新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

April,29,2014

4月29日 遠い

 21日の夜に利賀村を出る。東京に泊まり、翌日22日の午後12時に成田空港を発つ。5時にモスクワに到着、8時からシャドリン夫妻、マイヤ・コバヒゼなどと夕食。時差は5時間あるから日本時間にすれば深夜の1時である。翌日の演出家リュビーモフの祝賀会の打ち合わせ。
 二人とは2001年にモスクワで開催されたシアター・オリンピックスから親しくなる。この二人の力でモスクワ開催が実現した。私の劇団とシアター・オリンピックスの事務局長をしていた、今は亡き斉藤郁子の良きカウンター・パートだった。シャドリンは当時、ロシアの国際演劇協会の専務理事、現在はプーチン大統領の文化政策委員をしている。マイヤ・コバヒゼは愛嬌豊かな女性、当時は文化映画庁の芸術局長だった。リュビーモフはシアター・オリンピックスのロシアを代表する国際委員である。
 翌日の12時から、私の人生よりも長い、リュビーモフの演劇生活80年、また、彼が創設したタガンカ劇場50周年を兼ねた祝賀会が始まる。残念なことに彼は病気入院中で出席していない。私は彼の戦闘的な精神にどれだけ励まされたか、感謝の言葉を短く述べた。その後しばらくは、ロシアのみならずフランスやイタリアからの出席者のスピーチを聞く。休憩時間にシアター・オリンピックスの委員長でギリシャの演出家テオドロス・テルゾプロスと、今年の11月に開催される北京のオリンピックスについて懇談。
 昼食後4時にモスクワ市内を出発、空港に向かい8時に離陸、リュビーモフとは二度と会うことはないだろう、機内で少しの寂しさを味わう。成田空港に翌日24日の10時過ぎに到着、すぐ羽田空港に移動し、午後1時の飛行機に乗り、利賀村へは3時半頃に帰る。こういう日程で外国へ行ったのは初めてである。ホテルと飛行機のなかでズット寝ていた印象。
 もうずいぶんと昔のことだが、利賀フェスティバルの初期に、ドイツのプロデューサーが自分が招待する私の舞台、「トロイアの女」を見ておかなければと、フランクフルトから利賀村に来たことがある。夕方の6時に着いて、8時から野外劇場で始まった舞台を観劇、翌日の6時に利賀村を発ち、ドイツに帰って行った。別れ際に彼は言った。ずっと飛行機に乗って、世界の果てにまで来たような気がした。
 利賀村はホントウニ遠い。私も体調の良くない時には、東京への往復でも、ソノヨウニ感じることがある。今回モスクワを往復してみて、ドイツのプロデューサーの言葉を実感をもって思い出した。しかし考えてみれば、この遠さをモノトモセズ、何度も私の舞台を見に来てくれる国内外の人たちがいるのである。
 利賀村へ帰ったその日の夜から再び、中国人俳優たちと上海公演「シンデレラ」の稽古を始めたが、今日あたりはヤハリ、少し疲れも出てきた。それがかえって、観客の人たちの決意と労苦に思いを誘い、私を改めて励ます感じである。そして、私の演劇人生はまだ60年弱なのに、リュビーモフの演劇人生にどこまで迫れるかなどと、バカなことを思ったりするから、オカシイ。

