新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

July,28,2015

7月28日 この世の花

 深夜の土砂降りも、明け方に止む。わずかに水を残した木々の葉が、太陽に映えて初々しい朝。リサが食堂のベランダに一人、脚と腕を組んで椅子に寄りかかり、眼前に広がる山並みを眺めている。テーブルにはコーヒーカップが一つ、このポーズ、朝食は済ませたらしい。
 カントクが寝ぼけ眼で登場。稽古かコンピューターに付き合い過ぎたのか、顔がハレボッタイ。リサの横に立ち、マズ欠伸をする。リサはカントク特有のコノ自己主張、少しイヤミだが、このオジサンハ、カワイイと感じる。オレハ、オソクマデ、イッショウケンメイニ、シゴトヲシテイルンダゾ、ミンナノタメニ。ソレデ、コンナニ眠い。ソウカ、ソウカ、ゴクロウサン! リサは余裕のある顔で、カントクの身体から滲み出るフンイキを受感。感じて受けたのではなく、ウケテ、カンジル。
 自分でコーヒーを入れてリサの隣に座るカントク。すかさずリサの第一声。昨日の稽古で歌われていた島倉千代子の歌謡曲ですけどね。からたち日記? もう一つの方。「この世の花」かい。ソウ、あれですけどね、思う人には嫁がれず、思わぬ人の言うまま気まま、と歌うじゃないですか。ああいうのはナンテ言うんですかね? 片恋だろう。勝手な片思いじゃないんですか。同じだろうそれは。チョット違うんじゃないかと思うんですけど。もう、思わぬ人の言うまま気ままになっているんですよ。それでも恋なんですか。リサ特有のこだわりのリクツ。カントクは黙ってツブヤク。いつまで経っても、直らない性格だな。
 恋は精神的なもので、思いはもう少し現実的な御利益に結び付いていませんか。ネエ、カントク! 樋口一葉が言ってるんですよ。切なる恋の心は尊き神のごとし、って。リサの雑学、どこで覚えてきたものか、ミノホドシラズのことを言う。
 カントクにはリサのこの見栄の張り方がホホエマシイ。ワタシ、こういう大袈裟なの好きなんです。ナントナク、その気にさせられるじゃないですか。女優もこんな気分でヤラナイトネ。カントクのような男には分からないだろうけど。カントクは、北村透谷かな。恋愛を有せざるものは春来ぬ間の樹立ちのごとく、なんとなく物寂しき位置に立つものなり。
 カントクは苦笑、コレデ、ゲンキニナレルノナラ、イイダロウ。稽古場ガ、ホガラカニナル。ヤクシャナンテ、モトモト、ネモハモナイ、衝動ト、幻想デ、ナリタッテイル。
 最近の政治には恋心を満たすものがないですね。御利益第一の思いばかりが横行しちゃって。カントクはどう思います? ウン、ソウダネ、アンマリ興味が湧かないけど。ソレハ、ダメデスヨ、自分でいつも言うじゃないですか。流行歌はクダラナクミエルだろうけど、政治に対する大衆の気持ちの評言だと思えば、ツキアエル。
 ワタシ、思うんです。「この世の花」の歌詞が私の気持ちに、ピッタリダッテ。思う人には嫁がれず、思わぬ人の言うまま気まま。政治家にはいつも裏切られちゃう。
 一番のうしろの歌詞はシッテルカイ。カントクは言う。涙にぬれて蕾のままに、散るは乙女の初恋の花、ダヨ。ソウデスネ、ワタシ、オトメナンダ。リサはホガラカ。ソウ、ソウ、稽古場でもキミはいつでもオトメのようだよ。ウイウイシクッテ。マダ、ソウミエマスカ。リサにはどんな皮肉も通じない。あくまでもホガラカである。ソシテ、トンデモナイコトヲイウ。
 日本の政治にはガンバッテモライタイナ、世の乙女たちのために。花はヤッパリ咲かせたいですから、カントク!! 

