新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

January,29,2014

1月29日 続・或る男の一日

 何かユトリのある時間が欲しい、男はレストランの片隅に座ってコーヒーを飲む。外の風景を眺めながら、この平凡なのがイイノサ、内心で呟く。友人の若い男が入って来る。隣のテーブルに席をとり、最新のアイパッドに没入、男を完全に無視。外の景色も見ない。男は再び内心で呟く。モッタイナイネー、この冬景色をアメリカ、キャピタリズムの策謀の犠牲にするなんて。男は孤独とはこんなものか、とあらためて思う。
 突然、入り口に華やかな笑い声、若い男女が数人、賑やかに入って来る。そのハシャギカタ、どうやら日本人ではない。友人がチラッと顔を上げる。男は話しかける。
 ヨーロッパ、特に北欧系の人の肌は、やはり白いね、日照時間が少ないとソウナルノカナ。ソウカモネ、若い友人はソッケナイ。そういえば最近、アメリカ人にあまり白い人を見かけない。ヒスパニックや黒人、それにアジア人も多くなったからかな。
 だからアメリカ人のことは、ハクジンではなく、ガイジンと言うんですよ。ウルサソウに答え、再びキャピタリズムの策謀の渦中に埋没。男は孤独に帰る。そして思う。自分はハクジンでもないし、ガイジンでもない。
 萩原朔太郎の夜汽車の一節が心をヨギル。空気まくらの口金をゆるめて、そっと息をぬいてみる女ごころ、ふと二人、かなしさに身をすりよせ、しののめちかき汽車の窓より外をながむれば、ところもしらぬ山里に、さも白く咲きていたる、をだまきの花。
 駆け落ちする女もいない……。席を立った男に、会計の女がホホエミながら釣銭を渡す。男は不景気な気分で呟く、株価は上がってもな。ウエイトレスのホホエミも侘しい。
 凍てついた道がはるかに続く、その上に積もり始めた純白の雪、転ばぬように踏みしめながら家路につく。ヨーロッパは履きつくした靴底だ。男は考える。踵のあたりが斜めに擦り減っているのは、歩き方がクセッポカッタ。良い皮の靴だけど、いつまで履いているつもりかな。
 家につくと、靴底に付着した雪はシツコイ、剥がすのに時間を取られる。古い靴を後生大事と履き尽くすのもいいが、その先がない。若い男がアイパッドに夢中になるのも仕方がないか。ヤツの靴は安っぽいスポーツ用品、マルデ、靴のことなど気にしていない。軽薄な奴だ。玄関の框に腰を下ろして、大事にして履いてきた自分の革靴をしみじみと眺め、濡れた部分を丁寧に拭きとる。
 男は台所に行き、コーヒーをいれる。いつものように一人、食堂の椅子に座りホットする。そして、有名なヨーロッパ人の言葉を呟く。
 いずれにしろ、確かなことは、こうした状態では時間のたつのがまことに長く、したがって、われわれは暇をつぶすのに、一見合理的に見えるが、すでに習慣となっている挙動を行わざるをえない。それは、われわれの理性が、沈没するのを妨げるためだというかもしれない。それは確かに言うまでもない。しかし、すでに理性は、大海原の底深く、永劫の闇のうちをさまよっているのではなかろうか。

