新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

February,21,2010

2月21日 無責任

 最近の新聞報道、特に政治事件のそれには、関係者の話によると、という書き出しで始まる記事を見かける。私などは、関係者とは誰なのか、それがはっきりしないと、そこに書かれている事柄を信じる気がしないし、伝聞を軸に新聞記者が主観的な思い込みで書いたとおぼしきものや、自ら真相究明の努力をしていないのではないかと感じざるをえないものは、書かれている事実すら疑わしく思うことがある。今流行の説明責任とやらは、報道にも求められるものではないのか。というのも、かつて私は、いいかげんな新聞報道のために、金銭的な損害を被っただけではなく、社会的にも被害をこうむった経験があるからである。
 15年ほど前に、日中韓の演劇人による共同事業、第二回BeSeTo演劇祭が開催され、私の劇団SCOTの作品を上演したことがある。劇団単独の公演活動ではないので、戯曲作品、演出、舞台装置のデザインは、劇団員以外のすぐれた芸術家に依頼した。その時に、日本で活動する韓国の美術家が、舞台装置のデザインが自分の作品の盗作ではないかと言ってきた。私たちはその美術家の作品を知らないので、どう対応すべきか思案している矢先に、この美術家に同調した日本の評論家と大学教師が、私と演出家と装置家を著作権侵害で裁判所に提訴し、さらに大々的に記者会見をしたのである。こともあろうに、この記者会見、彼らの一方的な主張を軸にした記事が、朝日、読売、産経、東京、統一日報の各紙に掲載されたのである。特に朝日新聞は韓国人が当事者であったせいか、社会面に写真入りで大きく扱っていた。私たち三人も即座に、著作権侵害の事実の不存在と名誉毀損で逆提訴したが、私は朝日新聞の当時の演劇担当記者、扇田昭彦、今村修の二人に劇団の事務局長を介して、二つの疑義を呈した。
 一つは、新聞記者は裁判になるような事柄の場合では、事実かどうかを自らも調べ、真相究明の努力をすることが職業倫理なのではないのか、それをしないで、片方の主張を前提に報道してよいのかということ。もう一つは、演劇の場合、一人の芸術家の作品や言動が違法性をもったとして、それは当該個人の責任ではなく、共同の責任だとするのはどのような根拠によるのか。例えば東宝株式会社でも新国立劇場でもよい、劇作家の作品に盗作部分が発見されたとして、それは演出家や社長や理事長の責任にもなると考えているのか、といったことである。
 二人の記者の答えはほとんど同じだった。まず第一の疑義には、新聞は行われた事実や言動を報道するので、内容の真偽にはかかわらないというのである。記者会見が行われた以上、その事実を報道するのが新聞の使命だというのだ。第二の疑義については、演劇は集団によって創造される総合芸術で、作品制作にかかわっている指導的な人物たちには意識的な共同性が成立していたはずだからだというのだ。職業上の特殊性を盾にした詭弁だが、要は証拠に当たらないで記事にした責任逃れである。そのことを今ここでは反論しない。裁判の結末を記しておく。
 一審の地方裁判所は、韓国の美術家と二人の日本人は事実の確認をせず、一方的に記者発表を行い名誉を毀損した、よって我々三人に50万円の賠償額を支払えという判決を下した。これを不服とした三人は東京高等裁判所に控訴したのだが、判決は彼らにとってより厳しいものになった。賠償額はそれぞれ50万円から140万円になり、さらに記者会見の報道記事が掲載された5紙に、謝罪広告を掲載することを命じられたのである。
 ここで、彼らの負担せざるをえない金額は、短期間に一千万円をはるかに越えるものになったのである。当方の弁護士から聞いたところでは、韓国の美術家は離日して音信不通、必要な金銭は日本人二人が負担せざるをえなくなったらしい。評論家は預貯金や本などの印税を裁判所に差し押さえられ、大学教師は裁判所からの通達で、大学が払うべき月々の給料から長期にわたって多額の金額を差し引かれ、大学が直接裁判所に支払っていたと聞く。その厳しさは、私の方が驚くほど徹底したものであった。
 裁判開始から結審まで7年もかかっている。その間に私の方も、裁判のための準備費用や弁護料、勝訴に伴う成功報酬など、それなりの出費があったばかりではなく、著作権侵害をするような劇団の公演は遠慮したいというような、公共ホールの対応もあったのである。裁判で争った当事者双方は物心両面で疲労し、真偽を見定める努力もせずスキャンダラスに表面的な記事を書き、その争いに油を注いだ報道各紙は、臆面もなく謝罪広告の掲載費用で多額の収入を得ている。そして担当の記者は、我々に迷惑をかけたと個人として謝罪するわけでもない。むしろ、その社会的な影響力に酔っているのではないかと思えるふしもあったぐらいである。私は謝罪広告は新聞社も出すべきものだと思っていたから、これはマンガ的な光景であった。
 政治家や検察官と同じように、その職業を通じて他人の人生に少しでも影響を与えることのできる人達の、職業倫理の欠如ほど社会を害するものはない。
 

