新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

July,28,2014

7月28日 申し訳ない

 昨日、利賀芸術公園内の三つの劇場、利賀山房、岩舞台、リフトシアターを会場にして行われていた演劇人コンクールが終わった。これはSCOTサマー・シーズンとは別の催しで、公益財団法人・舞台芸術財団演劇人会議の主催である。若い演出家を応援するために、いろいろな分野からの審査員が、舞台終了後に公園内の劇団専用のレストラン・ボルカノに集まり、作品を上演した人たち、それに観劇した人たちも加わったりして、夜遅くまで話し合いがされていた。
 今年で15回目にもなる催しだが、数年前までは私も審査員をしていた。20本以上の作品を毎日観たことがある。自分の作品の稽古をしている最中に、他人の作品を鑑賞し、その感想を当事者たちに伝えること、舞台を観るのは嫌いではないとはいえ、さすがにある年齢からは、心身ともに疲れを覚え、最近は審査員は遠慮させてもらった。
 しかし時折、知り合いの演出家から観劇を強く頼まれることがある。その気持ちは嬉しいのだが、私の活動の本拠地での催しであるので、不公平にならないように、頼まれたものだけではなく、すべての公演を観ないことにしている。利賀村まで来てくれたのに申し訳がない、という気持ちがないわけではないが、仕方がない。
 先日、審査員の一人である振付・舞踊家の金森穣から、あまりヒドイ舞台作品だと空間が神聖になるのではなく、穢されるということもあると思ったという言葉をきいた。私への気遣いの心をも、すこし込めてくれた感想である。実際のところ利賀村では、自らが招聘した演出家の作品以外の舞台は、できるだけ観ないことにしたのは、まさにそのことに因っている。自分なりに愛し、長い時間をかけて創造してきた空間は、ある種の心の故郷になってしまっているところがある。それをヘタ=無神経に使われているのを目の当たりにするのは、ジツニ疲れるからである。
 むろん、舞台の進行中に、演出や演技あるいは照明のプランに注文をつけられれば別だろうが、気になるところを口に出さず、ジット黙って我慢している辛さは、ナカナカ私の人生の中でもないこと、ついにその忍耐だけからは逃亡させてもらったのだ。
 こんなことを言うと、参加作品のすべてが、不出来な舞台であるかのような印象に聞こえるところもあるが、そういう不遜なことではない。予測を越えて、見事な手腕で新鮮な劇場空間を現出させたと、感激・興奮したこともあるのである。マア、30年以上にわたって私の身体が棲み込み慣れ親しんだ空間、そこに他人が入り込んで動きまわっているのに、無関心で居る方がヘンダヨネ、ぐらいに思ってもらえれば幸いである。
 来月になるとSCOTサマー・シーズンに参加するために、世界中から多くの人たちが次々とやってくる。これも有り難いことだが、今年は例年になく外国の演劇人、それもプロの来村者が多い。その人たちに意気込みを感じる。作品を発表するに際し、芸術公園内で長期に滞在し、稽古をしたいとする希望が多いからである。その意気込みを引き受ける利賀村の環境が追いついているかどうか、少し心配になってきたところもある。
 身体に集中して仕事をする芸術家=舞台人にとっては、その能力を充分に発揮できる稽古場や宿舎の在り方は重要なことである。舞台人はスポーツ選手と同じで、本番前に訓練をする環境の善し悪しが、その出来具合を左右する。その環境が少し行き届かなくなってきたのではないか、と危惧するのである。
 人口600人にも満たず、しかも限界集落である山村、そこに世界各国から身体の専門家が訪れる。その利賀村への行為と好意には感謝だが、それだけに申し訳ないことをしたと感じることのないようにしたい、とも思うのである。 