一覧へ

April,21,2014

4月21日 恐怖

 裁判員制度導入の故か、近ごろ被害者の家族が、加害者に極刑を科すように法廷や報道のインタビューで訴える姿を、よく見かけるようになった。感情的、情緒的なその発言と顔の表情をテレビの画面に大写しにされると、時として違和感を覚えることがある。個人としての復讐心や敵討ちの心情は、それなりに理解できるとしても、それが公的な場面に直接的肯定的に侵入してくると、加害者への復讐や仇討ちの心情を、共有することを強制されていると感じて、イヤナ気分にさせられる時もある。
 復讐や敵討ちの仕方は国家が決める、言い換えれば、制度として確立された法律と裁判、それを正確に運用する人たち、検察官なかんずく裁判官が決めるのが近代法の成立した社会のルールである。その裁判官の最終決定に、激しい疑義を述べるのは良いのだが、法の運用の決定=刑の確定以前に、被害者そのものではなく、その関係者に復讐の仕方、長期の拘留や加害者の生命の抹殺を主張されると、どうしても違和感を拭えない。
 こういう場面に接すると私は時々、妻を犯され殺された男が、自ら犯人を捜しその所在をつきとめ、証拠の品を携えて仇の家に乗り込んで復讐を果たす、アメリカの西部劇などを思い出すことがある。しかしこの場合の復讐は、復讐をする人も自分の生命を賭しての行動である。近ごろの流行の言葉で言えば、自己責任としての行動であるから、自分の方が非運の死を遂げることもある。自分の感情だけを正義の拠りどころに、第三者に復讐や敵討ちの行為を依頼しているわけではない。西部劇には一人の人間の生き方としてのロマンはあるが、しかしこれは、近代法に基づいて成立してきた社会の否定してきたところでもある。
 三上於莬吉に「雪之丞変化」という時代小説がある。昭和10年に新聞小説として発表された。子供の頃に長崎で、在らぬ罪を着せられて父親や家族を処刑された、女形の旅芸人中村雪之丞が、今や江戸で我が世の春を謳歌している仇、元長崎奉行とその一味をひとりひとり殺害していく復讐の物語りである。
 市川崑監督の映画では、すべての復讐を了えた主人公が、最後に風吹くススキが原に点描のように小さく消え去っていくのが印象的であった。その場面に、雪之丞のその後は誰も見たことがない、といったナレーションが流れたと記憶する。これもまさしく、近代社会が確立した法のルールを逸脱した個人の行動であり、それを寂しくも激しく美化した物語りではあった。
 最近その真相が身近になった殺人事件の裁判、結局は無実の罪で48年間も拘束され、いつでも死刑として殺すことができる、と国家権力の代行者たちに脅迫され続けた袴田死刑囚の人生に触れると、近代社会の根幹を形成する原理を、どう信じて良いのか衝撃を受ける。もし袴田さんが復讐を果たそうとしたら、その相手は警察官や検察官や裁判官として明確に浮上してくるからである。
 国家という人間集団を健全に維持するルール=法律、その最も公正な運用者であるべき、警察官、検察官、裁判官が、袴田さんに犯罪を犯している、事件をデッチ上げたり捏造する警察官や検察官、それを批判的な理性でチェックしない裁判官。法曹界という男が中心の仲間社会の弛緩や堕落が、実に良く読みとれると、他人事のように見過ごすことのできない恐怖を感じる。この罠にはまったら、自分はどう身を処すべきか迫ってくるのである。
 この人たちには、法曹界に生きる人間が身につけるべき基本の人間観、人間は不完全な存在であり、自分の利益目的や行為の正当化のためには、いくらでも邪悪な感情をも生きる可能性のある存在であるという認識、そういう自らをも含めた人間に対する謙虚さと公正さが、欠落していたように思える。
 報道によると、この袴田事件に関与した警察官、検察官、裁判官はすべて男、そして、それぞれの世界でそれなりの立身出世をしたという。こういうイイカゲンでイイキナ人たちの存在を知ると、何とも暗い情念が湧いてきて始末に困る。袴田さんに言ってあげたくなるのである。あなたには復讐や敵討ちは許されている、なんの遠慮もする必要はない、アメリカの西部劇や日本の時代劇はあなたのものだ。
 源平最後の決戦ともいうべき壇ノ浦の戦いで、源氏の軍に敗れ、平家一族の滅亡を目の当たりにした平知盛は<見るべき程のことをば見つ。今はただ自害せん>と言い、鎧二枚を着て海に飛び込む。敵の捕虜になる恥辱を避けるためである(文楽や歌舞伎では碇を担いで入水)。この行為によって知盛は、潔い日本の男の一人として、語り継がれてきた。
 法の正義に悖る決定を下した人たちに、死んでくれとまでは言わないが、正義を盾に他人を断罪する特権を持つ者は、少なくとも誤りの責任の所在は明確にし、身の振り方をすみやかに決する覚悟はしておいてもらいたい。それが権力を行使する人間の、国民に対する義務であり、礼節のある態度である。
 こういう裁判の結末に触れると、安倍首相や文科省が唱える道徳教育は、まず大人から始めるべきだとつくづく思う。袴田事件の推移を知れば知るほど、日本の法曹界、いや、近代国家としての日本の根幹部分は腐っている、と感じるからである。 

