list

新・帰ってきた日本

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

SCOT ブログ

December,28,2017

12月28日 「劇的Ⅱ」の映像

 吉祥寺シアターでの「北国の春」、「サド侯爵夫人」の公演を24日に終え、劇団員全員が26日に利賀に戻る。昨日は猛吹雪の中での忘年会、劇団は今日の朝から休暇に入った。
 来年は1月16日から利賀での稽古を開始するが、その前日の15日に東京で初顔合わせ。早稲田大学の大隈講堂に集合して、早大演劇博物館主催の「劇的なるものをめぐってⅡ」の稽古映像を見る。私は映写の前に、この作品について渡辺保と対談をすることになっている。観客数1,000人だが、申し込みは既に満員とのこと。
 この作品の初演は1970年、奇しくも三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊でクーデターを呼びかけ割腹した年である。私は早稲田大学裏の麻雀屋で、その時のニュース映像を見た。まさか後年、私の演出した彼の戯曲の舞台「サド侯爵夫人」が劇団SCOTの代表作のように見なされるなどとは、マッタク、不思議な巡り合わせである。
 この「劇的なるものをめぐってⅡ」の映像は稽古風景のものである。2年前、演劇博物館が女優の渡辺美佐子から、同じ時期の稽古風景を記録した映像を寄贈されたらしい。演劇博物館から、貴重な映像なので映写会をしたい、と申し出があったが一度は断った経緯がある。
 演劇博物館は本番の映像だから良いのではと言い張ったが、この作品には公演本番の記録映像は存在しない。渡辺美佐子はどうしてこの映像を手に入れたのか、しかも私の所有しているものとは異なっていた。今や綺麗にプリントをし直すこともできないフィルムのもの、当時の一時期にだけ発売された旧いカメラで撮影されたもので、映像は場面によって不鮮明、音声もカメラに付属したマイクでのものと思われ不明瞭な所がある。正確ではないかもしれないが、早稲田大学の学生グループが、五日間ほど稽古を見学しながらカメラを回していた記憶があるから、その人たちから流出したものかもしれない。この作品の初演時の観客の反応については、以前のブログ「イノチガケ」に書いたことがある。
 今日、この約50年前の舞台映像を改めて見たが、マズ使用されていた音楽に驚く。サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」の会話の冒頭場面に流れる音はチンドン屋の曲、最近の私の舞台でお馴染みのチンドン屋。それに都はるみの歌があるかと思えば、幕切れの鶴屋南北の殺しの場面は、任侠ものの流行歌「男の裏町」をジャズ風に編曲したものである。ナンダカ、チットモ、カワッテイナイ、のである。しかも、この舞台の主題曲として流れるのは、「むらさき小唄」の演奏、その歌詞は「流す涙がお芝居ならば、なんの苦労もあるまいに……」、映画「雪之丞変化」の主題歌である。自分で言うのも少し、オカシイかもしれないが、若さに任せたメチャクチャな演出だとはいえ、当時の人生観と演劇観がそれなりの理屈で表明されてはいた。
 しかし、この映像をチョット見ただけでは、一般の人だけではなく、今の演劇人にも、ナニガ、ナンダカ、ワカラナイ、とは思う。ましてや稽古のそれである。ソコデ、私の年来の友人であり、演劇評論家としてもっとも信頼する渡辺保の声に耳を貸すことになる。彼は折節に言っていたのである。
 映像は未来永劫に残ってしまうし、この舞台を実際に見た人も少なくなっているのだから、映像を公開してチャント解説をした方が、イイヨ。私は昔の映像を見るのは、イツモ、恥ずかしいのだが、渡辺保がそばにいてくれると言うので、今回は安心して演劇博物館の申し出を了承した次第なのである。もちろん私の所有していた映像でである。
 言い訳なのか、宣伝なのか、ともかくこの経緯を記録しておこうとしたのか、ナンダカ、年の暮れに似合わないブログになってしまった。 

