新・帰ってきた日本

SCOT ブログ

December,30,2010

12月30日 アリガトウ

 26日に吉祥寺シアターでの昼の公演を了え、羽田空港から最終便で利賀村に帰る。羽田では富山空港は雪のため視界不良、飛行機は引き返す可能性あり、終電に間に合わない人にもホテル代は支払わないとか脅かされる。富山空港に無事着陸した時のホッとした気持ちは久しぶりである。27日の夜は百瀬川に面した食堂ボルカノで、ライトアップした雪山を見ながらの忘年会をした。劇団の今年の公式行事はこれで終わり、28日には殆どの劇団員がそれぞれに自分の実家などへ帰っていった。私も我が家の年越しの準備にとりかかる。
 昨日も今日も雪が降り続き、除雪車とずっと一緒である。年をとったせいか、さすがに腰が疲れる。と言うより、長靴を重く感じるようになってきた。今年の初めは除雪車を池に落としたことがあったが、今回は自分が落ちてしまった。下半身ずっぽり。池から這い上がり家のなかに飛び込んで足袋やズボンを脱ごうとするのだが、なかなか脱げない。水に濡れてピッタリと体にくっつき重くなっている。這い上がることが出来る場所だったからよいが、しばらく泳がなければならないとしたら、この衣類の重さと水温の冷たさで、どれぐらいの時間を泳いでいられるかなどと考えた。
 私が落ちた池は今年の秋に新しく造ったものである。池の周縁は石組みになっていて、水に対して多少の凹凸のある所がある。石が直線に配列されているとウッカリ思い込んで、水辺すれすれに歩いたのが間違いのもとだった。それに雪、ことに湿った雪はくっつきあって、石の縁より張り出している。そのことを失念したことも油断である。雪国での修行がまだ足りないと、ひとしきり反省をした。天気予報によると、大晦日から元旦にかけて、日本海側は大雪だそうである。今年は雪に始まり雪に終わる年であった。
 来年は年が明けるとすぐ、台北と北京での仕事に入る。この利賀村に戻って来るのは、2月の末になる。おそらく我が家は雪にスッポリと覆われていることだろう。雪との闘いはそれからまた再開されることになるが、今までそれだけの長期間を留守にすることもなかったので、どんなことが起こっているか楽しみなところもある。
 演劇活動は集団で一定の場所を長期間にわたり占拠して行われる。そして活動の過程で、たえず多くの人たちに接触する。観客だけではなく、あらゆる職業の人たちに作品を創るために手助けを求める。その点は他の個人芸術家、小説家や画家や音楽家の仕事とはまったく異なった性格をもったものである。
 今年もいくつかの新作を創り、この利賀村だけではなく、国内外のいくつかの場所での公演を成功のうちに終えることができた。協力、助力をいただいた多くの皆さんに感謝の言葉を記して、今年のブログの最後としたい。アリガトウ。

一覧へ

December,24,2010

12月24日 ライフショック

 池の中に鯉を入れておいたから、適当に捕まえてタンパク源にでもしてください。劇団員の食事の貧しさを知った村長の配慮には恐縮したが、しかしこのお蔭で、稽古の合間の暇つぶしができただけではなく、魚釣りの楽しみも味わうこともできた。
 吉祥寺シアターでのSCOT公演「リア王」と「ディオニュソス」の仕込み替えの合間に井の頭公園に行く。池の中に太った鯉がたくさん泳いでいる。実に大きい。これを釣り上げるのは大変だとしばらく見とれているうちに、30年前に利賀村の村長に言われた言葉が浮かび、この鯉だったら何匹を捕まえれば劇団員にいきわたるか、などと考え出してしまった。横の方を見ると、池の魚は釣ってはいけませんと書いてあって笑えた。井の頭公園はのどかで動物園まである。今年は貂や白鼻芯や狸やらに池の魚を捕られたり、わが家に棲み込ませないための戦いの連続だったから、檻の中で動物が飼われ、愛されている光景を見ると不思議な感じがしてこれも笑えた。また、ベンチが至る所に置かれている。利賀の芸術公園では、冬になる前にベンチは片付けなければならない。雪の重みで潰されないためである。
 久しぶりに武蔵野市に滞在し、カルチャーショックならぬライフショックであった。街は人口13万人の市とは思えないほどの活気がある。大学が多いせいか、街路は若者で溢れている。夜遅くまでもさまざまな飲食店の明かりが暖かく、流入する人口が多いことを思わせられる。朝8時まで営業しているウドン屋があったりして驚く。吉祥寺シアターは小さいながらよく考えられた劇場で、デザインもすばらしい。劇場周辺の環境も夜行型の演劇人には向いている。東京公演を滅多にしなかったのは、私の作品にあう劇場が見つからなかったからだが、来年も同じ時期に公演させてもらうことにした。一年に一度とはいえ、私の舞台を待っていてくれる観客に出会えることは嬉しい。
 利賀と吉祥寺、このコントラストは刺激的で楽しいが、ただ利賀という地域の衰退をフッと思い出すこともあって寂しい時もある。利賀村では昼間に、顔見知りでない若者に会うことはあまりない。中国からの労働者たちが賑やかに喋りながら歩く姿を、一時期はよく見かけたことがある。しかしバブル崩壊後の公共事業の減少で静かになった今や、それも遠いなつかしい村の光景である。夜は小動物の活躍時間、真の闇である。
 利賀村は現在、近隣の7町村と合併し南砺市の一部で、人口は6万人弱。しかし南砺市は過疎地の指定を受けている。かつては4000人以上が住んでいたこともある利賀村地域は、現在では700人ほどの人しか住んでいない。
 明日は「ディオニュソス」の公演後、武蔵野市の邑上市長、南砺市の田中市長との座談がある。政治的にも経済的にも衰退しつつある日本、デジタル文化の到来で国民意識が変化しつつある日本、対照的な両市の首長には、それぞれに政治家としての異なった苦労があるだろう。小さな自治体の夢と希望、それを手にする戦略、それは何かを聞きたいと思っている。

