新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

June,28,2013

6月28日 大山房開場

 観客席から舞台に向かって立ち並ぶ鉄柱、その柱から壁に向かって立ち上がる鉄板の袖壁、頭上には舞台に向かって並列している鉄骨の照明用ブリッジ、黒い鉄骨によって形成された空間の構造が、単純明快に浮き上がっている。シンプルだが深さを感じる空間である。
 利賀村の中村地区にある体育館を改修した劇場、大山房が誕生した。この劇場の完成により、利賀村は四つの室内劇場、二つの野外劇場、合計六つの劇場を持つことになった。この劇場は国際的な演劇拠点としての利賀村を、更に活性化するように迫っている。確かに、全力を挙げてそれに応える以外に道はない、と思わせられるだけの迫力がある。私が生きた山奥での不思議な出来事、その最終局面の訪れのようにも思える。
 この体育館は昭和60年<1985年>に竣工した。バレーボールのコートが2面もとれる大空間で、入り口に向かった奥の方には、小さな舞台が設えられていた。稽古の終了後に、村の人たちとバドミントンや卓球をしただけではなく、建設業協会が村民の娯楽のために招聘した、流行歌手こまどり姉妹の歌を聞きに行ったこともある。そればかりではなく、冬のそば祭りの時には、殆どの村人が集まり、茣蓙を敷いて食べたり吞んだり、大宴会の会場になったりもした。まさしく多目的空間として機能し、活躍していたものである。
 利賀村の当時の人口は、現在の2倍近い1200人、広い利賀村ではなかなか出会うことのない人たちとも話しあえる、私にとっての唯一の社交の場であった。それが市町村合併で南砺市になった頃から、体育館に明かりが灯ることも少なく、巨大な建物は幽霊屋敷のような風情になっていった。勿体ないことを、このまま廃墟になるのか、私はそう思っていたのだが、利賀村出身の南砺市長の決断で見事に変身した。6万人にも満たない人口の南砺市が、これだけのことをするのは、財政的には苦労もあったであろうと推察するのだが、しかしこの空間の見事さと、改修に必要とした経費の額を知ると、日本の各地域の至るところに存在する、遊休公共施設の卓抜な転用例だと、日本全国の注目を集めるモデルケースになると思わせられるところがある。
 この大山房の杮落としは8月下旬、現代音楽と仏教音楽の声明によるパフォーマンス、今年のSCOT Summer Seasonの幕開けでもある。SCOTの創立者のひとりであり、日本・中国・韓国の演劇人によって創設されたBeSeTo演劇祭や、シアター・オリンピックスの事務局長として活躍し、この利賀村を世界演劇の聖地にまで変貌させた、斉藤郁子の追悼公演も兼ねている。
 今年からSCOT Summer Seasonは、新しい装いの下に出発する。この利賀村での活動を、単なる文化活動の一環とするのではなく、日本の山村の自然環境と施設群の素晴らしさ、国際的な幅広い人脈によって形成されてきた実績、これらを梃にして、この利賀村の活動を未来にむかって、確実に存続発展させる社会活動としての側面を強く押し出していこうとするものである。日本が世界に貢献できる財産の一つにしたい、そんな気持ちである。
 そのために、すべての公演に入場料金を設定しなかった。好きなものを好きなだけ自由に観てもらうのである。またそれだけではなく、ここで行われている活動は、興味を抱いた人がいつでも接することが出来るし、参加することも出来る運営システムにすることも目論んでいる。この村に定住したり、セカンドハウスを所有する人たちを呼びよせたいとも思っている。それを民族国境の区別を乗り越えた形で実現すること、世界中の人たちの協力の下に、日本に在って日本ではないような、国際化した文化地域になることを目指すつもりである。これから徐々に、その全貌は明らかになっていくと思うが、この新しい計画に賛同し応援してくださる方が一人でも多いことを願っている。

