲している感じがしないでもないが、ともかく来年は、ぴんからトリオが歌ったあのナサケナイ演歌の心境に、国民をオチコマセナイように願うのである。日本人はまだ、だまされ続けて生きるより、信じることを忘れてみたい、とは誰も政治家に言いたくはないと思っていると、私は信じたい。
 もし国民が、安倍首相を信じたことではなく、「信じる」という精神的な価値ある行為までをも、もはや忘れたい、肯定的に信じたくないという心境になったら、日本の政治はますます漂流し、日本という国は沈没していく以外にはないのである。安倍内閣お得意の、道徳の再生など笑いごと、人間関係の絆としての国民道徳の消滅、国家の崩壊である。いくら金銭を抱え込んでも、それだけで人間は元気にはなれないのである。
 信念のように見える言動も、他人を騙すための、もっとも有効な演技=ウソになりうることもある。このことを、自戒しながら行動してくれることを安倍首相には望むのである。
 今年も残りわずかになった。政治家への不信感が、さらに多くの国民に浸透したのではないかと思える年であった。来年は、スコシハ、マシ、になることを期待したい。 

一覧へ

December,20,2013

12月20日 自らを知れ

 ギリシャ中部コリントス湾を望むパルナッソス山麓に、デルフォイという町がある。激しい断崖に沿って展開する小さな町だが、アポロンの神殿や古代競技場の遺跡があり、古代ギリシャの聖地、現在は世界遺産に指定されている。1985年、私はこの古代競技場で「トロイアの女」を上演した。それが縁で1986年、利賀村はデルフォイと姉妹都市になった。
 このデルフォイのアポロンの神殿には、あの有名な格言「汝自らを知れ」という言葉が刻まれていたと言われている。他人のことよりも、自分のことをよくわきまえろ、ということらしいが、ソクラテスはこれを、自分の分限を心得て、精神を冷静に鍛え、身の振る舞い方の倫理を確立することだと解し、多くの人々にこの言葉を愛させることになった。
 今更、こんな言葉を思い出し、世を憂うるのは、イササカ恥ずかしいのだが、最近のテレビや新聞を見たり読んだりすると、間断なくこの言葉が浮かんできて、まるで学生時代の青臭い哲学青年に戻ったような気分になる。特に東京都知事と自民党幹事長の顔や発言に触れると、イタタマレナク、こちらの居所がなくなるほど。
 ウツロな表情でしどろもどろに前言を翻す顔や、旧共産圏やファシストのリーダーかと思わせるほどのイイキナ発言と、ヒトヲクッタような顔、古代のギリシャ人は偉かったと改めて感心する。この日本人リーダーの精神的抑制のないモラルとニブサは、いつ頃から、どのように起こり出したのか。この現象はどうやって乗り越えられるのか、日本の政治史に詳しい人にでも教えてもらいたいものである。
 安倍内閣は外交や安全保障のための、国家安全保障戦略を策定したそうである。これから激動が予想される国際情勢、そういう環境においても、我々が住む日本が安全であるための方策を模索する必要性を、否定する人はいないだろう。日本の安全は、軍事力の強化による防衛力によって担保される。国家の存立は、他国からの侵略や脅威に対抗する意思と能力があることを、軍事力によって外国に示すことによって保証される。この安倍内閣の基本認識と、それに基づいた具体的な方策については、これからの議論に期待しないわけではない。
 しかし、今の段階で不審に思うこともある。この国家安全保障戦略の文書に「我が国と郷土を愛する心を養う」という文言があるからである。この一文からは、日本には未だ郷土があり、これからも存続することを前提にしているかのような印象を与えられる。と言うより、この懐かしい響きをもつ言葉が、いかめしい行動計画を口当たり良くするために、添え物のように気楽に使われている気がするのである。
 私の了解では、国家と郷土とは異なる。郷土とは民族の原郷、身近になじんだ動植物が共生する自然のある土地であり、祖先が生活し、同胞が相互扶助の精神に基づいて築いた、歴史を持つ共同体の存在する土地のことである。この多様な郷土を、国民意識統合のため経済成長を最優先の価値観にし、都会への人口集中と、地方への公共事業の財源のばらまき政策によって、国土を画一化し消失させたのが自民党政治である。その結果、郷土という言葉自体は、もはや死語に近くなったとしか思えない。東京や大阪のような大都会が、日本人の郷土だと言いなすのなら話は別である。
 実際のところ、日本には限界集落と呼称される、年齢65歳以上の人たちが人口の半数を越える地域が無数に出現した。そしてその地域は、ただ滅びゆくのを待つだけなのが現実である。どこに愛さなければならない郷土などというものがあるというのか。日本の国土の57%は人口の過疎地である。荒れ果てたその地域には、日本の全人口の10%にも満たない人々が住んでいるに過ぎない。
 この国土の現状を顧みるならば、郷土を愛する心を養うなどとは、どういう根拠から発想されているのか、不思議としか言いようがない。この発言は政治の本来として、逆ではないのか。郷土が存在し、それを愛する心があるからこそ、他国の侵略や脅威の可能性には、あらゆる努力を尽くして同胞の安全を守ろうとするのではないのか。軍事力を増強し、戦闘能力を高めるためだけに、在りもしない郷土を愛する心を養えとの、カケゴエをかける。これもやはり、ニンゲンというものをナメタ態度のように思えて仕方がない。愛さなければならないのは、国家や郷土ではない。まず、そこに住む国民であり同胞である。郷土という言葉を使うなら、その再生に力を尽くすことが先決であろう。
 最近の東京都知事や自民党幹事長の言動を、安倍政権は国や郷土、あるいは国民や同胞を愛する心から発していると見なすのであろうか。まず、隗(かい)より始めよ、という言葉もあるのである。
 あらためて、アポロンの神殿に書かれていた言葉を、政治家に言いたい。「汝自らを知れ」 

