SEASON

シーズン

August,27,2021 ~ September,05,2021

SCOTサマー・シーズン2021


SCOT SUMMER SEASON 2021

8月27日(金)-9月5日(日)


利賀は

イツデモ

上機嫌!



 

サヨナラ!!の勧め

 日本の大都会の狭い場所には、経済的成長と享楽的な人生を求める人たちがひしめいていた。心も空間も過密であった。そして今や新型コロナに悩まされ、あらゆる面での過密を避けるように政府から促されている。その結果、多くの人たちが精神の閉塞感と経済生活の困難に喘ぎだしている。
 しかし一方で、大都会とは対照的に人口流出に悩みつづける地域には、耕作放棄地や廃校になった建物や、殆ど使用されていない公共ホールが数多く残され、自殺者の急増と共に寂しく荒寥とした光景が現出している。政治の地方活性化の掛け声は空しく響き続けてきたのである。
 東京にうごめく政治家や官僚の劣化は今に始まったことではないが、せめて教育や精神文化に携わる人たちは、オンラインによる新しいコミュニケーションなどという言葉に惑わされずに、大都会がもたらす精神的、経済的な貧しさとサヨナラすべきであると思う。新しい生き方への価値観を創り出すために、精神開拓民となって日本中に散在する過疎地へ船出したらどうであろうか。





公演演目

 『世界の果てからこんにちはⅠ』
構成・演出:鈴木忠志、出演:SCOT
華麗な花火が彩る利賀の野外劇の決定版! 衝撃の初演から30年、時代の変遷と共にますます心に迫る鈴木忠志の日本論。歌謡曲に表出されるセンチメンタルな抒情、宗教人の世俗性、日本主義者の戦闘的妄想──過去に日本人が陥ってきた特異な心性をとおして、昭和の歴史を顧み、明日を展望するSCOTの代表作。
8月28日(土) 19:00開演
9月4日(土) 19:00開演
野外劇場
演出ノート:「日本という幻想」
 
『世界の果てからこんにちはⅡ』
構成・演出:鈴木忠志、出演:SCOT
チェーホフ、長谷川伸、唐木順三、徳富蘇峰らの言葉と昭和・平成の流行歌を重ね、“ニッポンジン”の来し方行く末を問う舞台。スズキ・トレーニング・メソッドで鍛えられた俳優たちが車椅子に乗って次々に登場し、ニッポンの現状を想わせるシーンを展開。メッセージは、「今日のニッポンに明日は勝つ!」
9月4日(土) 15:00開演
9月5日(日) 13:00開演
利賀大山房
 
 
ブレヒト版『アンティゴネ』
演出:中島諒人、作:ベルトルト・ブレヒト、出演:鳥の劇場
ソフォクレスの原作ギリシア悲劇『アンティゴネ』は、国に背いた者の埋葬をめぐる、死者の肉親と国王の議論を中心とする。ブレヒトは、そこに強欲で日和見的な大衆を加え、第二次世界大戦時のドイツ社会を批判した。今回の上演では、さらに富裕層の老人ホームでの文化発表会という枠組みを与え、現代日本のありようをながめる。
8月27日(金) 19:00開演
8月28日(土) 20:30開演
岩舞台
 
『残影の庭~Traces Garden』
演出振付:金森穣、出演:Noism0
武満徹作曲「秋庭歌一具」を伶楽舎が演奏、金森穣が初めて雅楽で創作した舞台。日本の伝統音楽を現代の舞踊家の身体はいかに受け止め、移りゆく時代の中でも変わらない何を捉えるのか。消えゆく過程で聞こえてくる響き、見えなくなってから浮かび上がる影、その残響/残影に身体を澄ませる。
8月28日(土) 15:00開演
8月29日(日) 14:00開演
利賀大山房
<終演後、金森穣によるトークあり>
 
『イェルマ』
演出:瀬戸山美咲、作:ガルシーア・ロルカ、出演:ミナモザ
1934年に初演されたロルカの三大悲劇の一つ。子どもを望む妻・イェルマと、妻の愛を望む夫・フワン。スペインのある村を舞台に起きる“子どもを産むこと”をめぐる物語。社会全体の価値観が大きく変動する今、イェルマとフワンの“分かり合えなさ”を照らし出すことで、分断の根源を探る。
9月3日(金) 19:00開演
9月4日(土) 20:30開演
岩舞台
 
シンポジウム「コロナ以後の<ニッポン>と<利賀>」
水野和夫(経済学)、大澤真幸(社会学)
司会:山村武善(編集者)
コロナ以後の世界を透視するために、<パンデミック>が顕わにした<問題>を避けて通ることはできない。今、その<問題>を摘出しながら、どのように克服すべきかを議論するとともに、<利賀>における活動の意味を再検証する。
9月5日(日) 10:00開始
創造交流館
 
