新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

January,27,2015

1月27日 下剋上

 オレタチ、貧乏から抜けられないらしい。若い俳優が言う。一生ということではないよね。もう一人の若い俳優。デモ、そう書いてある、新聞に。貧乏も金持ちも世襲になったって。ジャア、ダメジャンカ、オレタチ。フランスの経済学者が言ってるんだって。
 ここでリサが登場する。ソリャア、フランスだからね。アラブの移民下層労働者にとっては、ソンナコト、アタリマエ。ダケド、ココハ日本、民主主義の国だよ!
 フランスは民主主義の国ではないんですか、若い俳優が聞く。リサは軽蔑的に答える。アンタ、シラナイノ! フランスは自由、平等、博愛の国だよ。ダケド、移民の労働者でもフランスの国籍を得ている人はたくさん居るんでしょう? 自由と博愛はどうでもいいけど、同じ国民が平等でないのはオカシイデスネ。
 リサは気にいらない、若いくせに口答えするとは、ナマイキだ。金持ちと貧乏人が居る国は平等ではないのか。金持ちと貧乏人が居る国だから、平等なんではないのか。みんな金持ちだったら、平等ではない。インチキしている国だ。資本主義の世の中では。金持ちは金持ち、貧乏人は貧乏人、それをガマンスル、そして仲良くするのが平等。若い俳優は、ヘンナ理屈だと思う。そしてツブヤク。金持ちもガマンしているのか。
 もう一人の若い俳優がトツゼン言う。フランスには日本と違って下剋上がないんだ。ナンダ、ソレ、とリサが不思議な顔をする。貧乏人はズット貧乏をガマンしなければならないなら、下剋上がないということでしょう? だから、フランスは民主主義の国ではない、リサさんはそう思っているんでしょう?
 リサにはこの理屈が飲み込めない。ダイタイ、下剋上なんて旧い言葉をどうして使うのか。下剋上とは字面どおり、下が上に克つ。下の者が上の者を打ち倒すことである。日本の室町時代に下層階級の出身者が、伝統的な権威や価値を奪い取り、成り上がりの戦国大名になったりする社会的風潮に名付けられた言葉である。
 偉い先生の本を読んでいたら、「大言海」という辞書に、「民主主義とは下流の人民を本として、制度を立て、政治を行うべしと言うこと。所謂、下剋上と言うものか」と書いてあるそうです。フランスがリサさんの言うようだとすれば、フランスにはもう下剋上がないわけだから、タシカニ、民主主義の国ではないということになりますね。デモ、日本はホントウニ、民主主義の国なんですか。それなら夢は持てるけど。
 ナルホド、見たこともない辞書だが、日本にもシャレタ人が居る。リサはこの定義にノッカルことにしたらしい。フランスも昔は民主主義だったよ、王制を倒す革命をしたからね。今は自由、平等、博愛だとか言ってウカレチャッタからね、イマドキ、こんな言葉を口にしてトモダチになれるのは金持ちだけ。リサは得意そうに答える。
 革命を起こすと民主主義なら、ソ連も中国も一時は民主主義の国になったんですか? リサはマスマス得意顔になる。ソ連も中国も昔はソウ言っていた。共産主義こそが民主主義、下流の人民を本として政治を行うし、制度も立てたって。今度は若い俳優がこの理屈を飲み込めない。一党独裁で選挙もないのに。ダカラ、昔の一瞬の、ハナシ、フランスと同じで。ソウカ、下剋上の可能性はなくなったのか。そして思う。キット真実はどこか遠くの方にあるのかも。
 ヨソノ国のことは、ドウデモ、イイジャン。リサは自分も少し、コングラガッテキタと感じたらしい。ともかく日本の民主主義は、アベサンが言ってるからダイジョウブ。経済成長を実現し、地方を再生するからって。リサは急にアベサンの友達になったよう。金は天下のマワリモノ。ソノウチ、ここにも回ってくる。それがアベノミクス。イマニ、東京も日本の首都ではなくなって、この利賀村が首都になる時代がくるかもしれない。日本の国土が下剋上を起こすかもしれない。それまで、ガンバルンダヨ!
 この村が世襲なんてありえない。地位も財産もないし、滅びかかっている。だから、戦う以外にはないのかもしれないけれど、下剋上なんて昔のことだからな。利賀村が東京に克つなんて。そして、若い俳優はボンヤリと思う。
 下剋上があり、群雄が割拠していた戦国時代は、日本はホントウの民主主義の国だったかもしれない、と。
 今冬は豪雪である。食堂の窓から外の景色は見えない。雪が軒下にまで積もっている。食堂は電気を点けても薄暗く穴倉に入ったよう。その閉じ込められた、穴倉での会話である。
 

