新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

November,30,2015

11月30日 最後の教室

 私の訓練をもっとも良く習得した外国人俳優は誰かと聞かれたら、まずアメリカ人の二人、男優のトム・ヒューイットと女優のエレン・ローレンの名前をあげざるをえない。二人とももはや50歳の半ばを越えているが、未だアメリカ演劇界の第一線で活躍している。その二人が今年の12月、同時期に東京の舞台に登場する。
 トムに初めて会ったのは1980年、彼がウィスコンシン大学の演劇科の学生、18歳の時である。私が初めてアメリカで私の訓練を教えた時の最初の生徒。今や彼はアメリカミュージカル界のスターだが、20代の頃は夏になると毎年利賀村に来て私の訓練をしていた。それだけではなく、私の舞台の主役のいくつかをも演じている。「バッコスの信女」のペンテウス、「王妃クリテムネストラ」のオレステス、「リア王」のリアなどである。
 これらの舞台はドイツ、ギリシャ、アメリカなどでも公演したが、特に「リア王」は全米で147回も上演し、8万人の観客を動員した。日本では東京赤坂の草月ホールでの「リア王」が、彼の最後の公演だったと記憶する。このトムがミュージカル「CHICAGO」の主役、弁護士役で来日するというから驚くがナントモ懐かしい。来日経験のある人たちに必要性を強調され、最初に覚えてきた日本語が「男子のお手洗いは何処ですか」、18歳の顔で笑っていたのを思い出す。
 エレン・ローレンは今年の夏、SCOT創立50周年の記念公演「エレクトラ」でクリテムネストラの役を演じている。彼女は「ディオニュソス」のアガウエ役でもしばしばSCOTの舞台に出演している。20代の半ばからのことだから、利賀村滞在は数ある外国演劇人の中でも、最も長いかもしれない。女優になる以前はアメリカのオリンピック出場メンバーの一人であった。
 現在は私がアメリカの演出家アン・ボガートと創立した劇団SITIの芸術監督であり、ジュリアード音楽院で私の訓練も教えてくれている。彼女は12月の吉祥寺シアターでの公演「エレクトラ」のために来日する。
 この二人が一度だけ私の演出で共演したことがある。劇団SITIの創立第一回公演「ディオニュソス」である。トムがペンテウス、エレンがアガウエを演じている。ニューヨークから車に乗り約3時間の所、洒落た小さな町サラトガ。競馬場でも知名度のある町だが、そこに在るスキッドモア・カレッジの劇場での公演、1992年のことであった。公演日の都合で今回は、二人はお互いの舞台を観ることはできないようである。
 こうして書いていくと、私がスズキ・トレーニング・メソッドを教えてきた時間の長さを改めて感じる。歳のせいもあってある時期から、私自身が自ら訓練を教えることはしなくなったが、今でも世界中からの要望は多い。むろん、ここ数年はすべて断っている。しかし先頃、利賀村以外の日本で、私の訓練を本格的に公開したことがないことを指摘された。
 もういつまでも元気でいられるかオボツカナイ年齢、迷いもあったが思い切った。公演のチラシには、最初で最後という文字が記されてある。最初はともかく最後になることだけは確かである。アメリカ人俳優の来日に刺激されたこともあるが、吉祥寺シアターで訓練の本質の一部を見せることを決心した。
 日本の演劇人がいちばん誤解している訓練。しかし、訓練は訓練、それだけ見せても仕方がないので、それが実際の舞台にどう生かされるかも含めて公開し、いささかの解説を加えることにした。中国の俳優、万里の長城の麓の野外劇場で先月ペンテウスを演じた男優、田冲にも加わってもらうつもりである。専門的な演劇理念と実際の演技のことではあるので、経験のある演劇関係者が来場してくれると有り難い。
 6年間も続いた吉祥寺シアターでの最後に相応しい、演劇教室になればと思っている。 