一覧へ

January,22,2014

1月22日 滑走路

 インターナショナルSCOTの稽古が始まった。今年はアラバールの「建築家とアッシリアの皇帝」を舞台化する。絶海の孤島に飛行機が墜落。一人生き残ったアッシリアの皇帝は、原住民の建築家と二人で、奇妙な演技遊びを延々と展開する。アラバールは、ベケットやイヨネスコと同時代に活躍した、フランス前衛劇作家の一人。アラバールはこの作品で、宗教により形成されたヨーロッパの伝統的な倫理観の欺瞞性を告発する。イタリア人マティア・セバスティアンの演出では、建築家と皇帝を、8人の俳優がトッカエ、ヒッカエ、演ずるようである。
 この舞台は、今夏のSCOTサマー・シーズンで上演する予定だが、2月15日、16日の両日、一回目の稽古の区切りとして、一般の人に公開する。
 今冬の利賀村は賑やか。インターナショナルSCOTの稽古に並行して、富山県の中学生と高校生による「シンデレラ」の稽古も行われている。来月になると、中国から北京の劇団が「マクベス」の稽古をするために3週間ほど滞在、更に昨年吉祥寺シアターで開いた、演劇教室の生徒と関係者25名が来村する。生徒といっても、実際に活動している演劇人、30歳前後の演出家や制作者たちである。東京の教室の続きで4日間、私の訓練や稽古を見学し、その後でいろいろと議論をする。
 昨年は若い東京の演劇人と触れあう機会が多かった。そして、日本の演劇環境が相変わらず劣悪で、変化していないことに驚かされる。私の若かった頃と、殆ど変わっていない。未だ日本には、職業としての演劇活動が成立していないこと、そのための専門的な高等教育も存在しないことを、改めて目の当たりにした。経験と知識の狭さ、物心両面に於ける余裕の欠如、これは彼らの履歴と現在の生活を知ると明らかである。専門の高等教育機関で、それなりの勉強をした人は少ない。また彼らの生活費は、演劇活動以外の職業から得ている。多くの時間が、演劇活動以外の仕事で消費されているのである。
 むろん私も、実際の演劇活動に従事する前に、演劇の専門教育を受けたわけではない。学生時代に演劇部に所属し、しばらくは気の合った仲間と別れるのが心残りで、ズルズルと活動をしていたといった具合である。当然のことながら、演劇活動によって生計を立てられるわけもなく、むしろアルバイトの収入を演劇活動のための資金にしていた。演劇活動だけによって、生活を維持することを望むのは、ほとんど不可能な時代、演劇界は就職の対象としては、存在していなかったのである。それが私を、利賀村を拠点に東京を経由しないで直接、海外の活動に赴かせた理由の一つである。
 その頃から50年が経っているのに、演劇を深く学び経験する場が、社会の変化に対応するように創られてはいない。旧態依然なのである。これは、何に起因しているのか。この点については、ヨーロッパのみならず、アジアの国の幾つかにも、日本は遅れをとっている。
 もちろん芸術的な才能は、必ずしも教育や経験の多さによって開花するわけではないし、優れた芸術家の生活が、経済的に豊かだったり安定するとも限らない。特に演劇人は小説家や作曲家のように、個人として出現してくるものではなく、集団という人間関係の役割の中で、その才能や個人の存在の独自性を示すものである。
 その集団が持続的に活動する場が、日本には殆ど制度的に確立されていないのだから、才能や能力や個性の有無が、社会的な場面で多くの人に評価・共有されにくいと言える。必然的に、金銭的にも恵まれることの出来にくい領域になってしまっている。若い時の私も、この社会的な制約を、自分が選んだ人生の前提として受け入れて、ボソボソト活動してはきたのである。
 教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に、残っているところのものである。アインシュタインの自信に満ちた言葉だが、これは知識を増やし、経験を積むために、贅沢に時間を消費した人でなければ言えないことである。新発見や新鮮な創造は、時間の滑走路を通過した末に訪れる。贅沢に消費できる時間と場の確保が、飛翔や閃きの前提であることは、科学者も芸術家も同じである。日本の演劇人に、こういう自信が身につくのは、いつのことになるのであろうか。
 この利賀村での時間が、日本の劣悪な演劇環境から、若い演劇人が少しでも飛翔する、滑走路の役割を担えたらと思っている。 

