新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

April,29,2015

4月29日 50周年

 外国人向けの演技訓練の教室を再開して3年目になる。今年はSCOT創立50周年、俳優のための演技訓練のクラスだけではなく、演劇活動から世界の現状はどう見えるか、議論をする機会も初めて設けた。それぞれの国での演劇活動の社会面での苦労、芸術上の問題点などを徹底討論するつもりである。20カ国の約40人が参加する。前者は俳優が中心だが、後者は演出家や演劇の教授、私の訓練をそれぞれの国で教えている俳優が集まる。
 昨日、応募者から今年の参加者を選んだ。実際の活動に触れたわけではなく、書類での審査だけになってしまった人も多く、ズイブンと迷ったこともあったが、トモカク最終的な結論を得てホットしている。今月末までには参加の諾否を、それぞれの人たちに連絡することになっていた。
 今年の訓練のクラスには例年に比べて、初めての国、初めての来村者が多い。ハンガリー、ベトナム、インドネシアなどである。私の方が参加してほしいと要望した若干の招待者はいるが、殆どの人たちが南米や欧米、アジアの諸国から、交通費は自腹、それに授業料と宿泊費を合わせて10万円を支払っての参加である。彼らの情熱と、この利賀村でのSCOTの活動の世界的な広がりを感じる。今年はまだ、SCOTサマー・シーズンの招待出演者の宿舎も必要なので、参加希望者のすべてを収容できず、少し残念な気持ちも残る。書類審査だけで表現者の優劣を選別し、参加を断るのも気が引けるところもある。来年からはこの現状を少し改善し、外国人を大量に受け入れられる態勢をとるつもりである。
 トルストイの有名な言葉に、コンナノがある。幸福な家族はみな似かよっているが、不幸な家族は、それぞれにみな違っている。この言葉をもじって、今アメリカで注目のヘッジファンド・マネージャーのピーター・ティールは、スタンフォード大学の講義でこんなことを言っている。企業の場合は反対で、幸福な企業はみな違っている。
 私も外国の演劇人と数多く付き合ってきた経験から、トルストイの言葉にアヤカッテ実感を述べると、優秀な演劇人は国柄によって、それぞれに違っているが、ダメな演劇人は何処の国の人もその精神は似ている。自分のダメな所にアマク心情的、目標へ執着するココロザシが低い。要するに、克己心のないナマケモノなのである。
 この世界の果てのような利賀村まで、ワザワザとやって来る演劇人に、ソンナ怠け者はいないとは思うが、今年は私の演出作品の舞台が6本もある。さらに外国からの招待公演が4本。稽古期間を入れると、7月3日から9月14日までの長丁場、その間に休みはない。少し欲張りすぎた気もしないでもないが、劇団員もハリキッテいる。ガンバルつもりである。
 最後のジブンへのケジメ、ソンナ気分でオオキク、デテミタが、観客の皆さんが喜んでくれなければ、モトモ、コモナイ。ウマク乗り切れることを願っている。 