鈴木忠志トーク
鈴木忠志が観客の皆さんからの質問にお答えする場。
8月29日(日) 10:00開始
創造交流館
 
鈴木忠志対談
菅孝行(演劇評論家)、鈴木忠志
半世紀にわたり、日本の現代演劇をリードしてきた演出家と批評家が、<コロナ禍>における舞台芸術活動の在り方と意義を語り合う。
9月5日(日) 14:15開始
利賀大山房

 
“ご随意に”
利賀におけるSCOTの公演は、公演に対する入場料金を戴くという考え方をとっていません。SCOTの活動自体を応援してくださる方から、「お志」を戴くことにしています。皆様のお気持ちに応じて、ご支援の方法を“ご随意に”お決めください。
 
SCOT倶楽部について
利賀での活動を応援してくださる皆様に、「SCOT倶楽部」の会友として登録をいただいています。会友になっていただいた方に優先的に活動のご案内をしています。会友の登録の方法はとてもシンプルです。お名前とご住所、お電話番号をお知らせいただくだけです。
 

 
 
観劇の予約について
予約にはSCOT倶楽部への登録が必要です。SCOT倶楽部の会友の方は名前と会友番号をお伝えください。登録がまだの方は名前、住所、電話番号をお知らせいただき登録を済ませてから、予約してください。複数名で予約される場合は、同伴の方も登録してください。
登録はSCOT倶楽部公式サイトからもできます。後日、会友証を郵送します。なお、観劇の予約は、会友証がお手元に届く前でもできます。
 
8月7日(土)10:00受付開始
TEL: 0763-68-2216
受付時間10:00~17:00
電話、または直接利賀の事務所で予約してください。FAX、E-mail、ウェブサイトからの受付は行っていません。

 
「お志」を納めてくださる方は、下記にお願いいたします。
 
■口座振込
となみ野農協 利賀支店 普通口座 0005807
口座名義:SCOT倶楽部(スコットクラブ)
------------------------------------------------------------------------
■郵便振替口座
00780-2-100782 口座名義:SCOT倶楽部(スコットクラブ)

 
新型コロナウイルス感染防止対策について
・連絡バスご乗車時やご来場の際には、検温、手指の消毒をさせていただきます。検温で、発熱が見られる方については、乗車、入場をご遠慮いただきますので、ご了承ください。また、マスクは必ずご着用ください。
・新型コロナウイルス感染症の拡大の状況によっては、観客人数の制限や開演時間の変更をする場合もあります。詳細・最新情報は、本サイトやFacebookTwitterでご確認ください。
 

その他

 連絡バス・宿泊・食事
 
利賀を訪れる方へ

宿・連絡バスは事前予約を
村内は宿が少なく、すぐに満室になりますのでお早めにご予約ください。
公演終了後、公共の宿行きのバスを運行します。
また、利賀村への公共交通機関は、越中八尾駅と井波からの市営バス(1日2便)のみです。
公演に合わせた連絡バス(要予約)のご利用をお勧めします。
 
利賀での食事
利賀芸術公園の近隣には、コンビニや売店がありません。
お食事はグルメ館の食堂や売店をご利用ください。
 
8月7日(土)10:00受付開始
TEL:  0763-68-2008 (宿泊・連絡バス専用)
受付時間10:00~17:00
宿・連絡バスの予約には、予約されるご本人と、一緒に予約される全ての方のお名前と観劇予約番号が必要になります。
 
連絡バス(要予約)※予約の受付は乗車日の3日前まで。 
 
■富山駅連絡バス 料金:500円(片道)
<往路>富山駅北口→利賀芸術公園
8月28日(土)、9月4日(土)
11:00発→12:55着/14:30発→16:25着
8月29日(日)、9月5日(日)
10:00発→11:55着
<復路>利賀芸術公園→富山駅北口
8月28日(土)、9月4日(土)
20:30発→22:25着
8月29日(日)
15:30発→17:25着
9月5日(日)
16:30発→18:25着
 
■高岡駅・新高岡駅連絡バス 料金:500円(片道)
<往路>高岡駅瑞龍寺口→新高岡駅南口→利賀芸術公園
8月28日(土)、9月4日(土)
14:30発→14:45発→16:15着
<復路>利賀芸術公園→新高岡駅南口→高岡駅瑞龍寺口
8月28日(土)、9月4日(土)
20:30発→22:00発→22:15着

 
南砺市営バス(毎日運行、予約不要、料金:片道210円)
<往路>
越中八尾駅→利賀芸術公園
10:40発→11:32着/17:00発→17:52着
井波→利賀芸術公園
10:40発→11:32着/17:00発→17:52着
<復路>
利賀芸術公園→越中八尾駅
7:13発→8:07着/14:41発→15:35着
利賀芸術公園→井波
7:13発→8:07着/14:41発→15:35着