一覧へ

December,11,2013

12月11日 オソマキナガラ

 いよいよ明日から吉祥寺シアターでの公演が始まる。今年は、「リア王」、新作である「瞼の母」、それに「シンデレラ」。ただし、「シンデレラ」は一般的な公演ではなく、若い演出家や制作者、これから演劇集団のリーダーになるような人たちに向けての企画であり、その一環として上演する。舞台稽古の過程から実際の公演までを見せ、疑問や感想を話してもらい、それを契機に私も私なりの演劇論を語る。そして、ディスカッションをする。今さらなんだかテレクサイところもあるが、随分と情熱的で知的な人たちが集まったらしいから、楽しみではある。ドンナコトニナルカ。
 私の演劇への考え方や俳優訓練方法の実際、あるいは舞台を創る過程に、身近に接する機会は日本ではないのか、とは言われてきた。たしかに外国の大学や劇団では、講義をし訓練をし演出もしたりしている。そのために世界各国では、スズキ演劇の体現者が活躍している。
 スズキ演劇は日本ではなく、アメリカやロシアや中国で生き残っていくことになったね、冗談半分に外国人にからかわれることも多い。実際アメリカでは、ジュリアード音楽院をはじめとして、幾つかの大学の演劇科が、私の訓練法を正規の教育授業に組み込んでいる。最近では中国の舞台芸術大学、中国国立中央戯劇学院、上海戯劇学院の二校が正式に教え始めた。利賀村に長期滞在し、私の訓練を見学したり、SCOTの舞台に実際に演技者として参加した先生や俳優が、指導にあたっている。
 日本にも俳優教育をしている大学や劇団は多く存在するが、私の訓練方法や演劇論を教えるように要請されたことはついぞない。よく噂で耳にするように、スズキ演劇に染まったら他では使い物にならない、というのが日本の演劇界一般の見方、彼らにとっては私の演劇は特殊そのもののようなのである。むろん私の方も日本の演劇人を、世界に稀に見る特殊な人たちだと見なしていたから、接点ができるはずもなかった。
 しかし最近になって、私の演劇観や舞台に、身近に触れてみたいという要望を寄せてくる若い演劇人の声が多くなってきた。時代の移りゆきを感じる。外国の大学や劇団に入ってみて、私のことを知らないことのマズサを感じる人たちも、チラホラ出てきたようである。
 私も正直なところ、いつまでも元気で活動できる保証のない年齢になってきた。まことにオソマキナガラ、なにか上手い機会に、若い演劇人への期待に応える機会がもてないものか、と考えていた矢先、東京都のアーツカウンシルが、吉祥寺シアターの公演の折りにでも、東京の若い演劇人のために演劇教室を開いてみたらどうか、と言ってくれたのである。有り難い勧めだった。こうした日本人への教育事業が、東京の演劇創造活動の環境の悪さに嫌気がさし、利賀村へ活動の本拠を移した私の、演劇人生最後の仕事の一つになるとは思いもよらなかった。
 最終日に2回の一般公演をするのは、演劇教室の関係者のためだけではなく、興味をもたれる一般の人たちにも参加していただいて、その雰囲気を体感してもらったらと、いくらかの席を用意したものである。
 演劇教室で上演する「シンデレラ」の内容は、シンデレラと呼ばれる孤独な少女が憧れ、自分を幸せにする王子などという結婚相手はいないと宣言するものである。そんなことを人生の目的に、ひとりの女性が生きるわけにはいかない。しかし、長年にわたって形作られてきた男性中心社会の価値観の中で、その考え方、想いはどんな摩擦を生むのか、その摩擦の中で生きる心の揺れを劇中劇として展開させたものである。
 この「シンデレラ」は、中国の若者たちにも共感を呼び、来年の春には中国人俳優によって上海で上演される予定である。親子で観劇できる児童劇を創ってみたいというのが、この作品を発想したキッカケだが、思わぬ拡がりに驚いている。
 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010