一覧へ

April,23,2015

4月23日 思い込み

 児童劇を創ってみないかと言われ、初めて挑戦したのが「シンデレラ」。劇中にシャンソン歌手のアダモの歌を多用した。従来の上昇志向、権威主義的な物語の内容を、ヒックリカエス舞台だが、その最後の場面にアダモ役を登場させた。花束をもって、自分なりの「シンデレラ」を書く少女を励ますのである。
 自分の演出する舞台に、役者として出たのは、40年前のフランスのナンシー演劇祭以来のこと。パナマ帽を被り、サングラスをかけ、アルマーニがデザインしたフワフワのズボンを穿いて登場した。児童劇なので自分も少し、ハシャイデミナイト、と思いきった。
 終演後に劇団員が、観劇した友達と交わした会話を聞かせてくれる。アノ、アダモの役の人はフランスからワザワザ来たの? 私がフランス人に見えたらしい。劇団員が、アレガ、スズキタダシサン、と言ったら、ソウナノ、スズキタダシさんはフランス人だったの! と言ったというのである。
 利賀村で演劇活動を始めた初期、私はインドの劇団を招聘したことがある。中央省庁から富山県庁に出向してきた役人の奥さん、富山の生活に退屈したのか、東京で噂に聞いていたのか、SCOTの活動に興味を持ったらしい。県庁の職員の案内で観劇に来る。
 タマタマ、その日はSCOTの公演がない。仕方がないから、インドの舞台を観てもらうことにした。終演後に挨拶をと、私の家に立ち寄る。お茶を飲みながら彼女は言った。SCOTの皆さん方は、インド人に似ていますわね。私はアゼンとしたが、ダマッテイタ。アレハ、インドの劇団ですよと、即座に否定しては、ナンダカワルイヨウナ気にさせられる程に、ホガラカに感心していたからである。
 シカシ、マア、思い込みというものはオソロシイ。ジブンノ思いを訂正するのではなく、対象の実体の方を変化させて、ジブンノ思い込みに整合性を与えてしまう。インドの舞台では、一言も日本語は喋られていないし、明らかに顔も平均的な日本人のソレとは違っているのである。
 こんなこともあった。新国立劇場でゴーリキーの「どん底」を上演した。この戯曲のシチュエーションは、ロシアの貧民窟。住人たちは殆どロシア人だが、一人だけダッタン人が混じっている。住人たちはお互いに名前で呼び合うのだが、彼だけは、オイ! ダッタンとか、ダッタン人とかと呼ばれている。
 この舞台に出演していた劇団の女優の姉が観にきた。観劇後に姉は言ったそうである。アノ、ダッタン人、よくアソコマデ、日本語を覚えたわね。本当にダッタン人が出演していると思い込んで舞台を観ていたらしい。もちろん、ダッタン人を演じていたのは、レッキとした日本人、SCOTの劇団員である。
 先入観や思い込みに捕らえられ、対象を冷静に感受していないと、トンデモナイすれ違いが起こる。私も失敗をしたことがある。
 ハイ、SCOTです。オオー元気か! ハイ! ところで、いつも劇団の事務所に出前してもらっているウナギ屋は、やっているかな、アシタだけど。やっていると思いますが。オレの家まで、チョット遠いけど届けてくれるかな。ソリャア届けるでしょう。コノ電話番号は何番だ。○○○です。アリガトウ。東京の目白に事務所があった頃である。
 私はすぐに教えられた番号に電話をする。再び、ハイ、SCOTです。同じ事務局員の男の声。どういうことだ、コレハ! ウナギ屋ではナイジャナイカ! だってチュウサン<私の呼称>は、コノ電話番号は何番だって言ったもんですから。ダッテ、オレハ、コノ電話番号に電話して話していたんだよ。その電話番号を尋ねるわけが、ナイジャナイカ! キイタノハ、ウナギ屋のデンワバンゴウ! 事務局員は言う。私もヘンだと思いました。コノ電話番号は? と言うもんですから。オレハ、キチガイデハナイ、ガチャン!
 ナントモ、ナサケナカッタ。自分の事務所に、イマ電話しているのに、その事務所の電話番号を返答されて、ウナギ屋だと思い込んだのである。そして、スグ電話をしてしまうなんて。タシカニ、この男の言うことにも、一理はある。この男にはコノではなく、ソノ電話番号と言うべきだったかもしれない。いつもは暗記していて事務所に電話しているのに、キガツカナイとは、マッタクの不覚。ウナギに心をとられ過ぎていたとしか言いようがない。ソノタメニ、話の全体的な内容から判断された返答ではなく、言葉の断片の表面的な意味だけに反応されたことに気がつかず、ソノママ、ソレヲ信じてしまった。
 世の中には色々なスレチガイがある。ソレモ、対象に冷静に接する心の柔軟性が欠落した時に起こることが多い。思い込みや先入観、モノに捕らわれ過ぎること、年をとるとこれらに気をつけなければならないと、最近の自分を見つめても、改めて感じる。 

一覧へ

April,17,2015

4月17日 デカイコト、ヘ!

