新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

June,30,2015

6月30日 目前心後の欠落

 日本には国内の業界や業者を、保護したり支援する文化行政はあっても、文化政策は存在しない。文化に対する政治家の世界的な視野と見識が欠落しているからである。文化政策とは国家・民族の行く末を戦略的に思考し、日本人の精神的誇りの拠り所を創ろうとするものである。当然、国際的な情勢を踏まえて、日本の現状を分析し、有り得べき未来の姿を想像し、創造しなければならない。そのための政策の立案と実践の中心には、優れた政治家の存在を必須とする。内閣官房の中に国家安全保障局があるなら、それと同等のように国家維持文化政策局が存在してもよいぐらいだと思う。
 これは当然、情報を収集して他国の行動に対処したり、それを牽制するためのものではなく、敵対する他の国にたいしても、我が国の独自な文化の利点をもって、その精神活動にも寄与貢献しようとするものでなければならない。
 文化とは永年にわたって築かれた集団のルール、生活慣習やコミュニケーションの方法を共有し、それをベースに集団の人間関係の調和と秩序を保とうとするものである。だから、歴史と伝統に支えられた文化で育った集団の人たちほど、他の集団の文化に馴染んだ人たちと、共存して生きるのは難しいことが起こる。EUや中東に見られる社会上の摩擦も、その主因の一つに、この文化に特有の性質がある。
 こういう視点から言えば、芸術は違う。芸術摩擦というのはないのである。優れた芸術家は特定の集団に帰属することを誇りにし、それを自己主張するものではない。むしろ、異質な歴史や伝統を生きている人たちと、自らの作品を提出することで連帯しようとする。どんな国に住んでいようと、芸術家同士はまずお互いの違いを確認し、その違いを前提に、共通の対話の場を成立させようと努力するのである。そして、人類が永年にわたって築いてきた、人間という普遍的な概念をさらに深化させ、生きることに励ましを与えようとするのである。優れた芸術家が、自分が属する国の文化的土壌を離れても、まったく異質な歴史と伝統をもつ国や民族に受け入れられ、尊敬されるのもそのためである。
 最近の新聞報道によって、自民党に文化芸術懇話会があるということを知った。しかし、この会の名称と、そこで話されている内容のあまりの乖離に仰天した。この会に集まった人たちの発言の裏にある心情は、第二次大戦前の官憲の、ソレに近い。自民党への批判者にたいする態度は、横柄で権力的、現政府に批判的な沖縄の新聞を潰せとか、経団連に働きかけ、マスコミの広告料収入を減らし、懲らしめようとか、オマエラハ、ナニサマダ、と叫びたくなるほどのものである。前の民主党政権のインチキな約束よりは、少しは地道に国の未来の道でも探すのかと思ったら、コノ、テイタラク! 文化芸術懇話会とは、キイテ、アキレル。民主党の議員もそうだったが、権力に近づくと、人間はカクモ軽薄で不用心になるかとの見本。国の将来のために、文科省はこの一部始終を、道徳の教科書にでも載せるべきではあるまいか。
 世阿弥に「花鏡」という著作がある。舞台上の俳優の心得、演技とはどのような心でなされなければならないか、見事な譬えで論じたものである。世界の演劇史の中でも傑出したものだと思う。特に「離見の見」という言葉で、舞台上の俳優が如何に醒めた状態でいなければならないかに言及した一節は、他者の期待の視線を引き受け、その期待を少しでも現実のものにしようと努力する人間、別の言葉で言えば、多くの人に見られることを、人生の責務として選んだ人間に必要とされる心構えに触れている。
 舞に「目前心後」といふことあり。目を前に見て、心を後に置けとなり。これは、以前申しつる舞智風体の用心なり。見所より見るところの風姿は、わが離見なり。しかれば、わが眼の見るところは、我見なり。離見の見にはあらず。離見の見にて見るところは、すなはち見所同心の見なり。その時は、わが姿を見得するなり。わが姿を見得すれば、左右・前後を見るなり。しかれども、目前・左右までをば見れども、後姿をばいまだ知らぬか。後姿を覚えねば、姿の俗なるところをわきまへず。さるほどに、離見の見にて、見所同見となりて、不及目の身所まで見智して、五体相応の幽姿をなすべし。これすなはち、心を後に置くにてあらずや。
 集団的我見とも言うべき権力の竜巻に、ナルシスティックに巻き込まれ易い最近の政治家、前述した自民党の人たちだけではなく、権力闘争に明け暮れて、「離見の見」を忘却して自滅した民主党の議員たちにも、この言葉は絶えず、心に留めておいてもらいたいものである。
 現在の世界情勢の中で日本を考える時、政治家にもっとも要請されている心構えは「目前心後」であり、「離見の見」の境地から「不及目の身所まで見智」して、世界の人々の眼に醜悪な姿を晒さないことだと私は思う。 

