新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

December,28,2014

12月28日 50年への思い

 武蔵野市の吉祥寺シアターの公演を終えて利賀村に戻る。サスガ、トガムラ、豪雪地帯の名に恥じず、雪景色のミゴトサ、別天地のオモムキ。すぐ除雪作業にかかる。
 地面に近い下の雪は凍っていて硬い。コマメニ除雪をしていれば苦労はないのだが、しばらく放置しておいての除雪は骨が折れる。疲れてくると不用心になり、除雪車の片側の車輪を池に落としそうになる。雪で池の縁が見えないとはいえ、カンの悪さにイライラ。エンジンの力を強くしても、傾いた除雪車は動かない。人力で引き上げられる重量ではない。幸い油圧式ショベルカーが劇団員の宿舎の側にあったので、それを運転して引っ張りだすのに成功。
 喉元まである雪を掻き退け、餌場の小屋を覗きに行く。今年の夏に、飼育していた動物たち、テン、アナグマ、ハクビシン、タヌキなどを山に帰した。自然に戻って、餌を見つけられない場合を考え、いつでも食べられるように、食料を入れて置くための小屋を山裾に造った。吉祥寺公演のために長期の留守をする。その間に大雪になることが予想された。自然界で餌を探すのは難しくなるだろうと、大量の餌を置いたのだが、餌はすべて食べられていた。元気にしているようである。
 昨日は今年の締めくくりの忘年会、今日から劇団員が三々五々に利賀村を離れて行く。劇団員が居なくなると、やはり淋しい。我が家から半径1キロメートル以内に人家はない。若い頃にはそのことをイキがっていた。しかし今になってみると、この豪雪と共棲するのも心細いと感じる時もある。単純に体力の問題なのだが。
 今年は北京のシアター・オリンピックスでの二作品の上演、上海での「シンデレラ」公演と、中国との交流を意識的に深めた。政治的な軋轢が増大しているから、逆に芸術家同士の共同作業を綿密にしておくべきだと考えたからである。
 中国中央戯劇学院の名誉教授にも就任した。名誉教授は私が7人目、10年に一人を選ぶのだそうである。院長から額に入った委嘱状を手渡されたが、そこには中央戯劇学院、是中華人民共和国教育部直属高等芸術院校という文字が一直線に書き下ろされている。学校教育の劣等生だったから、教育機関から顕彰されるのは、チョット照れくさかった。
 しかし受けた以上、ツベコベした気持ちでいるのもイヤラシイので、私なりにレッキとした心持ちで先生や学生を前に記念のスピーチをしたつもりである。それにしても、私への色々な心くばりをしてくれる中国の友人たちには感謝である。現在の両国の政治関係の中では苦労なことも多いだろう。私の方もそれなりの気遣いはして、友人たちとの共同作業を、より深いものにしなければという気持ちになる。
 来年は劇団を創立して50年、SCOTが利賀村で活動を始めて40年である。この間には日本の社会もそうだが、劇団にも色々なことがあった。それらの渦中をなんとか生き抜いてきたという感慨はある。センチメンタルな気分ではなく、シミジミとするところはある。そして、元気になる。
 世界をミテモ、日本をミテモ、自分をミテモ、マダマダ、この利賀村で戦わなければならないことはある。私の活動をこれまで、親身になって支えてくれた友人や観客の人たちへの返礼のためにも、三島由紀夫の「サド侯爵夫人」を演出した際、主人公のルネの心情に寄り添うように使用した歌、美空ひばりの「この道を行く」しかない、と思う心境である。 

