新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

November,30,2014

11月30日 二つの困難

 どこの国へ行っても、演劇人はタイヘンそうである。コトに真面目な演劇人であればあるほど、自分の仕事の将来に不安を抱えて憂鬱そうである。この場合のマジメとは、理想とする演劇作品が実現できないのではないか、その手立てが見つけ出せないのではないか、と真剣に悩んでいるということである。頭の中にはイメージが、心には欲望は確かにある。ダガ、シカシ、なのである。
 演劇は陳腐な言い方だが、個人芸術ではなく、集団によって創りだされる総合芸術である。総合とは、作品を創り出す集団に演劇人と呼ばれる演出家や俳優だけではなく、文学者、美術家、音楽家、衣装デザイナー、などの他の芸術諸領域の専門家も関わっているということである。これらの人たちが、一定の目標に向かって共同作業をする。その成果が実際の舞台である。このそれぞれの領域の専門家の芸術水準がどれほどのものかによって、舞台作品の芸術性は左右される。
 こういう総合性を兼ね備えた集団を、成立させ持続させることは可能か。言い方を変えれば、集団を集団たらしめる共同性の質とルールは何か、それを現代社会に対応して、新しく創り出すことは可能かが問われているのである。この課題に応答する道筋が現実的に見えない、これが真面目な演劇人の悩みと言ってよい。
 グローバリゼーションと言われる現代社会の特徴は、従来のコミュニケーション・システムを一掃しつつあることである。人間の生身のエネルギーを使用したコミュニケーションの場を、社会の片隅に追いやりつつある。電子メールは、非動物性エネルギーを媒介させることによって、同じ場と同じ時間を共有しないでも、人間同士の意思伝達や情報交換を可能にした。人間が集団であることの便利さと豊かさの感覚を不要にした。というより、人間が集団であることの不自由さを感じさせるようになったかもしれない。そういう点では、演劇活動に対立するコミュニケーションの形態を現代社会は創出したのである。
 明治政府は日本社会を西洋化する政策の一環として、演劇改良、いわゆる歌舞伎の近代化を計ろうとした。そのために、舞台芸術全般を国家管理の下に置こうとして、おおよそ次のような内容の通達を出す。1872年(明治5年)のことである。
 一、 上流貴紳淑女が見てもよいように卑猥、残酷を差し控える。
 二、 俳優、芸人を教部省の監督下に置き、教導職に任ずる。
 三、 史実を歪曲せず、忠孝、武勇、貞節を主題とすべきこと。
 この通達が第二次大戦終了までの、日本の舞台芸術に対する思想的風紀的弾圧の根拠になり、日本の舞台芸術の世界水準への参入をいちじるしく阻害したが、現代では民族意識や国家愛の高揚のために、似たような発言をする政治家を世界中に見かけるようになった。これもグローバリゼーション・パラドックス、とでも言うべき現象で、現在を真面目な演劇人として生き抜こうとする人たちが、立ち向かわなければならない難関の一つになりつつある。ギリシャ悲劇やシェイクスピアの戯曲が取りあげる題材は、殆ど殺人なのである。
 集団を基礎にして成り立つ舞台芸術、それが歴史的に積み上げてきた財産は、新しいコミュニケーション・システムによって滅ぼされるか、国家的な管理システムに組み込まれて、政治家の意向に左右される一時の慰みに堕するか、どこの国でも多かれ少なかれ、その本質の変容を迫られている。
 演劇人は民族性や所属国家の違いを乗り越えて、より良い人間の存在のために、演劇は人類が創りだした貴重な文化的思考装置であることを、あらためて強く主張しなければならないと思う。

一覧へ

November,24,2014

11月24日 中国にて

 警察官が殺人現場の証拠写真を睨みながら、実際の現場で起こった犯罪の手順を推理したり、殺人者の動機や内面的な特徴を想像したりするように、私の舞台に接していただきたい。場面がそれぞれに独立しているから、論理的な切断があり、飛躍していると感じたところは、観客の皆さんがそれぞれに物語りを創って、穴埋めしていただいて良いのです。私の舞台は、なぜこんな人間がいたり事件が起こったのか、その答えではなく疑問を提出するものだからです。要するに、皆で考えましょう、という演劇なのです。
 中国での「リア王」公演の幕がおりた後の観客との対話で、私は観客の質問にこう答えた。北京でも上海でも、私の舞台が直線的に物語りが展開していかないことについて、同じような質問があった。私はシツコイのを承知で、更にこういう譬えも付け加えた。中国の観客が私のような形式の演劇に、馴染みが薄いと感じたからである。
 医者が患者の病状を知ろうと、CTスキャンやMRIなどで、身体内部を映像化する。その映像を見ながら、どこに欠陥があるかを推理したり、患者の生活史を想像したりする。そしてあたかも、患者の内部や過去を見たかのように、診断という物語りをつくる。私の舞台は、私が推理し想像したチョット特殊な人間の内面の映像化です。観客の皆さんはこの映像から、警官や医者になったつもりで、人間の物語りや診断書を創っていただければ良いのです。
 しかし、これだけでは誤解を招くといけないので、私はさらにシツコク説明した。もちろん私は、警官や医者が正しい物語りを創ったり診断をすると思っているわけではない。彼らの推理や想像、それによって創られる物語りや診断は、間違うことも多いし、腹黒い警官や医者は、自分の利益のための物語りを創ったり、偽りの診断書を捏造することもある。そういう点では、人間は誰しも不完全、病気を持っているのです。「リア王」の演出上の主題、「世界は病院である」という視点は、こういう人間に対する考え方から発想されたものなのです。
 ここまで言うと、多くの観客は分かったような顔をしてくれる。警官や医者も病気持ちだとは、よく言ってくれたと感心してくれる人もいる。こういう職業の人たちの人間としての欠陥や病状の悪さは、どこの国でもよく目立っているようである。
 そこでまた、新たな質問が出る。病気は治るのかと。もちろん私は、病気が治ることなどありえないと答える。病気を自覚して闘っている人と、他人にまで病気を感染させる人と、実際は病気なのに自分は健康だと、ノホホンと生涯をおくる人がいるだけだと。
 昨日で中国公演は終わり、いよいよ今日は帰国である。11月1日からの滞在だから、最近にはない長い公演旅行、少し疲れた。しかし、中国という国とそこに住んでいる人たちのことが、身近に分かったのは良かった。中国の経済力や政治の力の在り方、若者の将来への精神的不安感、自国の伝統や歴史への舞台関係者のアンビバレントな感情などである。
 現在の中国にも、未だ舞台伝統の遺産は多く残っている。見方によれば、世界有数の歴史的財産を保持しているかもしれない。しかしその財産も、放っておけば殆どがガラクタとして、廃棄処分になる可能性もあると思う。これは日本も同じだが、この中国固有の歴史的財産をどう加工し直せば、中国だけの財産ではなく、現代の世界の人々にも貢献できる文化的財産として蘇生させることができるかの道筋を、中国の演劇関係者はまだグローバリゼーション下に見いだしていないように見える。
 政治や経済の力を誇示するだけではなく、舞台芸術の領域で、自国の人々以外にも貢献できる力量を発揮できたら、中国は名実共に大国の風貌を身につけたとみなされるはずである。 