一覧へ

June,27,2015

6月27日 適当と不適切

 適当とは、状態とか目的に物事や言動が、ウマク、アテハマルコト、ふさわしさを表す言葉である。それが的をはずしていたら、不的当=不適当である。しかし、この適当という言葉は、否定的なニュアンスをともなって使われる場合がある。物事を明確に処理しないで、イイカゲン、にすることである。
 私などは事務的な場面で時々、後者の意味で使うことがある。自分で考えること、自分で物事に対処することが面倒になると、要領よくやっておいてくれ、テキトウニ、などと事務局員に言ってしまう。上手に物事の辻褄を合わせたり、しかるべき人間関係の場を、私に代わって取り繕って欲しいときには、テキトウニ、ナ! とかと念を押す。
 適当という言葉には二面性があるが、似たような言葉でも、適切ということになると様相は違ってくる。この言葉には、物事がピッタリと一致すること、状態が正しく在るという価値観が入り込んでいる。否定的に使われることはない。テキトウダナー、アイツハ、は批判や否定の感情が表されているが、テキセツダナーは褒め言葉である。否定的に使いたければ、<不>という字を頭に付けざるをえない。不適切である。
 私の高校時代、カタブツの校長先生が、ある男子生徒が女子生徒と不適切な交際をした、君たちにはそういうことのないように、キヲツケテホシイ、と訓戒をたれた。校長は男女間の交際に、適切と不適切があると言うが、その違いは何によっているのか、考えさせられたものである。マア、この二つの言葉の間には、いわゆるセックスの在り方が横たわっているのだが、それなら不適当な交際でも良いのではないか、適切なセックスなどと言われても、無理がある、適当な夫婦はいても、適切な夫婦関係などは分からないのである。
 最近、不適切会計という言葉に出会う。東芝という会社が不適切な会計をして、損益の数字を偽っていたというのである。そのために会社は、大きな損害を出した。ところが、その事実が露見しても、それを行った当事者の行為は犯罪にはならない。数年をかけて完成する工事などを受注した場合、年度毎の決算のインチキは不適切だが許容範囲、会社に損害を与えているかもしれないが、社会上の不法ではない。だから、不適切、正しくないとするだけである。官僚の発明した言葉であろうか、日本人らしい便利かつ見事な言い方だとホトホト感心する。
 この適当と不適切、この両方を兼ね備えていて唖然とさせられるのが、建設費の負担をめぐって、文科大臣と東京都知事の言い争いにまで発展した新国立競技場騒動。これを見ていると、タダ、タダ、ハズカシイのである。設計図の選定過程から建設費の見積り、工事期間の不確実性、これらすべてにおいて関係者は、テキトウな態度で、フテキセツな対応をしている。建設費は1,300億から1,600億、そして2,500億円とガラガラと変わる。ロンドンや北京の競技場の建設費は数百億円前後である。タカガ、スポーツの施設、ベラボウな数字。東芝は民間企業だが、こちらは国民の税金を使うのである。これも不適切会計ではなかろうか。
 何よりも不思議なのは、設計図の決定者や当初に建設費を見積りした責任者の、公的発言がないことである。誰が何を、どういう理由で決定したのか、定かではないのである。関係者の殆どが、困惑と不満顔をしながら、当初の設計図と建設費を前提に、絶えず修正に修正を重ねる。ジツニ、いい加減で適当、モウ、ヤメタラ、オリンピック、と言いたくなるほどの光景である。このプロジェクトのリーダー、最高責任者は誰なのか、国民に物事の推移を、詳しく適切な言葉で説明すべきだろう。
 政治家やその周辺をウロツク人たちが、適当な態度で物事を不適切に処理する。それを知りながらも、外野からヤジを飛ばすだけのジャーナリズムや適当な態度の国民、この不適切な政治と国民の関係を覆すこと、そのためには何をどうすれば良いのか、その議論と戦いの仕方を、日本の現在はあらゆる分野で必要としていると思える。 