一覧へ

November,29,2015

11月29日 仁義なき戦い

  フランスで起こった同時多発テロの数日後に電話がある。あなたはこの事件をどう見ますか。こんなことを電話で突然にきかれても、マトモに答える気はしない。
 少し気楽にイコウ! と思って、ソウダネェー、仁義なき戦いだねぇー。相手は少しメンクラッタようで、ハアー、ジンギデスカ! ウン、俺が若い頃に、そういう題名の映画があったよ、広島のヤクザの抗争もの。
 それまでのヤクザ映画とは違って、登場する人物に仁義がない。裏切りや陰謀のヤクザもの。ソレマデノハサ、一匹狼のヤクザにも仁義の心があって、マア義理と人情のようなものだけど、人間としての筋を通すことを考えていてさ、悪くて強いヤクザの組に殴り込みをかけたりしてた。イジメラレテル他人のために義侠心というのを起こして死ぬわけ。モチロン、相手の親分を狙って殺す。相手を殺して生き延びちゃったら、ドウドウと刑務所へ行った。ソレガ、随分と変わっちゃったね。
 世界で起こっていることは、ヤクザの出入りと同じですか。今のは弱いヤクザの組が追い詰められすぎて、無差別のイヤガラセをしている感じ。昔の映画のヤクザは関係のない一般市民は殺さない、殺す対象はハッキリしていた。中国伝来の任侠道にかぶれて、弱きを助け強きを挫く、チョット舞い上がった男の美学みたいなところがあったな。
 そうするとセンセイは。センセイはヤメテクレナイカナー。ハイ、そうするとスズキサンは、この事件には義理と人情というような人間としての道理がない、人間性にたいする裏切りだと思ってるわけですね。ソウニ、キマッテルジャン。フランス側もですか。フランスの報復は正義になりませんか。セイギネー、オレハ、その言葉は嫌いなんだよ。そんなものヤクザの世界にあったためしはない。自分勝手があっただけだよ。フランスがヤクザの国だなんて初めて聞きました。ソウカイ、この男もフランスかぶれかな、と私はツブヤク。
 フランスのオランド大統領は、ウクライナやクリミヤを侵略したことで激しく非難していたロシアとも連帯したいようですけど、どう思いますか。マタマタ、メンドウクサイことを聞く。俺は暴力団の評論家ではない! ダカラ、仁義がないと言ってるでしょう。
 敵の敵は味方だと言うけど、オトシドコロが分からない。ただ一緒に殴り込もうなんて。「俺の目をみろ何にも言うな、男同志の腹のうち」北島三郎の「兄弟仁義」みたいにはイカナイ。オランド組とプーチン組のヤゴウは駄目だと思うよ。
 相手は知識人のタマゴかも、少しウンザリしたようである。私がチットモ、マジメに答えていないと感じるようである。それにフランスに同情するようなことを、少しも言わないのが気に入らないらしい。ISに道理があると思いますか、とくる。私はすかさず、バカを言ってはいけない。あんな新興ヤクザは潰すべきだと思っているよ、アレモ、しかるべき仁義を切ってないからね。
 タダネ、ISを生み出したのは、最近ではイラクに仁義なき戦いをしたアメリカ、その前はフランスとイギリス、ソレヲ、自覚してもらわないとね。アンタは「アルジェの戦い」という映画を観たことがあるかい? フランスの植民地だったアルジェリアが独立しようとして、どれだけのアルジェリア人が弾圧や拷問で殺されたか、フランスは国家的にテロ行為をやっていたことを忘れるべきではないし、イギリスだってアラブ諸国の国境を勝手に決めたり、イスラエル独立の時はユダヤ人に対して頻繁にテロを行っていた。ヤリタイホウダイだったよ。仁義なき戦いはEUとアラブの宿命だね。
 難民のことはどう思いますか。悲惨だよ、一般のアラブ市民は。国に残ればシリアでもイラクでも政権側か反政府側あるいはISの兵士にされて、いずれは死ぬ。爆弾は空から絶えず降ってくるし、逃げ出す以外に生きる希望はない。ましてや子供の将来のことを考えたら、あんな所に居られるわけがない。アンタも質問ばかりしていないで、難民の一人や二人を受け入れる準備でも考えたら!
 マズ、センセイの意見を聞いて参考にしまして……打てば響くようにチョウシが良いことを言う。むろん、私も何かができるわけでもない、稽古があるからコレグライデナ、と電話を切る。長い会話であった。
 夕方のNHKのテレビ報道でフランスからの中継がある。アナウンサーが開口一番、寛容の国フランスでは、多くの困難を迎えて緊張が高まっている、とかなんとか興奮して喋っている。フランスが寛容の国だとは笑える。フランスヤクザが寛容なら、ニッポンヤクザはどうなんだろう。隣に居た劇団員の一人がすかざす答える。ニッポンヤクザはオモテナシが得意。世界の人たちに優しく真心を尽くす組だと世界中が思ってますよ。
 最近はオモテナシのニッポンヤクザも、多くの困難を抱えて、今や緊張は高まりつつあるだろう。コトニヨッタラ、面<オモテ>なし=顔のないヤクザの国になってしまうかもしれない。だからといって、殴り込みの得意なヤクザにだけはなって欲しくないものである。 

