新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

January,30,2010

1月30日 流行歌

 日清戦争により、台湾は日本に割譲された。これに怒った台湾人が独立を宣言したのが1895年、それから20世紀末までの約100年間に台湾で流行した歌を聴いている。来年の初頭、台湾国立劇場で音楽劇を作るのだが、劇中で歌われる20曲を選ぶため。台湾100年の歴史を既存の音楽を使って描こうという企画である。音楽家である劇場の理事長が選んだ100曲ほどが手元にある。その中には、Green Island Nocturneという50年代に流行った、男が愛する女に歌う哀しいラブソングがある。ところが、このGreen Island<緑島>というのは日本軍占領時代には政治犯、50年代には中国国民党の思想に反対する人たちを隔離収容する場所だったという。このラブソングは、囚人たちの心情にも通じているらしい。中国語で歌われているので心情のニュアンスを理解するのがなかなか難しく、たいへんな仕事になりそうな予感がする。
 一昨年の秋、国際演劇協会の大会が南京で開催され、それに併せて中国初の世界演劇祭が行なわれた。そのオープニング公演に招待されたのだが、劇場は南京前線大劇場という中国軍が所有する立派な劇場だった。南京は一時期、蒋介石の国民党の拠点であり、日本軍の中国人民虐殺の資料や記録が展示されている記念館がある。実際に私たちの公演を助け、歓迎してくれたのは、国民党に勝利した中国共産党の中央や地方の幹部のひとたちであった。国民党は中国共産党との内戦に敗れ、日本から解放された台湾に逃れている。
 台湾の国立劇場、正式の名称は国立中正文化中心である。これは蒋介石の死を機会に、彼の遺徳を顕彰するための計画の一環として建てられたものだときく。私が聴いた曲の中には中国本土への望郷の思いを歌ったものもあったが、最近では台湾語と北京語を混ぜた曲もある。巨大になりつつある中国の存在と台湾の関係が歌の中にも反映されているように思う。
 歌を通じて、日本と中国の歴史的な関係に改めて直面させられるとは思わなかった。歌にはそれが流行した当時の民衆の心情が、あるときは素直に、あるときは屈折して反映されている。流行する歌というものの重要さを再認識する。

一覧へ

January,25,2010

1月25日 戦い

 玄関前の雪を溶かすために、300メートルほど離れている谷から、水をホースで引いている。一週間ほど前に夜中に水が出なくなって、朝になったら屋根の雪が落ちて玄関から出入りができなくなっていた。原因は、貂(テン)が取水しているホースの先端に首を突っ込んだから。もちろん貂は死んでいた。ホースはドラム缶の下の部分に接続してあり、ドラム缶の上部は石ころや木の葉を吸い込まないように金網がしてある。隙間から入ったのか、それにしてもこんな死に方は不思議である。
 昨日は池の中にカモシカが死んでいた。雪があまりにも高く積もり、池の上にまで張り出していたから、水面と地面の境が分からなくなって、雪もろともに落ちたのだろうか。可哀相に、水から引き上げるのに一苦労した。
 除雪車を使っていると、地形がどうなっているかの記憶がたいへん重要である。常日頃親しんできた地形も完全に見えないから、記憶をたよりに行動する以外にはない。私も今年の冬は、池の境界を見誤って除雪車を水中に落とし、工事現場で使用する油圧ショベル・カーいわゆるユンボを借りてきて引きずり出した。
 除雪車とユンボは私の大好きな二つの機械だが、対照的な集中力を要求されて面白い。除雪車は地形を元に戻すために使われる。だから、これを活躍させる場所の記憶がしっかりしていないといけない。石に当たっても、地面を引っ掻いても故障するし、川に落ちて死にかけることもある。記憶と見えない危険性を推測する力がいる。ユンボは逆で、地形を変えるために使用するので、視覚的な形態に対する最終的なイメージがしっかりしていないと、いい仕事ができない。どんな穴を掘り、どんな形に土を盛りたいのか、目の前に生えている木を押し倒すのか移植するのか、工事中に出て来た石や出水はどうするのか、すべからくイメージと判断力が行動の前提である。
 今年は自然の暴力のお陰で、いろんな新しいことに出会えている。

一覧へ

January,20,2010

1月20日 戦い

 利賀村は昨年の暮れから豪雪に見舞われている。正月の五日に猛吹雪の中を脱出し、台北と東京での仕事を終えて帰ってみると、我家は二階の窓しか見えず、一階は完全に雪の中に埋まっている。毎日毎日除雪車を使って、家の周りだけはわずかな雪しか残さないようにしておいたのに、たったの二週間でこのありさま。以前と同じ状態に戻すのに二日もかかってしまった。
 雪は美しいなどとはとんでもない、水と同じように暴力でもある。自然は人間の心を癒すと言う人もいるが、自然はすべからく暴力だと思ったほうがいい。ハイチの大地震もその一端を示しているが、欧州でも中国でも今年は寒波と雪害がひどく、大勢の人たちが死んでいる。利賀村は今日から、八尾町からの道も旧井波町からの道も、雪崩の危険性のために、夜8時から朝7時までは通行止め。その間は孤立である。
 稽古初めのその日に、雪崩のために通行止めとはよくできている。昼間は自然の暴力としっかりと戦って、夜は集中した稽古をするようにということか。豪雪との戦いは危険もあり空しいが、生命の危険をたえず忘れないようにしてくれるのはありがたい。稽古があればなんとかやっていける。
 いま東京では検察と戦っている人を、鳩山総理が励まして評判らしい。私も誰かに励まされたい。存分に戦ってください、と。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010