一覧へ

July,22,2015

7月22日 花火芝居

  爆撃で火の海になった世界に、一人の男が孤独に佇むような光景は出せますかね? ソンナコトハ、カンタン、後ろに池がある。私はさらに聞く。うつつない男の寂しい妄想はどうですか? ソレハ、線香花火でなんとかなるでしょう。武藤輝彦さんは意欲満々、楽しそうに言う。すでに思いついたことがあるらしい。野外劇場での公演が終わり、酒宴の席での会話である。
 照明器具の製造で知られる丸茂電機の社長、丸茂尚治さんが利賀村の野外劇場に、武藤輝彦さんを伴って観劇に来たのは1990年の夏。丸茂さんは私の舞台照明に興味を持ったらしく、利賀の私の舞台を社員と共にたびたび観に来た。丸茂電機が開発した通称HMIと呼んでいる照明器具、私はこのHMIを大量に使用して、野外劇場の正面にある山を浮かび上がらせるのが常だったから、自社が開発した製品の性能を点検に来ていたのかもしれない。
 このHMI、稲妻の発生と同じような仕掛けで、青白い強烈な光を発する。劇団の照明係の器具の取り扱い方に問題があるのか、時として点灯しないこともあったりした。終演後に丸茂さんは、劇団の照明係とよく話し込んでいた。
 その丸茂さんが武藤さんを紹介した。江戸時代から続く花火師の家に育った私の友人。旧制の東京大学の美学科を卒業して、演劇にも大変な興味を持ってきた。スズキサンの舞台だったら、ナントカ、彼の夢が実現するかもしれないと思って。演劇と花火のメズラシイ出会いの舞台は考えられませんか。
 花火入りの舞台、これは日本の劇場では、ナカナカ、デキナイコト。池に取り囲まれた、利賀の野外劇場では成立するかもしれない。来年はSCOTが利賀へ活動拠点を移し、「利賀フェスティバル」を開催して10年目、ヒトツ、記念公演としてヤッテミルカ。私は決心した。それで私は武藤さんに、冒頭に記したような質問をしたのである。「世界の果てからこんにちは」の舞台ができあがる発端の会話であった。
 二人とも私の父親に近い年齢、この演劇への変わらぬ情熱には感心させられた。後年武藤さんは私に言った。グランド・キャニオンで花火を打ち上げ、それを上から眺める芝居はできませんか。私も好奇心は強いほうだが、ソコマデハ、である。
 私が演劇活動を持続し、演出の主題にしてきたことに、日本人と呼ばれる人間集団の特質は何か、を問題提起するということがある。こんなことに、シカルベキ答えがあるわけではないが、アクマデモ、観客と共に考える材料を舞台化してみるということである。
 当時の私は当然のように、ソレニハ、集団としてメッタニデキナイ経験、外国との負け戦をした日本人、その前後の精神状態を、レントゲンやCTスキャンで医者が身体内部を覗き、病状を観察・想像するように舞台を構成すればよいと思っていた。日本人の戦争にまつわる様々な言動を素材にして、その言動にいろいろな角度から光を当てれば、背後に隠されているバランスを失した日本人の心情が浮きだしてくる。それは「世界は病院である」とする私のテーゼにも、ピッタリと合致した舞台になると考えていたのである。むろんこの思いは、第二次世界大戦直後の混乱した日本社会の中を生きた、世代的人間の記憶の特殊性からくるものかもしれない。
 コラージュというフランス語がある。貼り付けるという意味だが、シュールレアリスム絵画の技法の呼称として一般化した。油絵やデッサンの上に多様な物体、印刷物や写真などの断片を貼り付けて画面を構成する。全く異質な物体が区切られた平面上に共存する。そして今まで見馴れていたものなのに、それが非日常的な新しい刺激物として感受され、改めて惰性的な日常への視点を活性化する。
 「世界の果てからこんにちは」は、このコラージュの手法に近い舞台として構成した。日常では決して同在することのない言動や視聴覚的な素材が、花火と共に論理的な整合性を持たないで間断なく舞台上に展開する。しかし、飛躍する場面の連続のように見えるが、すべては戦争を通して、日本と日本人という観念が、人間をどう動かしてきたか、いろいろな角度からあぶり出され、躍り出てくるような一貫した舞台になっていると思う。
 今夏の「SCOTサマー・シーズン」では、もっとも人気が高く、多くの観客が観る作品になったが、これも利賀村でしか接することのできない舞台だからであろう。
 今は亡き武藤さんと丸茂さんには、改めて感謝の気持ちを伝えたい。