一覧へ

January,16,2014

1月16日 復活への期待

 昨年の12月28日の読売新聞の朝刊に、早稲田小劇場が復活という記事が掲載された。劇場があった空き地に早稲田大学が同名の小劇場を再建することを理事会で決定したというものである。
 早稲田小劇場とはSCOTの前身である劇団早稲田小劇場の専用劇場の名称であった。劇団名と劇場名は同じ、劇場は劇作家の別役実、制作者の斉藤郁子、俳優の蔦森皓祐など、当時の劇団員が建設資金を集め、大学に近い小さな喫茶店の二階部分に造ったもの。劇団が利賀村へ本拠地を移してしばらくしてから、建物と土地は早稲田大学の所有になった。
 早稲田小劇場の杮落としは1966年11月、別役実作の「マッチ売りの少女」、私の演出による公演である。別役はこの作品で岸田戯曲賞を受賞している。10年間、私はこの劇場を拠点に活動したが、その間に唐十郎の「少女仮面」、私の初期の代表作の一つと言われる「劇的なるものをめぐって」などを演出・上演している。「少女仮面」もこの劇場が初演だが、やはり岸田戯曲賞を受賞した。この劇場が造られた経緯と現在までの推移については、2012年3月のブログ「出会いの力」で触れている。
 昨年の8月、早稲田大学の鎌田薫総長から突然の電話があった。現在は駐車場として使われている劇場の跡地に、新しく劇場を建設したいが、その劇場の名称に早稲田小劇場の名前を冠してもよいか、というものであった。現在形では、もう二度と接することのない名前だと思っていたから、鎌田総長からの丁寧な申し出には驚き、かつ恐縮した。それだけではなく、今の時代の日本で、教育機関が新しく劇場を建設するということが可能だということに感動させられた。逆から言えば、それぐらい日本の演劇界の環境の貧しさと、その活動の社会的影響力の低下による、未来の喪失に失望していたのかもしれない。
 新しい劇場は正式には「早稲田小劇場どらま館」という名称になるようである。2014年5月に着工し、2015年2月に完成予定とのこと。
 早稲田大学の構内には、坪内逍遥の業績を記念して、1928年に創設された演劇博物館がある。建物といい、内容といい、素晴らしいものだが、実際の演劇を上演できる空間はなかった。この場所を訪れるたびに、そのことを残念に思ったものだが、小とはいえ演劇専用の劇場が出来るのだから、一体的な運用をすれば日本だけではなく、世界の演劇にも貢献できる活動ができるはずである。近頃は優れた演劇人の輩出は衰えているようだが、一時期の早稲田大学は、日本の演劇界を支えた中心的人物を輩出してきた。千田是也や森繁久弥、小沢昭一を初めとして、私の年代でも寺山修司、清水邦夫、佐藤信などがいる。
 新年の5日から1週間ほど、今年の5月に上海戯劇学院が制作する「シンデレラ」のオーディションに行き、いろいろな人たちに会った。学院の院長や書記はもちろんのこと、芸術団体の主宰者、芸術家や文化団体を支援する基金の責任者、ホテルや美術館や劇場の経営者、あるいは孫文の血を継ぐ大学教授などである。
 日中の政府レベルの文化交流はすべて中止するのが中国政府の方針とのこと。しかし民間の文化交流は、これからも活発にするし期待するとの文化相の公式発言があった故か、会う人ごとに新しい共同事業の計画が提案される。それらすべてに対応するようなことは、私の力量を越えているところがある。中国に長期に渡って滞在できれば別だが、利賀村の事業を将来に向かって、しっかりと定着させる難しい仕事を抱えている。中国の人たちの私への期待は有り難いが、それほど身軽でもないのである。
 多くの共同事業や交流の提案の中に、早稲田大学と演劇を中心とした交流をしたいと考えている、という上海戯劇学院院長の発言があった。院長は演劇博物館を訪れたこともあるという。読売新聞の早稲田小劇場復活の記事から、私を早稲田大学の関係者でもあると思ったのかもしれない。私の現在は、早稲田大学自体とは何ら関係がないから、それが実現すると良いですね、と答えておいた。
 しかしともあれ、早稲田小劇場復活が、日本の演劇界を刺激し、多くの人材を輩出することになるのを願わずにはいられない。
 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010