一覧へ

November,26,2017

11月26日 シアター・オリンピックス・利賀

 今年の夏、SCOTサマー・シーズンの幕開きに、シアター・オリンピックスの国際委員が集まった。その折に、2019年の8月から9月にかけて、九回目のシアター・オリンピックスを利賀村で、ということになった。むろん、これは私が言い出したことである。
 2019年というのは、今に到るまでのシアター・オリンピックス開催を、陰で支えた斉藤郁子が亡くなって七回忌にあたる。日本では故人を偲ぶための重要な年だから、私は斉藤の功績を称えるためにも、利賀村でのシアター・オリンピックスの開催はどうだろうかと提案してみたのだが、参会者全員が積極的に賛成した。その場には同席していなかったが、アメリカの委員ロバート・ウィルソンも、私の報告にすぐに返事をしてきた。
 “ I think the idea to honor Ms. Saito is a great one and I would be honored to participate in the 2019 program. Fingers crossed my schedule will allow me to come.”
 斉藤郁子が世界の演劇人から愛され尊敬されていたことを改めて感じさせられる。提案時の私の心づもりでは、国際委員の作品だけの小規模なことを考えていたのだが、委員たちと話すうちに規模は膨れ上がり、利賀村でのオリンピックスには世界各国から25作品が参加する予定になってしまった。ナニセ、トガムラ、私の来村時には1,500人だった人口も、もはや数百人しか住んでいない。オマケニ、今年は地滑りもあり、劇場の在る地域、百瀬地区への道路は遮断され停電まで起きている。規模が膨らむのは嬉しくないことはないが、その嬉しさに反比例するように私の心配も、フクランデイクのである。ソノウエニ、更に骨の折れそうなことが起こった。私は今月ロシアのサンクトペテルブルクへ行って、プーチン大統領に会ったのである。
 シアター・オリンピックスの創設者の一人であるロシアの委員、ユーリ・リュビーモフが亡くなって、その後継者としてのロシアの委員は、サンクトペテルブルクの由緒ある国立劇場の芸術総監督ヴァレリー・フォーキンがなった。その彼が同じ年に、サンクトペテルブルクでもシアター・オリンピックスを開催したいと言い出したのである。
 利賀村で開催するからといって反対する理由はない。いつでも、どこでも、この催しが実現するなら、ソレハ、ハッピー、これが芸術家の自主事業としての、シアター・オリンピックスの態度である。タダ、イツモ、物心両面で応援をしてくれる国や自治体が存在しなければ実現できない催しでもあった。
 ヴァレリー・フォーキンにはある思惑があった。自らが芸術監督となるサンクトペテルブルクのオリンピックスを、第三回のモスクワ大会の規模に対抗できるように、プーチン大統領の積極的な承認を取り付け、この事業を権威づけたいというものである。むろん、その結果として、ロシアの文化省とサンクトペテルブルク市政府から、オリンピックスの開催費用を捻出したいと考えていたのは言うまでもないだろう。
 そこで彼は、シアター・オリンピックス国際委員会の委員長と委員の一人である私がプーチン大統領に会って、オリンピックスをサンクトペテルブルクで開催することが、いかに大切であり素晴らしいことであるかを説明するように求めた。私たち二人はオリンピックスの創設者である。新しく加わった委員であるフォーキンの助けになるならばと、私は吉祥寺公演の稽古を抜け出し、ロシアへ行ったのである。
 私はオリンピックスの委員長、ギリシャの演出家テオドロス・テルゾプロス、アレクサンドリンスキー劇場の芸術総監督で演出家のヴァレリー・フォーキンと一緒に、11月17日プーチン大統領に会った。私たちの要望を聞いた後、大統領は即座に大臣や秘書官、幾人かの外国の要人の同席する前で、承知したと言った。私は退席する際に、2001年のモスクワでのオリンピックスの時に、ユーリ・リュビーモフやロバート・ウィルソンと共にクレムリンに招かれ、一時間ほど懇談したことを話した。そして、フォーキンと共にサンクトペテルブルクでのオリンピックス開催にガンバルと言った。大統領は私に向かって親指を立てて言った。長く付き合うことは良いことだ。
 2019年のシアター・オリンピックスは、利賀村とサンクトペテルブルクの二カ所で二度、第九回と第十回が行われることになるのか、それとも第九回を合同で開催することになるのか、これからの話し合いによる。ヴァレリー・フォーキンは合同で第九回を実現するのが良いと考えている。私もそれしかないだろうと思うのだが、一方はプーチン大統領の生まれ故郷の大都会、他方はその存在の消滅を予測されている典型的な山奥の過疎地、この取り合わせは奇抜で私の好みにもあって面白いが、さて、ロシア政府が前面に出てくる事業のようになったら、日本政府は?などと考え、気楽な気持ちだけではいられない心境にもなっている。
 しかし、世界が注目する一国の大統領にまで、直接に会って応援を頼んでしまった事柄である。いずれにしろ一生懸命にやらねばならない。斉藤郁子はあの世で何を感じるだろうか。今はただ、シアター・オリンピックス創設時の精神を失わずに、この大事業が上手くいって、斉藤が喜んでくれることを願っている。 