一覧へ

January,20,2015

1月20日 自由のこと

 バリ島から帰るとフランスで大騒ぎ。行く前はアメリカ。テロ反対は分かるとして、<表現の自由>という言葉が、これほど脚光を浴びるとは思わなかった。大統領や首相までが登場し、この言葉を頻繁に口にして、全世界に檄を飛ばしている光景には少し違和感がある。過去においても現在でも、表現の自由を抑圧する地位にいる人たちである。
 いつの時代にもどんな社会にも、こういう自由がホガラカに存在したわけではない。殊に政治的な領域では、アメリカでもEUでも表現活動を弾圧した歴史があるし、現在でも抑圧的である。自由という言葉が政治的に利用されすぎていると感じる。何を言い、何をしても<ジユウ>だが、政治家としての結果責任ということも背負ってもらいたいと思う。
 愛し合う二人の人間の間にも、素晴らしい人間の権利のように、自由は自明なものとして存在しはしない。精神的な規律としての責任をともなう形で存在する。自由とは束縛的な規律から免れた状態を意味するのではなく、健全な人間の関係のあり方を表現した言葉である。一定の人間関係を変更したり、消滅させたり、在りのままに持続しようとする真摯な欲求の実現過程、その過程の精神的な葛藤のうちから生み出されてくるものである。
 言論や表現そのものに自由があると言うべきではない。それらの手段を駆使して人間関係をどうするか、その関係の状態を決定する自由な意志があり、その意志決定の自由は尊重され、守られなければならないのである。その意志の自由がどんな状況を引き起こすとしてもである。要するに、人間関係の中での責任の負い方はどうあるべきか、個人としての人間の自律性とは何か、という問いから立ち上がってきた言葉である。
 例えば、恋人を悪しざまに非難する言動があるとしたら、男であれ女であれ、相手がイヤガルことを承知で、その関係の現状を否定する意志の自由が発揮されたと見なすことができる。現状の関係を変化させたくなければ、あるいは、相手に自分に対する敵意や憎悪の感情を抱かせたくなければ、自分の主観性だけに依存した感情的言動を行うことはできない。相手の状態を考慮した言動になるのは当然である。相手にも関係を変更したり消滅させる意志の自由があるからである。
 もし、人間関係を健全に持続し発展させたければ、精神的な自己統御が必要である。相互の意志決定が共存できる、共同のルールの場を形成しつづける努力が必要である。そういう意味では、自由とは人間相互の精神的な努力、たえざる自己検証の場から生み出される、と言った方が適切かもしれない。
 どんな人間にも関係を決定する意志の自由があり、その意志は尊重されなければいけない。これは人間社会の大前提でなければならないが、この前提が一方的な主観的信念だけに依拠すると、人間関係に危険な状態が発生する。現代のイギリスを代表する文化理論家の一人、テリー・イーグルトンが2008年、アメリカのイェール大学で行った講演の一節を思いだす。
 イギリスの首相たちは共通文化の存在を信じており、誰もが彼らと同じ共通文化への信念をいだけば、ロンドンの地下鉄を爆破しようとする不埒な人間などいなくなるはずだと考えているが、文化的信条を相当数の新参者に伝える場合、その信条は途中で例外なく変更を余儀なくされるはずである、とイーグルトンは言う。そして次のように続ける。
 「大統領官邸やダウニング街あるいはエリゼ宮の住人たちは、みずからの信条が他人に伝わる過程で疑問に付されたり、変更を余儀なくされたりするといったことに思いいたらないのだ。彼らがよりどころとする共通文化とは、いっぽうでよそ者たちを、いかなる誤謬の可能性も想定されていないような、すでに確立された価値の枠組みのなかに組み込み、そのいっぽうで彼らの風変わりな習慣にかんしては、それが、このあらかじめしつらえられた調和的秩序を乱すことがなければ、自由にやらせておくといったものである。<中略>つまりあまりにも独占的であると同時にあまりにも放任的なのだ。言葉のより根源的意味における共通文化とは、誰もが同じことを信じている文化ではなく、誰もが対等な立場で協力しあいながら、共通の生活様式を決定する文化なのである」
 私は最後の一節の考え方に賛成するのである。しかし最近の欧米での、言論や表現の自由を守れとの声高な掛け声にもとづく抑圧的な対応や、それに対するアラブ諸国の攻撃的な反応に触れると、イーグルトンの希求する共通文化の新しい様相が、長年にわたって築かれてきた白色人種やイスラムの社会、むろんアジアの社会の内にもだが、それが実現するのかどうか、絶望的な気がしないでもない。もちろんすでに、芸術や科学、ある種の学問の領域では、意識的な人たちによってこういう努力は実践され、いくらかの成果をあげているように思ってはいる。
 しかしそれが、政治や経済や宗教の領域の争いにまで、建設的な影響を与えられるのかどうかと言われれば、ソウ、ネガウ、と小さな声で呟くしかないのかもしれない。 