一覧へ

July,20,2015

7月20日 挑戦

 アメリカのTheatre Communications Group(全米演劇人協議会)出版部から、私の演劇論とインタビューを翻訳した本「Culture is the Body」が届く。イギリスのピーター・ブルック、アメリカのリチャード・フォアマンに続いて出版された。装丁も造りも似たもの。しかし、私の本の表紙はこの二人と違って、私自身の大きな顔写真。劇団員は、コレハ、イイ、と褒めてくれるのだが、私にはマジメデ、シンコクに見え過ぎて少し恥ずかしい。
 最近の私の心境からすれば、これは一時代前の、ゲイジュツカブッタ、インテリの顔のように思え、長く正視できないところがある。アメリカの出版社の判断によるが、私にはこの写真の撮影者が思い出せない。ずいぶん前にロシアのタガンカ劇場で演出した際、初日のパーティの席で、写真家の誰かに手渡されたものだと思うのだが、ソレモ、不確かな記憶である。
 インターネット時代、ダレニ、イツ、撮られたものか分からない写真が、突然ネット上に出現する。この写真もいつの間にか載っていた。私の手元にない写真に出会うたびに、誰が載せたものか調べてみようかと思うこともあるが、そんなエネルギーの使い方も、ムダデ、オロカのような気がして、ソノママ。
 この出版社からは1986年にも、私の演劇論と構成台本を収録した本が出版されている。「The Way of Acting」である。それ以来、二冊目の本をと催促されていたものが、ようやく実現。一冊目の本は、既に日本語で公表された文章の翻訳だったが、今度は違う。出版社の要請に応じ、書いてすぐ英文にしたものである。だから、いくつかの文章は日本語では読むことができない。
 長年にわたって私の演出助手を担当してくれたカメロン・スティールと二人で、暇を見つけては英文作成の作業をした。評判が良いようだが、むろん英文の素晴らしさは、カメロンの知的な能力によっている。私はカメロンの英文に、時として勝手な意見を差し挟んだだけ。
 今度の本を読み返して、私の発言は十年一日の如くだな、と改めて思う。ただ、時代環境は一冊目が出版された頃よりは激変している。いわゆる世界のグローバリゼーション化ということだが、その影響は随所に出ている。以前より演劇の時代的、社会的な役割についての言及が多い。その点では、外国の演劇人を意識した発言になっているかもしれない。
 10年ほど前に、イギリスのケンブリッジ大学出版部から私の本が出版された。これは私の文章の翻訳ではなく、私の作品と活動について、二人の学者が論じたものである。もちろん英文である。日本の出版社から日本語に翻訳して刊行したらと言われたのだが、私は賛成しなかった。私の発言や私自身の活動を、改めて日本語に翻訳するとしたら、私が翻訳者になるのではないかと、ナンダカ不思議で、ハズカシカッタのである。
 今回の本についても、日本語にはしないのか、と聞かれることがある。著者や翻訳者が精魂込めて英語の文章を書いてくれたのだから、英文のまま読んで戴いた方がよい、という思いは変わらない。私自身もこれらの英文を、一読してすぐに理解する能力はないが、それは当然だし、仕方のないことだと感じている。
 今夏のSCOTサマー・シーズンでは、この本の内容を軸に、世界各国から集まる演出家や大学教授たちと、演劇の現代社会での役割や、私の俳優訓練法を教える時の問題点などを議論することになっている。どんな読後の感想が聞けるのか、私の考えにどんな質問がなされるのか、参集者同士でどんな議論が展開されるのか、楽しみである。
 私の本当の気持ちとしては、まず日本の演劇人たちと、私の演劇への考え方について議論をしてみたいのだが、私の日本での立ち位置が、それを可能にするとも思えないので、残念だが諦めざるをえない。
 明日にはアメリカとドイツから、私の演出作品に出演する俳優が到着する。すでに、中国、韓国、イタリアの俳優は来村している。これで全員が揃うから、6作品全部の稽古が一斉に始まる。体力と気力、これがドコマデ持続できるか、イヨイヨ挑戦である。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010