一覧へ

August,12,2017

8月12日 亡霊と宇宙人

 今年の「SCOTサマー・シーズン」には、ひとつだけ新作を発表することにした。去年、一昨年に続くチンドン屋の登場する舞台である。
 他人だと思っていた人間たちが、自分の身体にくっついてしまう。そして、いつの間にか自分の身体の中にまで入ってしまい、自分の意志とは関係なく言葉まで喋り出す。都会の保険会社に勤めていた青年、独りぼっちで部屋に閉じこもる人間に起こった現象である。
 劇中人物の一人は言う。「誰よりも独りぼっちを望んだ君が、いちばん独りぼっちではなかった。私たちは君に呼ばれたのだ」と。そして更に、「もし君が自分の言葉を奪われたと感じたとしたなら、それは君がそうありたいと思ったからだ」と断言するのである。
 この「北国の春」という戯曲は、「からたち日記由来」と同時期、40年ほど前に書かれた鹿沢信夫の作品である。「からたち日記由来」と違って、チンドン屋の語る物語りはなく、演奏は後景にしりぞき、チンドン屋夫婦と息子との関係がドラマとして前面に展開するから、主人公の青年の置かれた精神的身体的状況を透かして浮き上がってくる社会的なメッセージは強い。
 一個の人格として時間的空間的に自立して存在しているという社会的な実感を持ち得ない人間、言い換えれば、青年のアイデンティティー・クライシスの有り様を描いているということになろうか。むろん、上演にあたっては、現在の私の視点から若干の戯曲の改訂はしている。
 もうずいぶんと昔のことだが、知り合いの婦人に言われたことがある。近ごろ息子が口をきかなくなった。いつも自分の部屋に閉じこもって、コンピューターに向かい合っている。食事の時でも会話は少なく、何を尋ねてもハッキリした返答がないから、宇宙人と向かい合っているかのように感じるのだそうである。
 宇宙人とは大袈裟な気もして、私は内心でホホエンダが、私も近ごろの若者と話す時にこれに近いことを感じることはある。まさしく「北国の春」症候群に出会っているのだと思う。
 この息子はとっくに自分の母親を殺しているのである。母親が気づかないだけではなかろうか。もしこの事実を母親が正確に理解したとしたら、母親にとってはどのような心の人生が待ち受けているのであろうか。現代社会に引き付けて考えれば、ここに核家族高齢化社会の大問題があるような気もする。
 より良い人生への確かな約束がなされているわけでもない社会、インターネットやスマートフォンから発せられる現在形の情報の奔流に呑み込まれている現代の若者、しかしそれこそが、人生を充実して生きていると感じるようになってしまった若者にとっては、眼前の母親とは過去から派生してくる人生の桎梏であるかもしれない。というより母親こそ過去という亡霊、宇宙人と亡霊との距離はもう埋まらない。鹿沢信夫の戯曲を深読みすれば、こんなことにでもなろうかと演出してみた。
 千昌夫が歌い大ヒットした「北国の春」、鹿沢信夫はこの昭和の歌謡曲が、たとえ日本人がすべて宇宙人になってしまったとしても、亡霊としての過去を懐かしく想い浮かべる時の契機になってくれることを願っていたのかもしれない。「北国の春」の一番の歌詞を記しておく。
 白樺、青空、南風。こぶし咲くあの丘、北国のああ北国の春、季節が都会ではわからないだろうと、届いたおふくろの、小さな包み、あの故郷へ、帰ろかな、帰ろかな。 