一覧へ

June,20,2013

6月20日 台所での会話

 賞味期限という言葉がある。どういう基準で決めたものか、冷蔵庫を覗いていた若い女優が、これも期限切れだ、これもだ、を連発している。すぐにでも廃棄しないと、という勢い。そんなものは熱を通せば良いのよ、勿体ないことしないで、消費期限ではないんだから、年輩の女優が言う。私も日本の貧しい頃に育ったから、食べ物を捨てることに抵抗のある人間だが、化学製品が多用されている輸入食品も多い。品物によっては用心深くしたほうが良いだろうとは思う。しかし、そのあたりの区別はなかなか難しい。腐食している訳ではないが、期限の日時が印刷されていると、やはり捨てる方に心が傾くから不思議である。一種の暗示にかかる。  
 聞くところによれば、賞味期限とは食べることのできないということではなく、品質が保てない、美味しく食べられないということらしい。食べてはいけないのが、消費期限だそうである。そういえば、あの女優もそろそろ賞味期限ですよ、と私に忠告してくれたオセッカイな男もいた。これも女優はできないということではなく、見る方の感じ方による。要するに、演技の鮮度や質の問題を指している。女優をヤメサセロ、消費期限がきた、ということではないようである。
 しかし、新しく生み出された製品などは、どうやってその期限を決めるのか。賞味や消費のそれを予測するのは難しいのではないか、素人の私は思う。いやいや、専門家にとっては成分や類似品のデータはあるし、経験上からも正確に予測はできますよ、と言われればそれまでだが、政治の世界でもそういう区別をしてもらうと、国民は助かるのではないか、そんなことにまで想像が飛躍する。
 最近の日本の政治家は登場した時は新鮮、エネルギーがあって、いつまでも美味しいのではないかと思わせられるけれど、彼らにも賞味期限や消費期限を表示しておいて欲しいね、と私は言った。すると若い女優がアッサリと応える。あの人たちは、モトモト食べられないものだから。政治への無関心もここまできたか、私はこれ以上、この話題には立ち入らないことにする。なにしろ台所での会話である。
 「ほたるがよる光るのは、野鳥によく見えて食べられるため。立派な人がこの世に生きるのも、中傷や陰口の餌食となるため」。チェーホフの戯曲「イワーノフ」に出てくる台詞である。立派な人かどうかは知らないが、近ごろの若い政治家は、登場の瞬間は実によく光る。古い政治家を賞味期限ではなく、消費期限切れの廃棄処分にする勢いがある。特に彼らの嘴は相当な明るさで光り輝く。そのせいか野鳥の群がりも激しく、すぐ餌食となるようである。マスコミという野鳥も相当な害鳥だが、わざわざその餌食となるような光り方をする不用心さにも呆れる。
 日本の田舎には、蛍がいなくなってきたという。気候の変動や田畑の減少、それに農薬の多用のためもあるらしい。確かに利賀村へ来た初期の頃は、至る所で蛍を見かけたが、近ごろは見かける機会も少なくなった。夜空に輝く星の美しさと蛍の光は、冬の雪と対照的な夏の利賀の素晴らしさである。蛍が完全にいなくなったら、寂しい限りである。いつまでも生きていて欲しいと思う。