一覧へ

February,15,2010

2月15日 言葉

 教えることは演出するよりずっと骨が折れる。誤解を恐れずに簡単に言ってしまえば、演出は珍しい空間の創出である。その行為は空間の制約を前提にして、そこに立ち会い見る人を想定して立ち上がっていく。観客に珍しい体験をしてもらうのが、いちばん肝心なことであるが、教えることは俳優を志している人間の、潜在的な魅力を引き出すことである。それを個性と言ってもいいが、それを発見するために一人一人の人間に則して関わっていくのは、特殊な集中力というより精神体力といったものを要求され、疲れるのである。だから教えることからは久しく遠ざかっていた。
 私の考えだした俳優訓練を一カ月もやれば、身体の動きは安定し、素早くなり、声も大きく出るようになるが、これは演劇というものが、なぜ自分にとって必要なのかを自覚するための入り口のようなもので、大事な目的はその先にある。
 今春ひさしぶりに中国で教えることになり、どんな体験をするのか楽しみにしているのだが、すこし不安もある。言葉の問題である。これまでに中国語に接する機会が少なかったからである。
 昨年、ヨーロッパ演劇界を主導してきた旧知の評論家のひとりから手紙をもらった。ナポリ演劇祭と共同して俳優のための学校を今年の夏に創設する、生徒はEU加盟のフランス、イタリア、ベルギー、ポルトガルの公立の演劇学校を卒業する20人の優秀な生徒である、ついては教えに来いと言うのである。こちらの方はスケジュールの都合で、いずれということにしてもらったが、興味深い疑問が残った。この学校はどこの国の言葉を共通言語として授業をするのか、これは知りたい。というより現場を見てみたい。
 演劇の言葉は書き言葉だけではない。書かれた言葉を前提とするとしても、その言葉を身体を使って魅力的に音声化するものである。それは視覚よりも、聴覚と触覚の活性化に関わって成り立ってくる。いわば、見えない身体感覚と関係して、その独自の意味を現出してくる種類のものである。この見えない身体感覚の在り方を、個人個人に則して見抜いていくのが骨が折れるのである。言葉の表面上の意味だけを理解しさえすればいいわけではない。音声化された言葉は、民族の歴史や個人の身体感覚の特殊性という制約から自由であることができにくいから、聴くことによってその特殊性に対処していくのが難しいのである。教えるより観客でいるほうがずっと面白いにきまっている。ナポリの学校はいろいろな国の人たちで構成されるという。民族や国家の境界を乗り越えた学校、これは理想だが、演劇の世界でそう簡単に成り立っていくものだろうか。
 日中韓の演劇人の間でも、共同で演劇学校を作れたらという希望がある。私はかつて、中国と韓国の演劇人と語らって、BeSeTo演劇祭を創設した。まだ三カ国の政治指導者が一堂に会したことがなかった16年前である。そしてこの演劇祭はいまだに続いている。しかしこれは、それぞれの国の作品を持ちよる演劇祭で、共同で人材の養成をするようなものではない。日本の民主党政権はEUにならったのか、東アジア共同体の創設などとも言っている。政治や経済の領域では基軸となるルールの設定はしやすいかもしれない。しかし文化、殊に演劇となるとそれぞれの国の言葉をどう扱うのか、ましてや将来を見すえた教育の場面では、EUに比べてこの問題は、はるかに重く立ちはだかるという気がする。
 