一覧へ

December,25,2016

12月25日 変化への予兆

 最後の劇団総会で、来年の活動の日程が事務局より示される。承知はしていたものの、渡されたペーパーを見て、個人として既に活躍している演劇人が来村するだけではなく、来年は世界の多くの教育機関からも、学生が大量に利賀村に送り込まれることを改めて確認する。私が気楽に請け負ってのことだから責任は私にもあるのだが、これでは劇団員も忙しく、ダイジョウブカ、という思いも胸をよぎる。どれだけの活動が、ここに書かれているとおりに実現したか、その成果はいかなるものだったかを、来年の終わりにチェックしやすいように記録しておこうと思う。むろん、このスケジュールを失念した時の用心のためにでもある。
 
1月10日(火) 鈴木演出3作品の稽古開始
 
2月18日(土)~3月26日(日) 「青い鳥」(メーテルリンク作)の稽古と公演
<富山県内の中高校生と外国の演劇人が共同で創作する舞台。演出:マティア・セバスティアン>
 
4月8日(土)~21日(金) 鈴木演劇塾・中国(40名)
<北京郊外の古北水鎮で、中国全土から応募した演劇人を教える>
 
4月20日(木)~5月7日(日)
日本・インドネシア共同企画事業「ディオニュソス」(鈴木忠志演出)
<国際交流基金との3年間の共催事業。インドネシアの俳優17名が利賀に滞在して、日本、中国の俳優も参加し、第1期の稽古を開始>
 
5月7日(日)~11日(木) 利賀・鈴木演劇塾 YaleNUS大学(シンガポール・20名)
<シンガポール国立大学とアメリカのイェール大学が共同で創設した大学の学生が受講>
 
5月12日(金)~26日(金) 利賀・鈴木演劇塾 中国国立中央戯劇学院(27名)
<北京にある中国で唯一の国立舞台芸術大学。演技クラスの2年生全員と担当の先生が受講と訓練>
 
5月29日(月)~6月5日(月) 劇団SITI創立25周年記念・アメリカ公演
<アメリカの演出家アン・ボガートと鈴木が共同創設した劇団の本拠地・ニューヨーク郊外のサラトガでの公演(「トロイアの女」)>
 
6月19日(月)~7月1日(土) 中国国立国家大劇院創立10周年記念事業公演
<記念事業である国際演劇祭の一環として招待され、2作品・「トロイアの女」、「ディオニュソス」を上演。中国、韓国の俳優もSCOTのメンバーに加わる>
 
8月14日(月)~8月28日(月) 利賀・鈴木演劇塾
<世界15カ国の演劇人約30名と、デンマーク国立演劇大学から数名が参加>
 
8月25日(金)~9月3日(日) SCOTサマー・シーズン
<鈴木演出4作品の上演と、ロシア、中国、韓国の作品を招聘>
 
9月8日(金)~24日(日) SCOT中国公演
<万里の長城の麓の野外劇場と上海郊外の烏鎮で「シラノ・ド・ベルジュラック」を上演>
 
12月12日(火)~25日(月) SCOT吉祥寺公演
<鈴木演出の2作品を上演予定>
 
 この活動内容を子細に点検してみると、劇団SCOTと利賀村の存在が、来年あたりから大きく変化していく予兆のようなものを感じる。
 明日は劇団の忘年会。これで今年の活動はすべて終了する。不思議なことに、雪は殆ど積もっていない。来年は1月10日から活動開始。私も久し振りに、年末年始に利賀村を離れるが、その間に利賀村は豪雪に見舞われているかもしれない。 

一覧へ