一覧へ

June,09,2013

6月9日 野生の力

 「首を胴より切り離して、ふたたび杖を鳴らし髪を振りみだす不埒な所業のできぬようにしてやるぞ」エウリピデスの「バッコスの信女」に登場するテーバイの王、ペンテウスの言葉である。なかなか激しいが、相手は女性たちに崇められる宗教の教祖=神ディオニュソス。この言葉の裏には、自分の支配する領土を他人に侵犯されている、と感じた人間の憎しみがある。
 ディオニュソスの教えを信仰するテーバイの女たちが、家を出て山に集まり、酒を吞んで乱痴気騒ぎをしているという情報がペンテウスに入る。その光景を覗いて見たいと、ペンテウスは現場に行き、信者の一人である母親に殺される。母親アガウエは血のしたたる生首をもって、テーバイの街に戻って来る。そして、誇らしげに語るのである。「わたしらはこの獅子(ペンテウス)を素手で捕えて、手足をば、ばらばらに引裂いたのですよ」これは普通の殺し方ではない。
 エウリピデスはペンテウスが殺害される現場を、目撃者の報告として克明に描いているが、その状況は殆ど野生動物のそれである。ライオンの家族が狙い定めた獲物を群れから引き離し、包囲して襲いかかる状況を彷彿とさせる。若く力のある武将が、そうあっさりと殺されてしまうものかと、納得できないところもあるが、そこはフィクション、劇的な事件の本質を象徴的に浮き上がらせようとする作劇上の手立て、日常身近な生活感覚に引き寄せて考えても仕方がない。
 リアルに考えるとしたら、集中すると女性には馬鹿力が噴出するらしい、彼女たちにはまだ、文明の毒におかされない無意識という自然、稲妻や津波のような野生の力があって、それが身体に乗り移り、攻撃衝動を全開させたとでもしておくのが良いのではなかろうか。原始女性は太陽であったとか、東北の大震災は天罰だ、などという人までいるのだから。
 私は身近に、そんな激しく強そうな女性は見たことはないが、一瞬の殺しの場面を強烈に燃焼して生きるのではなく、手の込んだ手口でジワジワと人を殺す、情けなくもおぞましい殺人事件はよく報道されている。尼崎や福岡の連続殺人事件は、その殺し方を知ると、逆に衰弱した人間の攻撃性の袋小路を晒していて、惨めな感じのものである。しかし、不思議に思うこともある。殺された人のなかには、激しく反撃したり闘った人はいないのであろうかと。
 最近の日本の殺人事件では、殺される方があまりにもおとなしいのに驚く。暴力はいけない、感情的になるな、などという言葉に騙されて、日本人は強制された状況に素直で、他人の憎しみや悪意の行動に、身体的に反撃できない人間になってしまったのかと少し心配になる。
 しばらく前のブログで、病気で死んだ貂のことを書いた。その後すぐ、小さな貂がまた我が家の檻に入った。下顎は食いちぎられ、歯は剥き出しになり、片目は潰れている。自然界の生存競争に敗れた姿である。餌を食べるのも不自由なほどだったが、薬を与えたりしているうちに元気になったので山に帰した。
 しかし、四日後にはまた戻って来て、檻の中にいるではないか。片目は開いているし、食いちぎられた部分の肉も盛り上がって元気そうに見える。それなのになぜまた戻って来たのか、ひょっとすると私が既に飼っている貂が、家族かもしれないと思い、見比べてみると顔が実に良く似ている。そこで同じ檻に入れてみた。もし諍いを始めたら、すぐ引き離せばと軽く考えたのである。
 五日ほどはお互いに寄り添ったり、寝そべったりして仲良くしているように見えた。推測したとおり、家族かもしれない、これは微笑ましいことをしたと安心し、たえず観察しなかったのが愚かであった。お互いに遠く離れた檻の片隅で、寝ていることもあったのである。
 六日目の朝、餌を与えようと近づいてビックリ。後から檻に入れた貂は、首と前足がしっかりと胴より切り離され、散乱する毛の中に無惨に横たわっている。そして勝者の貂は、その傍らで前足を立て、腰を据えて私をじっと見上げ、身じろぎもしないで座っている。殺した貂の肉を食った形跡もないのである。
 何がきっかけでこんな激しい殺し方になったのか。動物の行動を比較研究する学問の創設者でありノーベル賞受賞者、ローレンツの言葉を思い出した。野外では<類は類をもって集まらない>という原理が、血を見ないやり方で実現されている。海中では敗者は勝者のなわばりから逃れ、勝者もそれを深追いしない。しかし水槽の中では逃げ場がないから、勝者は敗者をてっとり早く殺す。そうでないまでも、勝者は自分のなわばりとして容器全体を要求し、相手を絶えず責めさいなむので敗者の生長が遅れ、勝者はさらに優勢になり、ついには悲劇的結末がやってくる、というのである。これは閉鎖的な環境での領土問題であったらしい。
 憎しみによって解発された攻撃本能の凄まじさは、ただ相手を殺すだけではすまない。逃げ場を失った相手の、五体まで引き裂かなければ気がすまない所までいく。この凄まじい殺意の出所と正体を、エウリピデスも「バッコスの信女」で書いている。古代ギリシャ人が、自分たちの内にある野生の力=生得的な攻撃本能を深く自覚しながらも、いかに人間として生きていくかを考えた成果が、ギリシャ悲劇の見事なところだと改めて思う。

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010