新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

April,11,2019

4月11日 無念

 ドイツ人俳優、ゲッツ・アルグスが死んだ。突然の訃報である。利賀村での第9回シアター・オリンピックスの開幕公演として、彼主演の「リア王」を予定していたが、ついにあの素晴らしい演技に触れることができなくなった。
 彼は私の仕事だけではなく、私が知り合った世界のどの演劇人よりも利賀村を愛してくれた。自分の出演する舞台がなくても毎年、SCOTサマー・シーズンには来てくれていた。自分で勝手に日本語の名刺を作り、名前の上の肩書きにはSCOTの劇団員と書き込むような茶目っ気のある俳優だった。
 彼と初めて出会ったのは、2002年デュッセルドルフである。デュッセルドルフ市の公立劇場シャウシュピールハウスの制作で、4人の演出家が異なったギリシャ悲劇をそれぞれに演出することになった。3人はドイツ人以外の演出家が選ばれた。その一人が私で、「オイディプス王」を演出した。その時に主役のオイディプスを演じてもらったのが、最初の出会いである。この舞台はドイツでの公演の後、ギリシャのエピダウロス古代劇場や日本の新国立劇場、もちろん利賀村の野外劇場でも上演している。
 彼は東ドイツの出身、東西ドイツ統一の後に、西ドイツのデュッセルドルフやミュンヘンで活躍していた。大きな身体と強く迫力のある音声の持ち主で、舞台の上での存在感はギリシャ悲劇やシェイクスピアなどの古典戯曲の主役にピッタリ、舞台に登場するやいなやすぐに、観客を旧い時代の雰囲気に誘う見事な力量があった。そういう点では、世界広しと言えども、なかなか得がたい存在だったと思う。
 毎度のことだが、一緒に仕事をした外国の演劇人の突然の死に触れると、形容のしがたい寂しさを感じる。死の有り様も葬儀の様子も詳しく知ることができない。ただ、もう二度と会えないという事実だけが、突然に目の前に現れる。いよいよ会えなくなるかもしれないという、心の準備がなされないからであろうか。
 <仏語>に正念とか無念という言葉がある。両方とも執着や雑念を振り払った心の状態を表す言葉だが、正念と違って無念には、正念を失った口惜しい心、不本意で残念がる心の動きを表す一面もある。
 ゲッツ・アルグスの死を、突然に聞かされた今の気持ちを言い表すとしたら、無念! という一語に尽きる。そして遠くから、ただただ冥福を祈るのみである。 

一覧へ

April,05,2019

4月5日 誕生祝い

 いつも使っている食堂ボルカノは、シアター・オリンピックスのために改装している。しばらくの間、劇団員の食事の場所は八角型の本部棟に移る。富山県の経済界やカリフォルニア大学などの寄付で建てたもの。友人の磯崎新の設計、八角型の広間は天井が高く、明かり窓が巡らされている。室内から大自然の光の変化を感じられる心地良さがある。通常は図書の閲覧や映画の鑑賞、来訪者の接待に使用している。
 早起きをしてしまい、少し早めに朝食に行く。ビュッフェ用のテーブルには、まだ料理がない。準備中の団員に急ぐことはないよと言ったが、気をきかせた女優がコーヒーを持ってくる。さらに気をまわしたのか、通称ダルマと呼んでいる石油ストーブに手をかざしている私の斜め横に座る。私は別に退屈しているわけではない。
 イヨイヨ、迫ってきましたね。ソウ、80歳。今年はどうしますかね。何もしなくていいんじゃないか。生きている時間がそれだけ短くなったという目印だから、メデタイわけじゃない。オレハ、多勢で英語のあの唄を歌われると、トリハダガタツ。外国のレストランなんかで歌われると、恥ずかしくて逃げ出したくなるよ。ソウハ、イカナイデショウ。劇団員以外の人たちもナニカ持ってきますよ。イツモ、甘いものばかりで迷惑している。自分では食えないから、ケッキョク、お前たちが食うことになる。ハルカはそれを期待している。アイツはチョコレートにはメガナイ。
 演劇以外にチュウさんの老後の楽しみはナンデスカ。ナニヲするんですか。何年も一緒にいるのに、この女優はトンデモナイことを聞く。私が演劇を楽しみでやっていると思っているらしい。私はブッキラボーに答える。ショベルカー。創価学会に寄付してもらった土地に、二つ建物は建ったけど、まだ整地されていない所は多いからな。ケッコウ、時間はかかるんだよ。女優は、モウ、ヤメタラという顔をしている。
 昔、田中角栄という総理大臣がいた。小学校を卒業して、しばらく新潟県で土建の仕事をしていた。そのとき従業員仲間に言ったそうだよ。スエズ運河もパナマ運河も我々のような人間が手作業で造った。そのお蔭で地球の交通体系は変わり、全世界の人たちが便利をした。我らは地球を改造する芸術家だと。地形が変わっていくのは、オモシロインダヨ。
 デモ、ソノトシデ、ショベルカー、ツカレルデショウ! 当たり前だ! シカシ、お前のヘタナ演技を見ているよりは疲れないよ。自分の思うように地形は変わるんだから。ソウデスカ、そんなに稽古は疲れますか。この女優は自分のことを言われているのに、一般論にすり替える。稽古ではなく、オマエノ、ヘタナ演技と言ったの、オレハ。少しは良くなっていませんか、最近の私は。この女優は堂々とシブトイ。ナカナカ傷ツカナイ。ソコガ、この女優のトリエ。オレハ、地形を変えるから、オマエハ、ソノ太った体型を変えろ!
 この会話の後しばらくして、会計係のヨシエがやってくる。イマ、使っているのを新品で買うとチョット高いんですけど。少し小型ではダメですよね。ナンノコトダ? ショベルカーのことですけど。リサが80歳のチュウさんの誕生祝いに、ショベルカーを贈りたいと言うんですが。リサとそんな話をしました? トンデモナイ! リサにそんな金があるわけないだろう。
 エエ、ソコナンデス。私にはお金がないから、世界中の女優によびかけて集めたらと、リサが言うんです。コレマタ、堂々とズウズウシイ。ナンデ、女優なんだ。私もそう思ったからリサに聞いたんです。そうしたら、チュウさんの誕生日に、男がナニカ持っていったことはありません、男はケチですから。ソレニ、女優だけで贈った方がチュウさんも、ウキウキと華やいでショベルカーを使える。
 私の知らないところで、妙な会話が進行している。私の老後の道楽のために、世界中の女優に金を出せなどと言えるわけがない。自分で買うから、その話しはナシ、と私は言ったのだが、ヨシエもリサに輪をかけてシツコイ。ご随意ならどうでしょう、観劇料もそうしていますし。観劇料とショベルカーを一緒にするとは、私は呆れる。シアター・オリンピックスも迫っている。いくら私が好きでも、ショベルカーなどやっている暇があるわけがないのである。私は言った。
 もし贈ってくれるなら、葬式の時に香典の代わりに新車を買ったらどうだ。香典は<ご随意に>だからな。そして、生前の鈴木忠志がいちばん<愛したもの>とボディーに書いて、野外劇場の入り口の脇にでも置いといてくれ。 

一覧へ

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010