一覧へ

July,18,2014

7月18日 神も仏もない

 寸鉄人を刺す、という言葉がある。寸鉄とは小さい刃物や武器の事だが、短いが適切な評言や警句によって、他人の急所を衝く時に使われる。長いこと演出活動をしてきたから、舞台を見た後で、いろいろな感想や批評を観客から聞かされてきた。言われて嬉しくなることも、イヤナ気分にさせられることもあったが、短い言葉で意表を衝かれたり、自分が考えていた以上に、演出の意図を表現した言葉を語られ、ナルホドと感心させられたこともある。
 オーストラリアのシドニーに、貝殻の形を思わせるように、海に突き出て建つオペラハウスがある。オーストラリア建国200年にあたる1988年、このオペラハウスで盛大な文化行事が開催された。日本からも幾つかのパフォーマンスが参加したが、この時の日本側のスポンサーは三井グループ、委員長は三井物産の会長で経団連副会長の八尋俊邦さん。私はそこで「トロイアの女」を上演した。
 公演終了後、劇場のロビーで盛大なパーティが行われた。私はワイングラスを片手に八尋さんと並んで立っていたのだが、突然八尋さんが私に向かって言ったのである。今日の芝居は、戦争になると神も仏もないということだな。
 この「トロイアの女」は私の若い頃の代表作の一つとして、初演から20年間に15カ国34都市で上演されているが、アジア諸国での公演は殆どなかった。ただ一つの例外が、チョン・ドゥファン軍事政権時代の韓国である。韓国独立後の日本の劇団の初めての訪韓だったとのことでもあった。
 欧米に比べてアジアの演劇界が、この作品に興味を示さなかったのには理由があったと思う。原作がギリシャ悲劇作品だということ、主題は戦争の悲惨さだが、その悲惨さが個人の問題としては、それほど身近なものとして描かれてはいないということである。描かれているのは、一民族国家の消滅、それを王妃ただ一人が嘆き語り続けるということだったからである。劇あるいはドラマとは、敵対する個人や集団との闘争の形に在るとするのが、当時の大方の演劇観である。その観点からすれば、戦争がすべて終了してからの状況の一様相が描かれているに過ぎないこの戯曲は、ペシミスティックで退屈な戯曲のように見做される傾向があったのである。
 この戯曲の主人公は「トロイア」の王妃ヘカベだが、私は原作にはない人物を、もう一人の主役として舞台上に登場させた。一時間強の上演時間中、ヘカベとは対照的に一言も言葉を発せず舞台中央に立ち続ける人物、ヨーロッパの神像とも日本の菩薩像とも受け取れる神像を配置したのである。むろん、この像は俳優が演ずるし、言葉は語らなくとも若干の動きはする。しかし基本的には、舞台上に展開される悲惨な事件を、ただ無言のうちに見つづけるためだけの役なのである。この演出が、ヨーロッパの観客に刺激を与えた。「トロイアの女」という戦争の絶望的な状況を告発していた戯曲が、宗教批判の演劇にも変身していたからである。
 第二次大戦中には一般市民が大量に殺戮された。それは日本でも同じである。この時ほど世界中の人たちが宗教の無力を感じたことはないだろう。世界的に強大な影響力を持つとされる普遍宗教界、それが戦争を回避するための有効な手立てと行動を示せなかったことは、ナチスによるユダヤ人や原爆投下によるアメリカの日本人の大量虐殺に例をとるまでもなく、人間世界に夢を抱いていた人たちを慄然とさせた。ニンゲンガ、ナゼココマデ! 精神世界のそれまでの規範が、この時代に顕著に崩落したのである。しかも、悲惨な状況に在る人間の努力や忍耐、それを救い上げてくれるはずの神を創造した宗教が、政治権力の争いや民族間の憎悪にいかに無力だったか、そればかりかむしろ、火に油を注ぐような役割をしたことも明らかになったのである。
 戦争になると神も仏もないということだな。この一言ほど私の意表を衝き、かつ私の演出意図の本質の一面を上手に言い表してくれた言葉はなかった。「トロイアの女」を再び演出しながら、財界人とはいえ八尋俊邦さんの視野の広さを懐かしく思い出すのである。
 八尋さんは私よりはずっと年長であった。こういう言葉をスッと言えたのも、第二次世界大戦での日本の悲惨な状況を生きて体験していたからであろう。今や日本の財界人から、こんな言葉が二度と口にされることはないだろうと思える。 