一覧へ

December,13,2014

12月13日 靴磨き

 いよいよ明日、吉祥寺シアター公演のために利賀を離れる。今年で5年目である。吉祥寺での公演は利賀村とは違って、公演のための入場料金を設定させてもらっている。東京の観客にとっては、交通費もそれほどの金額になるわけではなく、宿泊費も要らないのだから、という判断からである。もし利賀村のように、「ご随意に」にすると、ヒヤカシ半分の観客も出てくるのではないか、収容数の小さい劇場だから、真剣に舞台に接したい人、長年にわたって私の舞台を見続けてくれた観客が入れないこともあるのではないか、という危惧も感じたからである。
 幸いなことに毎年チケットは完売になる。今回もすでに「トロイアの女」と「からたち日記由来」の連続公演のチケットは売り切れ、「トロイアの女」の単独公演だけのチケットが、ホンノわずか残っているだけである。市販されている大新聞に、公演の予告記事が書かれたわけでもなく、劇団のホームページの予告だけで満員の観客が来場してくれる。アリガタイコト、である。
 私の若い頃は、新聞記者に記事を書いてもらうために、東京の新聞各社を訪ねたものである。インターネットのない時代だから、少しでも不特定多数の人たちに、公演の情報を届けるには、それしかなかった。むろん、公演の情報が記されているチラシを、ダイレクトメールとして郵送はするのだが、これは量が増えれば増えるほど出費もかさむので、貧乏劇団としては、新聞に記事がでることが、なによりも助かることだった。当時は今と比べて、新聞の読者層は広く権威も保たれてもいた。
 新聞社を訪ねて、戯曲の内容について、それがどのように世間一般の解釈と違っているか、そのためにどんな演出をしているかを説明するときほど、シンドカッタことはなかった。大抵の新聞記者は分からないような顔をする。私の説明が下手なこともあるが、今まで見たこともないことに興味をもたせ、文章にしてもらうのは難しい。相手の心がなかなか動かない。よく言われたものである。そんな難しい観念的なことは記事にはならないよ。もっと具体的な面白い話題はないのかね。中学生や高校生でも面白がるような。
 別役実と劇団を創立してすぐ、新宿アートシアターで公演をすることになった。1966年だから、もう50年近い前である。別役実の作品はカフカの小説を下敷きにした戯曲「門」。一般に流布していた当時の演劇、日常生活の風景を描くリアリズム演劇とはまったく違う種類のもの、一種の抽象劇である。どこの新聞社も記事にしてくれない。これでは観客が集まらないと、劇場の支配人が我々に提案した。公演の一週間ぐらい前から、劇場の前で劇団員が靴磨きをしたらどうだろう。戯曲の主人公は靴磨きなんだから。
 劇場は明治通り、伊勢丹と向かいあって建っている。確かに人どおりは多い。支配人は言う。鈴木さんや別役さんが靴磨きをしていれば、そのうち新聞記者が聞き付けて取材に来ますよ。夕方の6時ぐらいから、人どおりが少なくなる10時ぐらいまでどうですか。
 二人とも靴磨きなんかしたことはない。私は劇団員に、早くプロの靴磨きに何が必要か聞いてこい。どうせやるなら5人ぐらい並んで、一斉に始めようと言った。
 春先の新宿、ビルの谷間の道路である。あのときの心もとなさと寒さは今でも思い出す。しかし、それよりも靴を磨きに来てくれる人が殆どいない、仕方がないから知人に電話をかけて靴磨きに来てもらった。この人集めの方がたいへんだったが、この苦労に同情してくれたのか、感激してくれたのか、三大紙の一紙がこの公演をとりあげてくれた。
 吉祥寺シアターの前に立つと、よくこの時のことを、懐かしく思い出す。しかもそれが、まだ昨日のことのように思えるのが不思議である。これからの演劇人生にも再び、こういうこともあるかもしれない、いつでも覚悟はしておいた方がいいと、忠告してくれているのかもしれない。 