利賀村内の移動(無料、予約不要)

■宿送迎バス
公演終了後に利賀芸術公園から公共の宿に行くバスを運行します。土日は公共の宿から利賀芸術公園に行くバスをグルメ館朝食と10:00のプログラムに合わせて運行します。
 
■レンタサイクル
利賀芸術公園内の移動に便利です。グルメ館・利賀案内所にて貸出します。台数に限りがあります。 


宿泊

テント泊、公共の宿はお電話でご予約いただけます。満室の場合は、別の宿をご自身でご手配ください。
 
特設テントサイト
グルメ館隣接
会場近くでテント泊。テントの設置と片付けは、ご自身で行っていただきます。 
【1張1泊 テント料金】
1人用テント1,000円 3人用テント3,000円
【予約可能日】
8月27日(金)、8月28日(土)、9月3日(金)、9月4日(土)
・シュラフ、マット、毛布の貸し出しあり
・利賀国際キャンプ場のシャワー利用可(1回100円)

<公共の宿>
瞑想の郷(瞑水の館)
利賀芸術公園から車で20分
美しい山々の自然に癒やされ、心身ともにリフレッシュできる場所です。 
【1室1泊 素泊まり料金】※1名あたり
2名:5,500円 3名:5,100円 4名:4,200円
【予約可能日】
8月27日(金)、8月28日(土)、9月3日(金)、9月4日(土)
・男女共同風呂(時間別)あり
・タオル、歯ブラシあり

<公共の宿>
スターフォレスト利賀
利賀芸術公園から車で15分
廃校の小学校を改装した宿泊施設で、レトロな雰囲気も楽しめます。 
【1室1泊 素泊まり料金】※1名あたり
1名:6,300円 2名:5,500円 3名:5,100円
【予約可能日】
9月3日(金)、9月4日(土)のみ
・男女別風呂あり
・タオル、歯ブラシあり

その他、周辺の宿
ご予約は各自でお願いいたします。会場からの送迎は行っておりません。
 
<利賀の宿>
民宿 瑞峯 TEL: 0763-68-2458 http://www1.tst.ne.jp/toga3784/
民宿 おかもと TEL: 0763-68-2452 http://www1.tst.ne.jp/togaoka/
民宿 中の屋 TEL: 0763-68-2104(web予約可) http://toga-nakanoya.net/
ゲストハウス www.airbnb.jp(「利賀」で検索)
 
<周辺の宿泊施設>
南砺市観光協会 www.tabi-nanto.jp
富山駅周辺の宿 www.toyama-yado.com
高岡駅周辺の宿 www.takaoka.or.jp
 
<天竺温泉の郷> 
利賀芸術公園より徒歩15分
日帰り入浴 10:00-24:00(入場23:30まで)大人600円
※8月27日(金)、8月28日(土)、9月3日(金)、9月4日(土)は延長営業
レストラン 11:00-14:00 ※8月28日(土)、9月4日(土)は14:30まで営業
TEL: 0763-68-8400 https://www.tenjiku-onsen.com/
 
<利賀国際キャンプ場>
グルメ館と隣接。オートキャンプ、ケビン、住箱などで宿泊もできる。
TEL: 0763-68-2556(web予約可) https://www.toga-camp.com/

------------------------------------------------------------------------
お支払い(当日現金払いのみ)
・ご予約のお客様には、「予約確認書」と詳細のご案内を郵送いたします。
・連絡バスの代金は、乗車時に現金でお支払いください(片道500円)。
・宿泊代金は、チェックイン時に現金でお支払いください(クレジットカード、電子マネーはご利用いただけません)。
・キャンセルされる場合は、必ず事前にご連絡ください。
 宿泊日の3日前より下記のキャンセル料金を請求させていただきます。
 (3日前:料金の10%、2日前:料金の20%、前日:料金の50%、当日:料金の80%、連絡無し:料金の100%)
------------------------------------------------------------------------

食事
 
■グルメ館・利賀案内所
グルメ館は、観劇の合間に、ゆっくりと食事や休憩をしていただくことができる場所です。利賀そばや軽食、お弁当、お飲み物などをご用意しております。
テントや公共の宿にお泊まりのお客様は、朝食をお召し上がりいただけます(予約不要)。
8月27日(金)、9月3日(金) 15:00~22:00
8月28日(土)、9月4日(土) 8:00~23:00
8月29日(日)、9月5日(日) 8:00~14:00

■総合案内所
本部(受付)前の総合案内所では、パン、飲み物などを販売します。

 
主催:富山県、南砺市、(公財)富山県文化振興財団、SCOT、(公財)利賀文化会議
共催:TOGAアジア・アーツ・センター
協賛:(公財)松翁記念財団
後援:富山県教育委員会、南砺市教育委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
   令和3年度文化資源活用推進事業
   令和3年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業

資料