一覧へ

February,07,2010

2月7日 顔が見たい

 ギリシャ悲劇を起源とする西洋戯曲は、殺人などの犯罪を扱うことによって、集団形成のルールの在り方を問うことを基本としている。日本で言えば、谷崎潤一郎や三島由紀夫はその系譜に近い。要するに、会話劇ではなく、対話劇である。犯罪者とされる人間や、社会的な事件の見方を討論=闘論するところに、劇というものの本質を見ている。いま稽古している谷崎の『お國と五平』は、殺人や不倫の理由を、世間の常識とはまったく異なった角度から議論している趣のものである。そして、人間という不可解な存在に対する理解を深めようとしている。
 富山県で2002年、タクシー運転手、柳原さんが少女暴行の容疑で逮捕された。否定しているにもかかわらず自白を強要され、偽りの調書を作成され、裁判で真犯人とされた。3年の懲役刑を終えて出所したところで、真犯人が判明。無罪をあらためて宣告する再審が開かれ、検察側はあらためて裁判所に無罪を求刑したのである。そのとき柳原さんは、当時の取調官の証人尋問を要求したのだが拒否されている。 
 冤罪で17年も服役した足利事件の菅家さんの場合は、釈放後の裁判所に元検事が登場したが、その検事はどんな人だったかは、私が接した報道の限りでは皆目わからなかった。菅家さんの謝罪要求を拒否したということだけが報道された。これらの人たちの取り調べの状況をみると、取調官に犯罪に近い言動があることが分かる。密室での脅迫や暴行、文書の偽造に近いことが行われている。なぜ検察や警察あるいは裁判所は、組織だけが前面に出てきて、当の関係者を登場させようとしないのか。人間には誰にも間違いはあるし、状況次第では理解可能な判断の誤りや心情の偏りもあるだろう。そのことを個人として明らかにしたり、主張すべきこともあってしかるべきである。それこそが公正とか正義という観念を集団が共有することのできるプロセスである。またマスコミも、被疑者や容疑者の顔や言動ばかりを報道するのではなく、他人を罪人として疑ったり、糾弾したり、密室に拘束したりできる人も、どんな顔をしていて、その言動はどんなものかを、多くの人たちに知らせるべきである。他人の運命を左右できる人の顔が分からないことほど、集団にとって不公正な人間関係はない。
 最近のマスコミは、検察と小沢一郎の権力闘争とやらで騒がしい。私などは地検特捜部という組織と政党の幹事長ということではなく、人間対人間の闘いの場面もしっかりと公開、報道されるべきだと感じる。少なくとも組織のリーダーや責任者は組織を背負っていても、個人として顔を見せ、全身の言葉でその見解を語るべきである。その点からすれば、記者会見に報道のカメラの同席を許さなかった今回の検察の態度は、組織を盾にした相も変わらぬ官僚的人間の狡猾さの印象を免れない。
 元特捜部長とか元検事とかが、テレビ画面で闘いの本質やその推移を解説や推測してくれるのも勉強にはなるが、私はまず、顔のある当事者双方の姿を現在形で目の当たりにし、その言葉に耳を傾けてみたい。顔と現在形の言葉に生で接触できるということは、コンピューター社会で劣化しつつある、人間への理解力や判断力を、維持発達させることのできる唯一の社会的手段だと思うからである。演劇という文化制度も、そのことのために2千数百年にわたって、人類に必要とされてきたのである。

一覧へ

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010