一覧へ

December,19,2010

12月19日 有度サロン

 2008年の春から発足した有度サロンが終了した。有度とは静岡県舞台芸術センターの専用施設のある山の名前である。2007年に静岡県舞台芸術センターの芸術総監督を退任し顧問に就任するにあたって、この有度山の優れた施設を、演劇活動以外のことで有効に活用する手立てはないかと考え、当時の石川嘉延知事に提案し了解をえて実現したものである。舞台芸術センターの事業に直接にはかかわらないが、後任の宮城聰への側面支援ができるのではないかという心づもりもあった。
 このサロンは、政治家、経済人、芸術家、学者、行政官などの人たちが、日本の現状を幅広く認識するために集まり、一定の主題のもとに対話や討論をする会員制の会である。発起人には磯崎新、坂部恵、柄谷行人、五十嵐武士の諸氏に名を連ねてもらった。最終回は発起人の一人、柄谷行人の会員向けのレクチャーとゲストの政治学者山口二郎との公開の対談で締めくくった。 同じ業界の人ではなく、いろいろなジャンルの人たちが自発的に集まり勉強し、時には激しく議論をする珍しい会であった。哲学者で東大名誉教授だった坂部恵は故人になったし、東大法学部教授の五十嵐武士は大学を変わっている。本当に今や3年一昔である。こんな会を自由に開催させてもらった静岡県には感謝である。
 このサロンが活動していた期間の世の中の変わり方は激しい。何と言っても政権交代という政治面での変化は大きいが、身近な感覚で言えば、政権政党になった民主党に見るまでもなく、あらゆる組織あるいは集団のタガが弛みだしたという印象は拭いがたい。何かはっきりした目的を共有して、人々が知的に結束するのが難しい状況になってきたとつくづくと感じる。
 私の関わる演劇の世界でもこの事柄は顕著である。なぜ人々が結束し、集団を作るのかが自覚的かつ知的ではなくなっている。しばらく前までの演劇は、日本社会を変革したいとか、人々に世界への新たな視野をもってもらいたいとかの情熱によって結束し、観客にその思いを伝えることを願った人たちによって成り立っていたと思う。そのために、知的な関心事を共有することを当然のこととしていたし、そのことによって、時の政治権力とも激しく衝突し、犯罪者としての扱いをうけることもあった。むろんこれは、演劇だけのことではなく、上記のような思いと、それゆえの精神的な矜持をもった人たちには、少なからず訪れた運命でもある。現存する私の外国の友人にも、実際にそのような人生を生きた人がいる。今の日本は、一見すると民主的で平和な国家の様相を呈しているが、それはむしろ集団のタガが弛んだだけではなく、個人の感受性のタガも共に弛んだことの証左ではないかと思えるぐらいである。ぬるま湯の危機、始めはナントナクノドカだが、そのまま浸かっていたらいずれは風邪を引くか、凍死すら起こしかねない。
 今年は大逆事件と日韓併合の100年目にあたる。これらに関する著作に触れると、あらためて目先の事柄だけに巻き込まれていてはいけないという思いを強くするが、有度サロンの存在も同じであった。演劇活動の中に、歴史という思い出を上手に生かす方法を模索していた時期だったので、このサロンから与えられた刺激は大きく、ありがたいものだった。 

一覧へ

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010