一覧へ

April,16,2014

4月16日 成れの果て

  珍しいことに、若い女優リサが新聞を読んでいる。朝日、読売、毎日、日経、東京、産経、次から次へと夢中の風情。何処で買ってきたのか、不思議なことが起こっている。それにしても、こんなに新聞があったとは。
 マオチャンの後はハルコチャンか、ホラ見て! リサが食堂のテーブルの上に朝日新聞と産経新聞を広げて見せる。そして言う。この扱いは異常だ。カワイイ美女にかかると革新も保守もないのも気に入らないらしい。
 産経新聞の社会面には、一面に続いて3枚の顔写真が横並び、写真の横下には、時折目に涙する、一方で主張はっきり、笑顔を見せる場面も、と解説文。そしてそれらの写真の上には、「自信と未熟さ 落涙」の大きな文字が躍っている。朝日新聞も一面トップに顔写真、そして社会面の記者会見の写真の上には、「情けない」時折涙、という見出し語が大きい。カワイイ美女の涙は強い。失敗があっても、報道はハリウッドのスター並に扱ってくれる。
 男優たちは群がって記事を読み出す。その背中に、立って腕を組んだリサの声。ナオキサンとヨシミサンの時とはオオチガイ。どうやらこの報道に関わったジャーナリズムと理化学研究所の男たちを憎んでいる様子。
 ナルホド、そういえばあの二人の男、東京都知事とみんなの党の党首がナサケナク見える。新聞記事の扱いは小さかった。それに、5,000万円を入れたカバンを出したり、何億もする熊手があると言ったり。その時の二人の言い訳と比べると、ハルコチャンのは内容はないが、幕間なしの堂々の2時間30分、その口調は支離滅裂でもない。だからと言ってこの写真の多さ、リサの言うことも一理はある。写真と記事の内容がツリアッテイナイ。
 アンタタチ、ケイセイという言葉を知ってる? 突然、リサが言う。美人の女郎や遊女のことだろう。男優の一人が応じる。ソウダヨ、それにイレコンダ男が、財産を使い果たして城を滅ぼす。だから城を傾ける<傾城>と書く。色香のある美女の論文に浮かれて、理化学研究所は傾いたね。リサの口調は週刊誌の見出しに接近。今や科学者はバカ殿様か。ヨホド腹に据えかねたのか、リサの口調には勢いがある。
 何しろ5年間で一億円ぐらいの研究費が、国からハルコチャンに支払われていたらしい。消費税が3%上がっても苦労のヤリクリ、トンデモナイヨ! 女優をバカにしやがって。傍らでこの光景を黙って眺めていた男優の一人が言う。
 それにしても、理化学研究所の男たち、とりわけ男の上司たちは、何故ハルコチャンにこんな演技をさせておくのか。割烹着を着たり。ダマレ、シレモノ<痴者>! オマエハ女優デハナイ、と一喝する男が一人ぐらいは居てもよさそうなのにね。
 近ごろの男は気が弱いくせに助平、エネルギーのある女に、そんなことを言える男は、マズ、イナイネ。男に対する偏見と独断にみちているこの意見。一人の男優が意を決してこの会話に加わる。男たちが弱くて助平なことを、一概に否定はしないけれど、それでこんなことが起こったのではなくて、ハルコチャンが若くて、美しくて、優秀だから、女性を神秘的に美化する気持ちがあって、むしろ、ロマンチックに盛り上がったからではないのだろうか。
 リサはますます気に入らない。アンタ、ウブネ、助平で弱い男が身のほど知らずにロマンチックになるから、美人の若い女にナメラレルノサ。男性中心社会の成れの果ての現象。女に依存するか利用するかしないと、男はイキイキできない社会が来たことの予兆だよ。日本はこれから女性中心社会に転換する。AKBを見てみな。政治家のイイ、オジサンまでが夢中になってるじゃない。コレマタ極論でハゲシイ。
 リサは新聞を読んでいる男優たちに言う。私は稽古場に行くよ、カラダがカタクナッチャッタ。ホグサナケレバ。男優たちも三々五々、食堂を出ていく。出しなに若い男優が先輩につぶやくように聞いている。あれはウレナイ女優の嫉妬なんですかね? 先輩の答え、本人は正義感のツモリだと思うよ。日本の男社会は確かにヒドイからね。この先輩の答えはいつになく、リサにやさしい。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010