一覧へ

June,20,2015

6月20日 誕生日のデキゴト

  今月の前半に右眼の手術をしたために、新しいブログを書けなかった。術後しばらくは、物の見え方が少し違っていたのと、集中した目視をすると疲れて、眼が痛くなった。ようやく慣れてきたので、こうして画面に向かっている。一昨日、日本を発ち、烏鎮に2泊し、今日北京に到着したが、心配なさそうである。
 烏鎮という町は、上海から車で一時間半の所にある。1300年ほど前に出来た旧い町である。外観は昔の雰囲気を残してはいるが、家の内部は目的に沿って、機能的に手が加えられている。規模は小さいがヴェニスを想わせられる。
 谷崎潤一郎は、この烏鎮から運河で繋がっている蘇州を東洋のヴェニスだと言ったが、街の中を縦横に横切る運河と、その中を走る小船の多さを見ると、私にはこちらの方がヴェニスのようだと思えた。ただヴェニスと違うのは、同じく観光客が多いとはいえ、夜10時過ぎになると人の行き来はなくなる。街全体をライトアップしていた明かりは消されるから、街路や水面も暗くなってしまう。そして、すべての店は閉まってしまうのである。
 この観光地の特徴は、ホテルや旅館、レストランや喫茶店の経営者はいても、この町で生活する住民がいないことである。経営者や店の従業員たちも大半は、この町の外に在る自分の家に帰る。残っているのは、主に観光で来た宿泊客、だから夜の街路は人影もなく、宿泊客の窓からもれる灯りで微かに明るく、運河の水面にうつる家並みが暗く浮かぶだけ。この光景はこれでなかなか、ミゴトなのだが、翌日の朝8時の町の開門で一変する。街路は人で溢れる。年間に600万人以上の人たちが、観光に訪れる町なのである。
 この観光地を開発した陳向宏さんは、不思議な人である。この町の中に劇場を三つも造った。そして、二年前から烏鎮国際演劇祭をスタートさせた。中国の若い演劇人たちを応援するためだが、欧米からも私の知人たちが招待され公演している。昨年には、この町から少し離れた所にある廃工場を買い、今年の末には文化施設に改造し、新しい活動を展開するのだという。
 この陳さん未だ52歳、私とは親子ほどの違いがあるのだが、静かな集中力の気迫を身にそなえている。何度も会っているうちに、人間としての魅力を感じ、親しくなった。私の考えていることを、この烏鎮で国際的に展開することをすすめられ、新しい施設の視察に来たのである。ウマク、話しがまとまるかどうか、私の要求はすでに伝えたが、金の儲かる計画でもなし、支援者になってくれるという陳さんの腹と決断次第である。
 陳さんは北京の郊外、万里の長城の麓にも、烏鎮に劣らぬ大規模な観光地、古北水鎮を開発した。そこにも大きな野外劇場を造った。ついでに、そこも視察してくれと言われ、来たのである。そして6月20日、私の誕生日。陳さんがライトアップした万里の長城を眺めながら、野外レストランで、中国の知人たちも一緒に食事をした。その壮大な光景。中国の歴史の迫力を感じさせられる。
 陳さんは国際的な注目を集める、芸術センターのようなものを構想しているようである。7月末までには結論が出る。モシ、話しがマトマレバ、そのセンターの芸術総監督に就任ということになるのだが、76歳からの新しい事業。少しの心配もあるが、モトモトハ、日本と中国との政治的な関係が、ギクシャクしだしたので、日本と中国の友好的共存のために、私なりに何か役立つことはないかと身を寄せてみた中国。中国の友人たちの助けを借りながら、ドコマデ、デキルカ、全力でヤッテミル価値はあると思っている。 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010