 劇団四季は青山劇場で「ハムレット」、新宿西口のテント劇場で「キャッツ」の公演をしている。どちらかの舞台を観てもらってからの対談にしよう、と浅利慶太が言っていると新聞記者からの連絡。即座に「キャッツ」を選択した。私は丁度その直前、ニューヨークのジュリアード音楽院に教えに行った時、ブロードウェイでアメリカの「キャッツ」を観たからである。
 「キャッツ」は浅利慶太が、日本にもミュージカルを根付かせるのだと意気込んだ話題の公演。どうせ、版権はアメリカにあるのだから、演出はそれほどの違いがあるわけではなかろうとは思ったが、日本の役者がどれほどの力量を示すのか興味津々だったのである。
 観劇した翌日、新聞記者からの電話。ドウデシタ? 私はシバラクの沈黙。新聞記者が言った。浅利さんは「ハムレット」を観てほしかったそうです。ハムレット、ネー。私はああいう若者の悩み方に、アマリ、興味が持てないもんだから。
 実際は四季の役者たちの語り方で、シェイクスピアの台詞を聞くのが辛かったのである。ソウデスカ、ソレデ、「キャッツ」、ドウデシタ? ガンバッテイタ、とは思いますよ。私は一応の礼儀はつくす。タシカニ、私の予想よりは、ガンバッテいたのである。しかし、その後の一言が、イケナカッタ。役者の演技が、マダ少しぎこちなく、<ネコ>みたいではなく、<サル>みたいな印象だった。ヨセバ、ヨイノニ、新聞記者は私の感想を伝えたらしい。ソレデ、対談は、ナシ!
 浅利慶太とは何度か顔を合わせる機会があった。音楽評論家吉田秀和さんの何かの記念で、加藤周一や小沢征爾、それに彼と私が発起人の会があった。当然、二人だけの会話の時間は、ヤッテクル。その時に彼の言った言葉は忘れられない。スズキ! ミュージカルは世を忍ぶ仮の姿、これからはストレートプレイに全力を投球するからな! 最近の彼の動静を新聞記事で知り、思い出した。
 浅利慶太が高齢を理由に劇団四季の社長を退任し、「浅利演出事務所」を設立した。そして、劇団四季とは別に、独自の演劇活動を開始するのだという。82歳。オドロキデアル。「不思議に演出だけはぼけないんですよ」とは記者会見での弁。強気の芸術的発言である。経営者としては功なり名を遂げて老人になり、劇団経営が煩わしく、また周囲からも敬遠されることも多くなったことは推測できるが、新しい活動の第一弾が、フランスの劇作家ジロドゥの「オンディーヌ」、妖精の恋物語りの芝居である。浅利よりずっと年下の妻が主演だと聞くと、チョットナー、という気もするのである。
 四季は1953年、学生劇団で活躍していた人たちによって創設された。演劇理念を明確にした同志的色彩の強い劇団である。その点では、私の劇団SCOTの成り立ちに似ている。当初はフランスの戯曲の上演が多かったが、1990年代になると、主にアメリカのミュージカルを上演する劇団になり、劇団員800人を擁した時期も。年収100億~200億、東宝や松竹などの興行会社に匹敵する企業集団に変身していく。
 四季の初期の活動と浅利の発言は、先行の演劇=新劇への否定的闘争心に彩られ、フランス演劇の教養をバックに、知的でハイカラな文学的演劇青年の見本のようなものだった。その成果はともあれ、私も彼の理想とする演劇への想いと、発言の歯切れの良さには、一定の敬意を感じたものである。俳優座の千田是也、民芸の宇野重吉と並んで、私が意識せざるをえなかった日本の現代演劇界の先輩である。
 「もし貴方がたがリアリズムの方法論を徹底させるなら、何故無名の新人の、力弱いものでもいい、アメリカ帝国主義のメカニズムに支配された日本の現実を描くドラマを選ばないのでしょう。ナチスドイツの暴虐よりは日本という現実で捉えられるアメリカ帝国主義の暴力の方が、より複雑で、悲惨をもたらすことは貴方がた自身がよく知っている筈です」<演劇の回復のために>
 既成劇壇の先輩たちを批判するこの激しさ、今の若い演劇人には、オドロキの浅利慶太であろう。しかし、1955年のこの発言内容は、現在でも有効である。日本だけではなく、アメリカ帝国主義の暴力は世界中で猛威をフルッテイル。
 私は浅利慶太に尋ねてみたい。劇団四季の退団者や妻とではなく、この発言に表出されているような青年の気合で、貧しく力弱い世界の若者たちと共に今一度、アメリカという怪物と最後の一戦を交える気はないかと。くれぐれも、日本の政治家や経営者のように、我が身の利害と身近な人間関係だけに気を遣う老後を送るのではなく、世界に向かって<デカイコト>を言う演劇活動をしてほしいものである。それこそが、グローバリゼーション時代の格差社会に必要な、厳しい経験を積んできた浅利慶太にしかできない社会的役割のようにも思えるのだが。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010