一覧へ

July,15,2014

7月15日 いろいろな国柄

 若い時に身体に覚えさせた動きは、年を経ても再生される速度が速い。しかし、ある年代ぐらいから覚えたものは、思い出すのに時間がかかる。と言うより、その動きを再生させたつもりでも、微妙に狂いを生ずることが多い。特に時間の経過があった時はヒドイ。
 昨年の冬、凍てついた道路に滑り、強く腰を打ち半年ほど歩けなかったことがある。もう殆どその後遺症はないのだが、用心のために好きな油圧式ショベルカー、通称ユンボには今まで乗らないでいた。そろそろ大丈夫だろうと、昨日久方ぶりに動かしてみた。飼っている動物のために、大きな自然運動場を造ろうと作業を始めたのである。
 地面を掘るのにも、盛り上げた土を平らにするのにも、実に繊細さを欠いてメチャクチャ、揚げ句の果ては、ショベルの部分を振り回し過ぎて立ち木に衝突、大切にしていた栃の木の幹を傷つける始末。おおよその記憶で手足を動かし過ぎ。こういう時は、いったん休むのが良いと切り上げることにした。
 その故か昨日とくらべ、今日のユンボの操作は実に円滑、時間の経つのを忘れて夢中になる。年をとったら時間をかければ良いのだ、チャント記憶は蘇える、などと自分に言い聞かせて調子に乗り過ぎる。結構な時間の作業をしてから、稽古場に行き座る。俳優に演技をつけようと急に立ち上がったら、腰の辺りがギクッとして上手に動けない。ショベルカーの振動が腰骨の関節に影響を与えている。ナサケナイ。早々に稽古を切り上げ、寝室のベッドでゴロゴロ、こうなったら手元に散らばっている本でも読む以外にはない。
 久しぶりに週刊誌ニューズウィークを読む。面白いがビックリする記事に出くわす。アメリカには(投票者教育・不正緩和プロジェクト)という活動があって、演劇を通して紛争解決や教育に取り組むのだそうである。ここまでなら驚かないのだが、このアメリカの団体、先頃のアフガニスタン大統領選挙の投票前に、反政府勢力タリバンが支配する村々を回り、投票に行きましょうという演劇を上演してきたという。
 この舞台の内容がケッサクである。女性や少女が集まっている所に一人のインテリ女性が現れ演説をする。投票に行きましょう、アフガニスタンの未来は変えられる。すると集まっていた女性たちは答える。家族の男が許してくれない、投票所には見知らぬ男性がいるから。
 こういう演劇をわざわざ紛争中のアフガニスタンにまで行って上演するアメリカ人の意識には、その目的を果たすためには演劇活動でなければならないのか、という疑問も覚えないわけではないが、また、見知らぬ男がいるから女性には選挙の投票所には行かせない、というのも日本人にとってはもはや、相当の距離がある光景である。しかしひるがえって考えれば、これが流動している世界の現実の一端であり、われわれ日本人が日々の生活の中で、世界的に常識のように感じている日常の意識こそ、特殊なものかもしれない、と想い返す必要もあるかもしれない。
 私が演劇を始めた20代の頃、友人の唐十郎に尋ねたことがある。何で大学で劇団に入ったのかと。オンナノコと話がしたくてさ、劇団にしかイロンナ女が居なかったんだよ。
 私が大学時代に劇団に入った理由とは違うが、その気持ちは分かる。私も劇団に入って、これほど違う人類がイロイロと居るということを、オンナノコに勉強させてもらったのである。
 しかし私の高校生の頃は、女子生徒を喫茶店に誘った友人が、校長室の前の壁面に名前を大書され、厳重注意を受けた時代である。アフガニスタンのタリバン政権は演劇活動を禁止していたという。そのアフガニスタンで演劇が再び活発になったらしいが、男と女の関係はどうなったのか、興味が湧くところである。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010