一覧へ

November,09,2015

11月9日 ナンデモ、カミ

 エウリピデスの「バッコスの信女」は文化摩擦を扱った戯曲である。異なった価値観を有する集団が出会い、激しい闘争を繰り広げる。その際に、双方がどんな戦術を用い相手を倒そうとするか、どうやって自分たちの信ずる価値観を浸透させようとするか、それを克明に描いている。もちろんこの戯曲は、新来の集団的価値観に対して同じ家族の構成員が示す、拒絶と弾圧、現実的な受容、熱狂的な参加、という三様の対応がいかに家族を悲惨な崩壊に導いたかに焦点を当てている。
 この戯曲を初めて演出・上演したのは1978年、東京都の神保町にある岩波ホール、私が芸術監督として始められた「岩波ホール演劇シリーズ」の二作目である。酒の神ディオニュソスを観世寿夫、テーバイの王ペンテウスとその母親アガウエを白石加代子が演じている。一カ月間の公演を予定していたが、観世さんに癌が発見され、公演は途中で中止、観世さんとの芸術的交友の最後の仕事になった。
 「岩波ホール演劇シリーズ」の一作目は、昨年25年振りに改訂して上演した「トロイアの女」、これもエウリピデスの戯曲である。この舞台では原作の台詞が詩人の大岡信の手によって少し書き直されている。また、合唱隊の台詞は大岡信の詩を使った。しかし、「バッコスの信女」で俳優が語る言葉は、すべてエウリピデスの書いたもの。神様が登場する戯曲だから、難しい宗教用語が随所に出てくるが、松平千秋訳の日本語は俳優によって上手に語られると、優雅にシックリと舞台に納まる見事なものである。
 この「バッコスの信女」を「ディオニュソス」の題名で新しく演出し直したのが1990年、水戸芸術館ACM劇場のオープニング公演の時である。岩波ホールで上演した「バッコスの信女」とは舞台の創り方は違っている。しかし、ベケットの戯曲の台詞が挿入されたりしていて、SCOTの俳優だけによって演じられている昨今の「ディオニュソス」とも少し異なっている。エウリピデスの台詞だけが舞台上で語られるようになったのは、最近のことである。
 「バッコスの信女」を「ディオニュソス」という題名に変更したのには理由がある。この戯曲ではギリシャ悲劇にしては珍しく、神様が舞台上の主役として実際に登場して、奇妙な言動をする。そしてその神様は人間の姿をして登場しているのである。実際の戯曲においても、このディオニュソスと称する神様は、自分は神なのだが、わざわざ人間の姿をして来たと言うのである。
 この神と称する人物と敵対するテーバイの王ペンテウスは、この人物を神として認めようとしていないから、当然のことながら尋ねる。お前は神は居るというが何処に居る? 俺の目には一向に見えない。すると、自らがディオニュソスであると称する男は答える。私の立っている所。あなたは信心がないから、神のお姿が目に入らない。
 現代人にとっては神とは幻想の産物であり、イメージであるから、ペンテウスの疑問は当然であり、男の答え方の方が詭弁ではないかと感じると思う。
 実際のところ、私もある時からそう思った。この戯曲の中でペンテウスの疑問に対応するディオニュソスの答え方は、神のそれではなく、ある集団が確立した価値観である思想や観念、それに基づいて創られた行動の正当性を伝えようとする際の、リーダーの態度と理屈の展開に似ていると思えたのである。
 異国からテーバイに押し寄せてきた集団を宗教集団と見なせば、ディオニュソスと称する人間は、ディオニュソス教の神官、あるいは教団の創立者=教祖に思えたということである。観劇後の観客から質問されたことがある。何故、戯曲の中ではディオニュソスが神として一人で語る言葉を、多数の僧侶が語るように分割したのかと。
 題名を「ディオニュソス」に変えてからの舞台を見た人の感想だが、世界中で起こっている異文化同士の激しい争いを考察すれば、その答えは簡単である。ある時点から私は「ディオニュソス」とは集団の行動を統制する価値観のシンボル、集団が担いだ神に過ぎないと解釈を変更したのである。それ以来、ペンテウスは戯曲に書かれているように、母親アガウエに殺されるのではなく、僧侶たちによって殺される演出にしたのである。
 それでは何故、最後の場面に、母親が胴体から切り離された息子の首をもって登場するのかということになるのだが、それは教団のマインドコントロール下に入ったからである。教団によって創作された物語り、その主役を演じさせられたスケープゴートの姿なのである。それを戦闘的な集団が敵に対して行った、見せしめとしての行為だと見なしてもよいだろう。
 宗教的な催眠状態から醒めたアガウエは、自分がどのような文脈の中で踊らされていたかを悟る。たから、放浪の旅に出る決意をするのだが、彼女が最後に言う次の言葉は、この文化摩擦とも言うべき事件の顛末をよく示している。
 「さらば屋敷よ、さらば故国よ<中略>今はただ、忌わしいキタイロンの山の姿の見えぬところ、奉納の霊杖が悲しい思い出を誘うことのないところへゆきたいと願うのみ。そのようなものはほかの信女らが、崇めたければ、勝手に崇めるがよい」
 人間はイツでもドコでも集団で行動する時には、何らかの<カミ>を必要としている。その<カミ>は必ずしも宗教心だけから生み出されるとは限らない。それはアメリカやEUやアラブ諸国の戦闘的な行動を観察すれば分かることである。現代では理屈さえつけば、ナンデモ、カミ、になるのである。
 しかし、政治家や宗教指導者によって突然のように出現する、正義の衣を纏った<カミ>、それを錦の旗にして繰り広げられる戦争、その渦中でどれだけの死者や難民が生み出されているか、古代人エウリピデスの眼力の射程の長さには改めて驚かされるのである。 

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010