一覧へ

December,09,2014

12月9日 激しい人たち

 大正モダンとか大正ロマン、大正デモクラシーなど、いずれも明治と昭和に挟まれた時代、わずか15年の間だが、大正時代の社会的事象や精神的な雰囲気を表した言葉である。これから吉祥寺で公演する「からたち日記由来」の主人公、芳川鎌子の起こした不倫騒動、心中未遂事件もこの時代のものである。自由恋愛などという言葉も生み出されたらしい。
 大正時代は西洋から受けた都会文化の影響が、様々な領域で吹き出した。女性の行動が、それまでの日本人の道徳観に逆らうように登場し、世間を騒がせたのもこの時代である。憲兵大尉甘糟正彦に殺害された無政府主義者大杉栄、その大杉を離婚させ妻になる伊藤野枝、二人とも激しく拷問され死体は井戸に投げ込まれた。また、この大杉との三角関係から彼を刺し、殺人未遂で服役した神近市子など、理想の情熱に身をまかせて激しく行動した女性たちがいる。婦人運動の先駆者と言われてもいる人たちだが、神近市子は第二次大戦後には、日本社会党の国会議員となり活躍した。
 私の仕事、演劇関係にもすさまじく情熱的な女性がいた。松井須磨子、一世を風靡した女優である。今でも時として耳にする「ゴンドラの唄」とか「カチューシャの唄」は、彼女が劇中で歌って流行らせたものである。彼女は大正2年に島村抱月と共に、芸術座を創立する。
 島村抱月はドイツ、イギリスに留学し帰国した新進気鋭の学者だった。女優松井須磨子と恋に落ち、5人の子供をもうけた妻と別れる。そして、大学教授の職を辞してまで、イプセンの「人形の家」やトルストイの「復活」など、松井須磨子主演の多くの舞台を演出したのである。築地小劇場を創立した小山内薫と並んで日本の現代劇、いわゆる新劇の草分けである。島村抱月と小山内薫、それに坪内逍遥を加えて、この3人が明治末から大正時代にガンバッテ活躍してくれたお蔭で、現在の私の仕事も存在しているとも言える。
 島村抱月が死ぬのは大正7年(1918年)である。松井須磨子はその翌年の1月、芸術座の道具部屋で首を縊って死ぬ。抱月が死んで2ヵ月後である。抱月が死んだ時、須磨子は抱月の顔に自分の頬を押し付けて、あれほど、死ぬときは一緒に死ぬって約束しておきながら、なぜ一人で死んでくれました、と叫んだという。マルデ、芝居の一場面、幕切れのクライマックスである。実兄あての遺書には走り書きで、私はやっぱり先生のところへ行く、墓だけは先生と一緒にしてくれ、といったことが書かれていたという。この死の衝撃度は、芳川鎌子事件の話題を一挙に忘れさせるほどだったらしい。
 今時、こんな演出家と女優の関係が成立するのかどうか、寡聞にして知らない。それにしても、島村抱月は幸せな演劇人生を送った、という人がいるが、ハタシテ、ソウカ。推測の域を出ないが、この関係は周囲の人たちにとっては、随分と迷惑だったのではあるまいか。しかし、他人に迷惑をかけながらも、一時とはいえ演劇界だけではなく、世間の主役を堂々と生き、話題にしたのだから、やはり二人は幸せな人生を、イキタナー、と素直に驚き感動しておいた方が良いのかも知れない。「からたち日記由来」の主人公とされた実在の芳川鎌子は、事件後に再び結婚するがすぐ、自殺に近い形で病死する。それとは対照的な人生である。
「殉教者とは、自分以外の何物かをあまり強く思う結果、自分一個の生命などを忘れ去ってしまう人のことである。これにたいして自殺者は、自分以外の何物にもあまり関心を持たぬ結果、もうこれ以上何も見たくないと思う人のことである。一方は何物かが始まることを望み、他方は何もかも終わることを望むのだ。言い換えれば、殉教者の高貴なるゆえんは、たとえどれほどの世を捨て、人間的なるものを憎もうと、究極において生とのきずなを認めるというまさにその点にある。彼の魂は自分の外部に向けられている。彼が死ぬのは何物かを生かすためにほかならぬ。これにたいして自殺者の高貴ならざるゆえんは、彼が存在とのきずなを持たぬからである。彼は単なる破壊者にすぎぬ」
 イギリスの批評家チェスタトンの「正統とは何か」の一節である。こういう知的な男の理屈を一瞬、コケにしてしまうほどの迫力は、須磨子の死には確かにある。
 松井須磨子は抱月との生活の場ではなく、劇場で死んでいる。本人のつもりでは、男への愛のために自殺したのではなく、演劇への二人の愛、演劇の殉教者のつもりだったのかもしれない。しかし、長年にわたって演出稼業をしてきた人間としては、この行為にはいささかの困惑を感じるのが正直なところである。劇場とはもう一つの生があることを確かめる所であり、実際に死ぬ所ではないと思うからである。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010