一覧へ

November,18,2014

11月18日 素早い反応

 一週間近く青空が続く。夕日にシルエットに浮かぶビルの姿が美しい。空港からホテル、ホテルから劇場、車は渋滞もなくすぐに着く。北京でのこんな経験は初めて、APECのお蔭である。今月の7日から「シラノ・ド・ベルジュラック」の公演までの間の一週間、公共機関や学校は休み、道路には走行する自動車、街路には通行人の姿はまばらだった。時々、武警と書かれた車と、銃を手にした軍人に出会う。
 「シラノ・ド・ベルジュラック」の公演は、まさにAPECが開催された当日、11日と12日の両日だった。観客が入るか心配だったが、それも杞憂で超満員、ダフ屋が出るぐらいの盛況だった。中国側の主催者から終演後の観客との対話を要請される。多くの観客から要望が寄せられているので是非にとのこと。毎日やることにした。
 舞台の出来具合は上々、俳優たちは日本での公演の時よりガンバル。改めて劇団員を頼もしく感じる。ただ、一つだけ残念なことがあった。幕切れに雪を降らすことができなかったのである。紙の紙片が照明器具の中に入り、火がつき火事になることを、劇場の責任者が心配したからである。
 終演後の観客との対話の中で、なぜ雪を降らさなかったのかと質問が出た。南京の劇場での公演を観た人であろうか。この舞台は世界中で上演されているが、私も初めての経験で不思議だと答える。観客からは笑い声。それもAPECの故とのことらしいが、翌日のネット上には即座に劇場の過剰反応への抗議と、APECを理由にした劇場管理者の怠け心のためではないかとの声も。ともかく、私の演出には驚いている。そういえば、北京での私の舞台の公演は約20年ぶりである。終演後の対話は面白かった。
 観客の一人が、この原作は愛の物語りだと思うが、俳優の発声は声が大きく、登場人物が怒っているように見える。それに原作の台詞を随所でカットしているが、作者への冒涜にならないかとノートを取り出し、演劇論をナガナガと始める。どこの劇場でもよく見かける、自己宣伝のためのスタンドプレーのように見える。内容は西洋崇拝とリアリズム演劇にコリカタマッタ、一時代前の演劇オタクの感じ。他の観客から質問者に批判の声が上がる。
 私はこの原作を愛情物語りだとは思っていない。男の生き方、死に方の物語りだと思っている。それに私の劇団は大きな野外劇場でも作品を上演する。雨が降ろうが台風が来ようが公演は中止しない。声が強く大きいのは当然である。室内でヒソヒソと恋に悩む男女の姿や心理などを、演劇という形式を通じて観客に見せるつもりはないと答える。
 翌日の新聞にはすぐに、この観客の言動を批判する記事が大きく掲載されていた。作者への冒涜とはトンデモナイと書かれている。アリガタイ援護射撃である。
 私の2本目の作品、「リア王」の公演が終わり上海へ移動。飛行機の中でウトウトしているとスチュワーデスに起こされ、眼前に新聞紙を差し出される。私の写真が一面に大きく掲載され、「リア王」公演の批評が書かれている。主役のリア王は25歳の中国人、これからももっと、中国の若い俳優を育ててほしいとの内容、反応の素早さと私の意図の理解に感謝である。スチュワーデスに掲載紙を手渡されるとは、大スターになったと中国人にカラカワレル。
 北京での最終日には、人民日報の記者に長時間のインタビューをされた。女性の文化担当編集主任とのこと、知的な理解力と身体への感受性の鋭さに感心する。記事は3回に分けて掲載されるらしい。
 今日から上海話劇芸術センターでの「リア王」の公演の仕込みである。フランスの租界地だった頃の建物、劇場の内部も周囲の街路の雰囲気も、旧き良きヨーロッパを想わせられるところがある。北京の近代ビルが林立する中の劇場とは違った趣で楽しめる。上海の魅力である。 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010