一覧へ

January,04,2015

1月4日 初めての国

 南アメリカの北西部にエクアドル共和国がある。エクアドルとはスペイン語で赤道を意味する言葉らしいが、実際に赤道直下に存在する。まだ行ったことはないので、体験的な知識は皆無。辞書によればガラパゴス諸島があり、人口は1300万人ほどだそうである。
 このエクアドルから、昨年の夏にメールが来た。初めての国際的な演劇祭を開催することになった、あなたの作品を招待したい、あなたが来てくれれば光栄である、と書かれている。知り合いの演劇人がいるわけでもないし、この年齢になると南米は遠いから、と返事を出さずにいた。
 しばらくすると、ヘンジガナイ! と再度のメール。今年はSCOT創立50周年、忙しくて行くのはムリ、来年なら可能性はあるかもしれない、と返事をするように事務局に指示する。すると今度は、政府に予算を要求するので、演目と人数、演目に適した劇場の規模を早く教えろ、と事務所に電話。それもルスデン、実に熱心。
 いつものことだが、こういうやり取りをしているうちに、私の気持ちは追い込まれる。欧米やアジアの国とは違い、その国の演劇事情も知らず、面識のある人もいないのだから、気楽に断ればよいと思うのだが、実際はその逆になっていく。行かなければならないような気持ちにさせられるのである。
 昨年は珍しい現象が起こった。相変わらず世界の多くの国から招待がきたが、例年と比べると、まだ訪れたことのない国、それも小国からの招待が多い。上記のエクアドルに加えて、タタルスタン、ベラルーシ、グルジア、など。ちなみに、ベラルーシの人口は1000万人弱、グルジアは400万人を少し越えるが、タタルスタンは人口400万人にも満たない国である。
 来年には世界ツアーを考えている、その一環として立ち寄れるかもしれない、と少しあいまいな返事をしたらと事務局に言い、さて世界地図を眺めて驚く。そればかりか、世界に対する無知を思い知らされる。
 来年の10月には、ロシア、ポーランド、中国で公演することは、ほぼ決まっている。そのついでに行くことにしたらどうか、初めての小国は楽しいこともある、そんな気楽な気分があった。それが一挙に吹き飛ばされたのである。それぞれの国があまりにも遠く離れている。これでは世界を一周することになるばかりか、行きつ戻りつ何回も飛行機を乗り継がなければならない。飛行機にどれぐらい乗らなければならないのか、舞台装置や衣装はどのように運ぶのか、どういう順序と方法をとれば良いのか見当がつかない。
 実際のところ、日本からエクアドルに行くにしても、アメリカで乗り換えて25時間前後はかかる。それからロシアのサンクトペテルブルグ、グルジアのトビリシ、タタルスタンのカザン、中国の上海などには、どこを経由しどういう経路で行くのか。頭がクラクラするだけではなく、ゾッとしてくるのである。
 予定している劇団のスケジュール、10月の一カ月だけでは、回り切るのは不可能にみえる。いくつかの国は行くのを断るべきだと思うのだが、しかしそれでも、見ず知らずの小国の演劇人から頼りにされ、丁寧な態度で招待されると感激し、いつの間にか行く心の準備が始まってしまうから困ったもの。事務局員の迷惑も顧みず、スケジュールを少し調整すれば、ナントカ、と考えだしてしまうのである。
 世界には人口も面積も経済力も小さな国が色々とあり、そういう国にも世界的な視野で活動しようとしている演劇人がいる。これらの国での公演によって、EUやアメリカやロシアあるいは中国、そういう大国でのそれと同じように、私の作品の評価が更に広まり、そのことによってまた、経済的な利益をもたらすことはないとは思っても、メールのやり取りをしているうちに、これらの国の演劇人に、いつしか懐かしいような親しみを感じだす。私のこれまでの活動が、大きいことは良いことだ、という価値観に一貫して逆らうようなものだったからかもしれない。
 未だ行くことを決定したわけではないが、私を招待した相手はどんな人物で、ナゼ、ドウヤッテ、私のことを知ったのか、それを想像するのが、ダンダンと楽しくなっていく。
 中国の人口は13億人を越える。一方では人口1000万人以下でも一つの国として存在している。この規模の国家は政治的、経済的、文化的にはどんなマトマリ方をしているのか、そのユニークなところは何か、その中で演劇はどんな社会的な役割を担っているのか、興味がドンドンと強くなっていく。
 最近では、心配なのは自分の体力の問題だけだという気がしているが、しかし果たして、スケジュールを上手に調整しうるものかどうか。明日はインドネシアに発つ。バリ島にしばらく滞在し、今年から利賀村で始まるインドネシアの演劇人との交流の打ち合わせをする。インドネシアも初めての訪問である。 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010